ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











スクーン(FC)


◆1986年度作品 ◆発売元 アイレム
◆ハード ファミコン ◆ジャンル シューティング

 オトト星人の侵略を受けた地球は、陸地が全て海中に没してしまった。
捕らえられた人々を救助すべく、潜水艦「スクーン」号に指令が下る。
「さぁ、捕らわれた人たちを、救うんだ、すくうんだ?、スクーンだ!?」

このゲームを買った時に、本気でダジャレで付けられた
タイトル名だと、一人で勝手に思い込んでいた
横スクロールシューティングゲームです。
本当の所は分からないけど、もしかしたら?・・・かもです。

「自機が潜水艦とは珍しいな」と思い、安売りしていたこともあって
即 衝動買いしたゲームですが、プレイしてみると
なかなか面白かった事を覚えてます。
また タイトル画面の物悲しいBGMが、やけに耳に残ります。

 自機の武器は、正面に撃ち出す「ホリゾンミサイル」と
右下に発射する「アイスボール」の2つ。
「ホリゾンミサイルは、魚雷じゃないか」とツッコミを入れつつ
必死に A,B 2つのボタンを連打して疲れ果ててましたねぇ。

 ↑ 連射パッド使うのを すっかり忘れている愚か者。

海底に作られた侵略者どもの工場を攻撃して
人々を助けるわけですが、そのためには
あるポイントを破壊する必要があります。

上下に動いているピストンを狙い撃ちです。
ピストンというぐらいだから、もちろんピストン運動をしてます。

ビシッとアイスボールを直撃させると、あら不思議。
捕まっていた人たちが、海中に放り出されます。
そこで すかさずスクーンで救助するのです。
もたもたしている暇はありませんよ、何故なら
海中には恐ろしい鮫がうろついていて、人を食ってしまうからです。

小さいグラフィックだけど
本当に人を口にくわえた鮫の姿を数秒間見られますよ。
さながら映画「ジョーズ」(古っ)を彷彿とさせるシーンです。

Sqoon02.png

条件を満たすと「ひょうたん島」が現れて? 何処のひょうたん島だ??
当たり前だけど N○Kとは関係の無い方です。
で、この島に助けた人を移すとアイテムを貰えます、これ重要!
時間と共にスクーンのエネルギーは減っていき 0 なるとミスなので
きっちり人命救助を怠らずに続けないと
待っているのはゲームオーバーですよ。

 敵キャラも海中の生物ばかりで、こちらを惑わすような
複雑な動きをするものもいるので油断できません。
人々の救助と 敵への攻撃と回避を
上手く両立させられるかがポイントですね。
それと カセットについている、ほとんど無意味な発光ダイオードも
ファミコンカセットにおける、アイレムの象徴みたいで良いです。
今プレイしても、けっこうイケますよ。

今回は、ナマコのようなイソギンチャクのような形をした
敵の「ハマコ」に連射攻撃をひたすら浴びせて遊んでいた
潜水艦ゲームの紹介でした。



この記事へのコメント
海底要塞のボスまで行った覚えがあります。
オープニング曲は今でも覚えてる。
Posted by s・s at 2016年04月30日 10:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28777346
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。