ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ブラボーミュージック(PS2)


◆2001年度作品 ◆発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
◆ハード プレイステーション2 ◆ジャンル 音楽ゲーム

 指揮者となってクラシックの名曲の数々を演奏する音楽ゲーム。
※ 4作からなるシリーズの第1作。

bravo-music01.gif

 古い音楽堂の取り壊しを阻止しようと
音楽の素晴らしさを人々に知らしめる作戦に打って出た
少年オーケストラBravoesの奮闘を描くストーリーに沿って
各ステージを順番にこなしていく音楽を題材にしたゲームです。

一口に音楽と言ってもジャンルは多彩で
その中でも難解と思われがちなクラシック音楽が
本作では使われていますが心配無用であります。
誰でも一度は耳にしたことのありそうな
聞き覚えのある親しみやすい旋律の楽曲が多数収録されているので
難しく構える必要はありません。

ただ、ゲームの方はけっこう難しかったりしますが・・・・・。

 というわけで今回は
リズム感のズレが顕著な管理人が大好きな音ゲーの紹介であります。

 本作はオーケストラの指揮をするゲームであり
プレイヤーがやるべきことは以下の3つ。

1、テンポを合わせる。
2、強弱をつける。
3、パートへ指示を出す。

ある程度正確に演奏できればテンションメーターが上がり
メーターが最大の状態で演奏を終えればステージクリア。
逆にミスをするとメーターが下がっていく
音ゲー定番の仕様になっております。

で、ゲーム画面がコチラ。

bravo-music02.gif

画像左、彼が主人公のタクト君
左端がテンションメーター、右端にあるのがタッチメーター。
画像右、タクト君とオーケストラのメンバー・・・人数は少ないけど。

 では指揮者のお仕事1、まずはテンポの合わせ方から。
画像中央に見える4つの小さな○をキューポイントと呼びます。
※ 4拍子の曲は4つ、3拍子ならキューポイントは3つになります。
そしてキューポイント間を反時計回りに移動しているキューボールが
キューポイントを通過するタイミングで
○、×、□、△、いずれかのボタンを押すことによりテンポが決まります。

もちろんボタンを押すタイミングは早すぎても遅すぎてもNGですぞ。

 指揮者のお仕事2、音の強弱のつけかた。
上記の曲のテンポに合わせてタイミングよくボタンを押す時に
キューポイントの色で指定された強さでボタンを押す。
※ 赤 = 強、緑 = 普通、青 = 弱。
音の大きさ(強弱)はタッチメーターで確認できます。

 そうなんです、実はこのゲーム
PS2付属のコントローラ「 デュアルショック2 」の
アナログ入力を利用しているゲームなんですよ。

「 えっ? アナログって昔のPSにもあったじゃん。」

・・・と、思われる人もいらっしゃるかもしれませんが
これはアナログスティックの話ではありません。
デュアルショック2の
ボタンを押した時の圧力を感知できる仕組みを
ゲームに取り入れているんですね〜。

もちろんボタンを押す力の加減は強すぎても弱すぎてもNGですぞ。

 指揮者のお仕事3、パート指示。
楽曲によってはキューポイント内に矢印や☆印が出る場合があります。
この時、矢印なら同じ向きに対応する方向ボタンを一緒に押し
☆印ならボタンを少しの間押したままにして音を伸ばします。

もちろん押さなかったり押し間違ったりすると
演奏に変な音が混じってしまいますぞ。

bravo-music03.gif

画像左、この曲はキューポイントが5つありますな。
画像右、ミニゲームの一つ、でもやることは同じ。

 そして、高い評価のまま演奏を続けていくとメドレーモードに突入。
続けて違う楽曲の演奏が始まります。
さらに、メドレーモードをクリアするとボーナスゲームが出現。
いわゆるミニゲームってやつです。

このように上手く演奏できれば
新たに演奏できる楽曲が増えて、ミニゲームも増やせる
やりこみ要素も完備しているってことであります。

まぁ、簡単に増やせれば苦労はないんですけど
私には難しくてコンプリートは諦めてしまいましたが・・・。

 さて本作は、クラシック音楽に抵抗がなく
指揮者の真似事でもやってみたいなぁ〜って人には興味が湧くゲームでしょう。
アナログのボタン入力でプレイする珍しいタイプのゲームでもありますので
他のゲームとは異なる操作感を楽しむことも可能。
音ゲー好きには良い刺激になるかもしれません。






この記事へのコメント
プレイヤーが指揮者というのは珍しいゲームですね。
しかもアナログのボタン入力と、これも珍しそうです。
PS2のコントローラーにこんな機能があるなんて、知りませんでした。
ちょっとやってみたいです!
Posted by スターマン at 2012年06月02日 09:43
これは前に紹介されていたマエストロムジークに近しいゲームみたいですね。
しかし、全4作との事ですが、こちらも見たことが無いゲームですよ。
マエストロの続編もあるみたいですが、どっちが面白いんでしょうかね。。。
Posted by 二条ジョウ at 2012年06月02日 15:26
スターマンさん、ボタンのアナログ入力を使うゲームは珍しいんですよ。
だからって面白い理由にはならないんですけど
音楽ゲーム好きな私はけっこう楽しめました。
これで音感さえ良ければ・・・ヘタの横好きなのが悔やまれます。

二条ジョウさん、やってることはマエストロムジークと変わりませんが
マエストロが演奏に徹していて地味なのに対し
ブラボーはストーリーとゲームのキャラクターの賑やかさがあります。
全4作ありますが、収録されている楽曲が異なるくらいで大きな違いはないようです。
Posted by 管理人 at 2012年06月02日 21:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/271986818
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。