ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ヴァンパイア ハンター(SS)


◆1996年度作品 ◆発売元 カプコン
◆ハード セガサターン ◆ジャンル 対戦格闘

 闇にうごめく魔物たちが雌雄を決する対戦格闘ゲーム。

vampire-hunter01.gif

 ストリートファイターIIの大ヒットにより
対戦格闘ゲームがブームとして認知されていた90年代。
吸血鬼やサキュバス、狼男に雪男、半漁人などなど
登場するキャラクターを伝説で語り継がれてきた魔物にして
制作された対戦格闘ゲームシリーズの中の一品であります。

ゲームセンターで稼動していた業務用を移植した
アーケードモードと
人間同士の2人対戦を楽しめる
VSモードの2つのゲームモードを搭載。
6つのボタンに 弱、中、強のパンチとキックを割り当て
コマンド入力により必殺技を出せる、と言った具合に
ストII譲りの基本的なシステムを踏襲した対戦格闘ゲームになっております。

 本作に登場するキャラクターは14人。
洋風を意識したキャラクターデザインが目を引きます。

vampire-hunter02.gif

人間のキャラクターの対戦格闘ゲームでも
ゲームらしさ溢れる現実離れした動き、技で楽しませてくれましたが
本作は人間ではなく魔界のモンスターが主役。
攻撃を喰らった時のコミカルな動きや
見た目にも派手&個性的な技の数々は人間の比ではなく
「 よく動くなぁ〜 」と、感心させられます。

まず、キャラクターを動かして楽しいってのは良いことですよね〜。

vampire-hunter03.gif

↑ 管理人のお気に入り、化け猫の「 フェリシア 」。(左側)
きわどい露出度でも注目のネコ耳キャラであります。
ヴァンパイアシリーズでの人気はモリガンの方が上なんでしょうけど
ネコ好きならフェリシアで決まりですぞ。

 必殺技も含めてアクションは多彩で、操作性は良好。
初心者に優しいオートガードシステム(ON、OFFを選択可)を採用し
格闘ゲームに不慣れなプレイヤーへの配慮があるのも見逃せません。

ダッシュ移動、ダウンした相手に追い討ち攻撃といった
他の格闘ゲームでも見られる基本的ともいえる技はもちろん
弱、中、強の順番にタイミングよくボタンを押せばつながるチェーンコンボ。
攻撃やガードでスペシャルストックゲージを溜めると出せる
通常の必殺技の強化版 ES技や、強力なEX必殺技。
ガード中に必殺技のコマンドを入力して反撃するガードキャンセル。

 これらの技が用意されているので玄人も納得?!
当然のように、技を使いたければ要練習ですけど
本作の必殺技は複雑なコマンドがないので
素人でも入りやすい敷居の低さと遊びやすさも兼ね備えております。

vampire-hunter04.gif

↑ やっぱり必殺技が決まると気分が良いですな〜。

 さて、キャラクターは少々クセがあるものの多彩で
技も変化に富んでいて多彩なヴァンパイア ハンター。
魔物が主人公だけどコミカルさも手伝って
怖いとか暗いイメージをあまりプレイヤーに感じさせません。
CD−ROMのデータ読み込み時間もさほど長くなく
待ち時間は許容範囲内だし
対戦格闘ゲームとしては良く出来ていると思います。

今となっては古臭さは否めませんし、ゲームモードも少ないけど
セガサターンで発売された2D対戦格闘ゲームにおいて
平均以上の実力を持ったゲームの一つに数えられるでしょう。

 ※ オマケの裏技です。
・スピードセレクトを8段階にする。
オプションのターボスピードにカーソルを合わせて
弱パンチ、弱パンチ、右、弱キック、強パンチの順に押す。
・コンフィグの機能追加。
オプションのコンフィグレーションにカーソルを合わせて
中キック、弱パンチ、下、弱キック、中パンチの順に押す。







この記事へのコメント
昔、ちょこっとだけやったことがあります。
やっぱりコミカルな動きが結構印象的でしたね〜。
懐かしい。
Posted by 二条ジョウ at 2012年09月30日 23:10
ゲームセンターで血がでるほどプレイしていた気がします(汗)

ハンターのころはガロンとサスカッチ、
セイバーからはバレッタ一択でした。

このころには完全な形でアーケードゲームが移植されていたので、個人的に色々考えてしまった時期でもありました、、、
Posted by そうてん at 2012年10月01日 13:36
二条ジョウさん、各キャラごとにイロイロな動きのパターンがあって、見てるだけでもチョッピリ楽しい気分になれたゲームでしたよ。

そうてんさん、かなりハマっておられたようですね。
バレッタは見た目のギャップも面白いので好きなキャラです。
4Mの拡張ラムカートリッジのおかげで移植度アップのSS版セイバーも良い買い物をしたなぁ、と思っております。
Posted by 管理人 at 2012年10月02日 19:05
このゲームは知りませんでしたよ
キャラクターにとても個性がありますね。
オートガードがあるので初心者にも配慮しているのですね。
若干スト2に似ていると思ったらカプコンじゃないですか!
流石カプコンですね、安定しています。
私はスト2をやりまくったのでヴァンパイアハンターにもハマってしまうかもしれませんな!
Posted by スターマン at 2012年10月06日 09:03
キャラクターそれぞれに個性があって見た目にも楽しいですよ。
そこらへんに違和感がなければ基本的な部分はストIIと共通ですし、ハマるかもしれませんよ。
安心のカプコンクオリティをキープした一品であります。
Posted by 管理人 at 2012年10月06日 19:58
ソフトメーカーがセガサターンの開発に慣れた頃のソフトですね。
僕もよく遊びました。個人的には最新の映像技術でこの作品の新作を遊んでみたいです。
Posted by セガ大好き at 2012年10月08日 13:30
やはりゲーム機が変わるとゲームソフトの開発も慣れるまでは性能を生かしきれなかったりして苦労が倍増してそうです。
最新の映像技術でリニューアルするのも面白そうですね。
Posted by 管理人 at 2012年10月08日 20:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。