ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











UNO DX(SS)


◆1998年度作品 ◆発売元 メディアクエスト
◆ハード セガサターン ◆ジャンル テーブル

 比較的歴史の新しいカードゲーム UNO(ウノ)をゲーム化。
個性豊かなCOMキャラ相手に運と実力で勝負を挑もう。

uno-dx01.gif

 テーブルゲームと言えば、将棋、麻雀、トランプなどなど。
テーブルを囲んでプレイすることから そう呼ばれているわけですが
古くから親しまれてきたジャンルであり
ファミコンをはじめとして数々のゲーム機でも登場しました。
その中でもトランプに代表されるカードを使ったゲームの一つ
UNOを題材として製作されたのが
タイトルがそのものズバリ!! 「 UNO DX 」なのであります。

ウノ デラックス・・・・・どこがデラックスなのでしょう?

いや、それよりも このゲームソフトで
UNOを知った管理人にとっては初めての体験だったのですよ。
そんな訳で、今回のネタはコレに決まりです。

 UNOは
赤、青、黄、緑の4色からなる専用のカードを使うゲームで
各色それぞれに 0〜9までの番号のカードと
特定の機能を持った5種類のカードがあります。

まず、参加者一人一人に7枚ずつカードを配ったのち
残ったカードはドローパイル(山札)として置きます。
順番に、手札の中から場に出してあるカードと
色、または番号、あるいは記号が同じカードを出します。
手札に出せるカードがなければドローパイルから1枚引きます。
※ カードがあっても出さずに1枚引くこともできます。
これを繰り返して一番最初に手札を 0 にした者が勝ちです。

 まぁ、トランプでもありそうなルールですけど
UNOの持ち味は、対戦相手を妨害(邪魔)をするカードや罰則にあります。

・R = Reverse(リバース)
  プレイの順番を逆にする。(右回り ←→ 左回り)
・D = Draw Two(ドローツー)
  自分の次の順番のプレーヤーに強制的に2枚引かせる。
・S = Skip(スキップ)
  自分の次の順番のプレイーヤーが1回休み。
・Wild(ワイルド)
  場にどんなカードが出ていても使えて
  さらに、場のカードの色を宣言(変更)できる。
・Wild Draw Four(ワイルド ドロー フォー)
  場にどんなカードが出ていても、一応使えて
  場のカードの色を宣言できて、なおかつ
  自分の次の順番のプレーヤーに強制的に4枚引かせられる
  このゲームで最強最悪の妨害パワーを誇るカード。

これらのカードを、何時、どのタイミングで使うかが重要な戦略の一つですぞ。

 そしてペナルティを犯した者への罰則も、このゲームのキモであります。

手札が残り1枚になる時に「 ウノ 」と宣言しなかったり
Wild Draw Fourカードを使った時にチャレンジをコールされたとか。
ペナルティは山札から2枚引かされたり、6枚引かされたりして
手札のカードが増えてしまうんですよ〜。

 そんなUNOをゲーム化したら
個性豊かな11人のキャラクターが学園で対局を繰り広げる
チョッと愉快なゲームに仕上がっちゃいました。

ゲームモードは
・フリーUNO
 対局人数は2〜6、ルール、クリア条件の変更可能。
・パートナーUNO
2人で組んで対局、パートナーのどちらかが上がれば勝利。
 ルール等の変更可能。
・アドバンスUNO
 ストーリーに沿ってゲームを進めていくモード。
 各キャラクターの性格づけも含めてありがちなパターンですけど。

uno-dx02.gif

画像左、対局画面はこんな感じ。
画像右、チャレンジをコールして失敗! 不本意ながら6枚ゲット。
各キャラクターの音声とリアクション付きです。
設定したルールで、勝利条件を満たすまで戦い続けるのであります。

 一方、本作のもう一つの目玉 アドバンスUNO。

uno-dx03.gif

画像左、このモードの主人公 宇野くんです。
画像右、マップ画面で行きたい場所を選びます。
対戦相手と出会ったら対局で勝敗を決しますぞ。
負けても何度でも再戦できますが
1回目の対局で勝利すると1枚絵のグラフィックとともに
対戦相手のエピソードが見られる仕様になっております。

 とにかく、どのモードであろうとUNOの対局。
運の要素も絡んでくるため、なかなか勝てません。(ヘタともいう)
いくつかのゲームモードを備えていますが
定価4800円ってこともあって、アッサリと軽い作りでした。

元々がカードゲームなので、気負わずに軽〜く遊べるのは良かったけど
何度も繰り返してプレイできるものではないでしょう。
どうせなら、アドバンスUNOは他の主人公を用意して
違ったストーリー展開を楽しめるようにしていれば・・・。

そこらへんが惜しいですなぁ。

 ちなみに、本職の声優に紛れて7人も
制服向上委員会とかいうアイドルグループがキャラの声を担当しております。
はて、そんなアイドルいましたっけ??

世の中、ゲーム好きのオッサンの知らないことが多すぎますぞ。







この記事へのコメント
サターンでもウノゲーはあったんですね。
私はプレステのやつを持ってましたよ。

ウノはそれ自体が完成されたゲームですから、システム面が変じゃなければそれなりには楽しめるとは思うんですけど、カードゲームはアナログの方が楽しめるかもしれませんねw
まあ、それを言っちゃもともこもありませんが。
Posted by 二条ジョウ at 2012年04月18日 00:30
なるほど、プレステにもありましたか。
カードゲームを元にしているので基本の部分は弄りようがないですから
キャラクターやストーリーで楽しさを提供するのがゲーム流。
面子が揃わない夜更けだろうと1人でプレイできるのもゲームだからこそ。
人間同士の対戦には及ばないでしょうが、そのあたりに価値を見出せれば相応に楽しめるんですけどね。
Posted by 管理人 at 2012年04月18日 21:39
セガサターンのUNOのゲームですか。
友達のわいわい楽しむのはいいのですが、一人だと悲しいですね。
今ではスマートフォン等のアプリがあるので、手軽にできますよ。
でもやっぱり友達を集めてやったほうが楽しいですよ。
Posted by スターマン at 2012年04月21日 12:19
テーブルゲームやパーティゲームは1人でやると悲しい気持ちに陥いる可能性大。
お手軽なところが長所ですが、人間同士の駆け引きの面白さには敵わないでしょう。
そこらへんは承知の上で積みゲー撲滅作戦継続中であります。
Posted by 管理人 at 2012年04月21日 20:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。