ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











F-1 ライブインフォメーション(SS)


◆1995年度作品 ◆発売元 セガ
◆ハード セガサターン ◆ジャンル レース

 モータースポーツの頂点として名高いF-1を
実況付きでゲーム化したレースゲーム。
※ ハンドル型のレーシングコントローラ対応。

F-1-live-information01.gif

F-1のレースを実況中継している様を
そっくりに再現させようと尽力した一品です。
当時のF-1の中継放送を担当していた
アナウンサーら3人を起用しているので
音声だけなら本物の実況中継さながらの臨場感があります。

 そうなんです、ゲームで実況!!

 他に実況付きのゲームと言えば
真っ先にプロ野球、そしてサッカーが思い浮かびます。
やはりスポーツと実況は相性が良いようです。
変り種ではシューティングゲームにもありまして
「 実況おしゃべりパロディウス 」は
ゲームを実況することに意義があるんですかね〜?・・・などと
ついつい小難しく考えてしまいそう。

やれやれ、話がそれたので元に戻しましょうか。

 本作のゲームモードは
実況音声の付いたグランプリ
実況なしだけど3つのコースが追加されたオリジナル
全6コースで自由に走行できるタイムアタック。

 まず、最初はマシンセレクトから。
ベネトン(ミハエル・シューマッハ)
ティレル(片山右京)
フェラーリ(ジャン・アレジ)
マクラーレン(ミカ・ハッキネン)
ウィリアムズ(デーモン・ヒル)
上記の5チームから選びます。
いやはや、今となっては懐かしい名前が並んでますなぁ。

 次はコースセレクト。
実在するコースは3つ
ドイツ(ホッケンハイム)、日本(鈴鹿)、モナコ(モンテカルロ)は
グランプリモードで実況音声が流れます。
他にゲームオリジナルのコースが3つ。
とは言え、一つの長いコースを3つに区切り一部共用しているので
実質的にはせいぜい2コース分って感じですかね。
※ オリジナルコースに関しては
 初代のリッジレーサーと同様と言えば分かってもらえるかな。

 そして走行前にガレージでマシンのセッティングができます。
フロントウィングとリアウィングの角度調節
タイヤはグリップ重視と寿命重視のどちらかを選択可。
ガソリンの搭載量の設定の5項目。

 さぁ、ようやくレースのスタートラインまで来れましたぞ。
やはりプレイするのは本作の醍醐味である実況のあるグランプリで決まり。
レースは練習や予選はなく、いきなり本戦からスタート。
コースを8週するまでにトップを取れるかどうかが腕の見せ所であります。

F-1-live-information02.gif

画像左、ホッケンハイムを走行中。
周囲の状況が掴みにくいのが難点ですが
コックピットからの視点は迫力満点であります。
ちなみに、右上の四角い枠内の画像はライブ中継画面。
テレビ放送の映像ってことですね。
画像右、只今ピットイン中。
タイヤが磨耗してグリップ力が低下してきた時や
ガソリンが残り少ない時に一休みです。

F-1-live-information03.gif

画像左、鈴鹿、画像右、モナコ。
後方からの視点はプレイしやすいです。

 さて、本作のセールスポイントの実況についてですが
コースを走行中、途切れることなく延々としゃべり続けてくれます。
エンジンやシャーシなどの車体に関する話とか
レース中の順位やアクシデントなどなど。
当然プレイヤーの現在の状況も実況されるため
マシンを激しく衝突させるようなミスをすると
キッチリ言及されてしまいますぞ。

実況ってのはいつもと違った趣がありますなぁ。

ただ、コースが変わっても実況の内容は大差ないんですけど
レース中に音楽のない本作においてBGMの代わりでもあります。
なので、実況のない他のゲームモードだと・・・オイオイ。

 それと忘れちゃいけないのがレースゲームとしての操作感。
非常に素晴らしい旋回性能を有し、ブレーキの効きも超絶的なんですよ。
つまり車の挙動は夢物語、ゲームそのものであります。
シミュレータ系のレースゲームでは
確実にスピン、あるいはコースアウトしてグダグダになるような場面でも
ミスの程度が軽いのでコースへの復帰が早く済むので楽ちんなのです。
初心者にも敷居が低く手軽に遊べる部類のゲームに入るので
中級以上を自負するプレイヤーには物足りないでしょうねぇ。

それと、セッティングにしても何にしても
必要最低限しか実装されておらず弄れる部分が少ないのも事実。
だいたい、実在するコースが3つだけってのも少ないでしょ。

もしかして、実況音声で力尽きたか?!

 まぁ、元々が古いゲームな訳ですが
その中でもコースが少なくマシンも少ないなどの
一つ前の世代臭さの残るシンプルな作りです。
実況は頑張ってるし
3Dに弱いサターンにしてはグラフィックは及第点なのに
あともう一押しでチョッと惜しいゲームだったりします。







この記事へのコメント
実況感を再現することに注力しすぎてそのほかのことを詰め切れない、、、

なんだか安定のセガ仕様という感じですね(笑)

まあセガだから許します。
Posted by そうてん at 2012年06月07日 18:00
同じF-1ゲームのライバルにPSのフォーミュラ・ワンがありまして
比較すると実況では勝ちですが、コース数&その他で負けてるんですよ。
今にして思えばサターンの未来を暗示していたような気がしないでもないです。
・・・・・セガだから許しますけどね。
Posted by 管理人 at 2012年06月07日 19:19
このゲームがWII U/XBOX one/PS4に配信されたら…。

「F1ライブインフォメーション(WII U/XBOX one/PS4版)」

WII U/XBOX one/PS4版で追加される要素。

対戦プレイモードの追加。

コースの追加(サンマリノGP、ブラジルGP、パシフィックGP)。

ドライバーの追加(ゲルハルト・ベルガー、既に鬼籍に入られたローランド・ラッツェンバーガーとアイルトン・セナ、1995年を持ってF1から完全引退したナイジェル・マンセル、ジョバンニ・ラバッジ)

チームの追加(シムテック、パシフィック)

と感じになってほしいと思います…。
Posted by マイケル村田 at 2014年07月08日 23:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。