ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











100万トンのバラバラ(PSP)


◆2010年度作品 ◆発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
◆ハード プレイステーションポータブル ◆ジャンル アクション

 迫り来る巨大戦艦をバラバラに切断するアクションゲーム。

100manton-no-barabara01.gif

 文明が何度か入れ替わり
木々が覆いつくした世界のお話。
古の文明の発電施設を掘り起こして作った町に
無人の戦艦が次々と来襲。
町を守るために勇敢に立ち向かう人々の中に
部隊の隊長に任命された本作の主人公「 ティトリ 」の姿があった。

こんな感じのストーリーに沿って
空を飛ぶ戦艦に乗り込みギコギコと切断して
解体していくアクションゲームです。

 古くはファミコンのディグダグII(ナムコ)や
アーケード出身でいくつかの機種に移植されたヴォルフィード(タイトー)と
根本的なゲームシステムに似通った部分があり
その昔プレイしてハマッた人なら、本作も気に入るかもしれませんね〜。

 と言うことで
今回は謎の戦艦を切断するゲームを取り上げたいと思います。

 ゲームモードは
ティトリと仲間たちの活躍を描いたストーリーを軸に
ゲームが進行するストーリーモード。
様々なクリア条件が設定されたステージに挑むチャレンジモード。
ゲームの遊び方を学べるチュートリアルモードがあります。

プレイしたいモードと難易度を選んだらゲームスタート。
戦艦に乗り込んだら制限時間内に敵の攻撃をかいくぐりつつ
切断してスクラップにしなければなりません。
戦艦を切断(破壊)する手段は3つ。
・○ボタンを押しながら移動する、通常の切断
・やる気ゲージを消費する、やる気アタックで切断
・ボムを使って爆発で切断

切断すると面積の小さい方が落下。
この時、敵を乗せたまま切断して落とすと
やる気ゲージが溜まります。
仲間を連れていると、仲間にボムを仕掛けさせることが可能。
ボムを仕掛けた仲間は脱出しますが
戦艦の牢に捕らわれている仲間を救出すると部隊に加わります。
※ 仲間は最大で3人まで。
また、艦体の一部に使われているカターイ装甲は
やる気アタックかボムでしか切断できないので使い所が肝心であります。

そして戦艦が町に到達する、ティトリが死亡する
指定されたクリア条件を満たせないとゲームオーバーですぞ。

100manton-no-barabara02.gif

画像左、チョッと独特な色使いとグラフィックで描かれている
キャラクターや背景で進行するストーリー。
画像右、とにかく、どんどん切っていこう。
でも、主人公たちは豆粒よりも小さいから分かりづらいかな〜?
また、戦艦は所々に何気にアイテムが置いてあるから
戦略と言いますか、よく考えて取るタイミングを見計らい
効率良くゲームを進めて行きたいものであります。

100manton-no-barabara03.gif

画像左、マップ画面を表示中。
戦艦の全体像の把握や、主人公の現在位置、牢のある場所の確認などが可能。
ここで進行ルートを決めたり、どこを切断するか判断したりします。
画像右、切断されて落ちていく戦艦の一部。
切り落とした大きさに比例して、トン数が大きくなり
大きければ大きいほど戦艦が一時停止する時間が長くなります。
つまり、時間稼ぎができるってことですよ。

このようにゲームを進めて行ってクリアを目指すのであります。

 さて、一通りプレイした限りでは
携帯ゲーム機の画面の大きさでは仕方のないことではありますが
主人公キャラが小さいのでチマチマした印象を受けました。
ストーリーは特にグッと来る所があるわけでもなく月並みですし・・・。

しか〜し、とぼけた感じのキャラクターや世界観は良い味を出しており
ゲームのテンポも良く、短時間でもプレイできる手軽さがあります。
遊びたい時にサッと取り出して遊べるのは携帯ゲーム機ならではですが
本作も遊びたい時にサッと手を伸ばせる部類のゲームソフトですね。

上手く敵をかわし、アイテムを取り、仲間を助け
戦艦をバラバラに切断して撃沈する。

やり込み要素はそれなりなのでボリュームもそれなりだけど
まずまず楽しめたゲームなのでありました。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。