ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ベルセルク 千年帝国の鷹篇 喪失花の章(DC)


◆1999年度作品 ◆発売元 アスキー
◆ハード ドリームキャスト ◆ジャンル アクション

 黒い剣士「 ガッツ 」、巨大な剣「 ドラゴンころし 」。
剣と魔法の世界を舞台にした「 ベルセルク 」をゲーム化。
漫画家 三浦健太郎氏が自ら手がけたゲームオリジナルの
シナリオで綴られたアクションゲーム。
※ 千年帝国の鷹 = ミレニアム・ファルコン
  喪失花 = わすればな、と読みます。

berserk01.gif
 
 行く先々で戦い続ける宿命を背負った剣士ガッツと
相棒のパック、キャスカは旅の途中に ある街へ辿り着く。
ここはマンドラゴラ憑きと呼ばれる奇病に悩まされている地域であり
到着早々、大暴れしたガッツは剣の腕を見込まれ
領主のバルザックから仕事の依頼を請けるのだが・・・。

 原作の設定をゲームに反映させて製作された
ダークな雰囲気が持ち味のアクションゲームです。
登場人物たちの会話で進行するストーリーデモと
多彩なアクションの戦闘シーンの2つから成り
まるで1本のアニメを見ているかのような錯覚に陥らせる
定番の手法でプレイヤーに訴えかけてくるのであります。

 しかもオープニングとエンディングは主題歌付き。
↓ オープニングの動画。



これ・・・甲高い歌声が耳に残りますなぁ。

 本作はコントローラ全てのボタンを駆使した
多彩なアクションで敵を倒すのも魅力の一つ。
剣を抜いた時と収めている時で攻撃手段が異なる
アタック1とアタック2の攻撃とジャンプ、ガード。
剣を抜けば縦斬り、横斬り。
モーションが大きく技の出が遅いのが難点だけど攻撃力は絶大。
剣を収めると素手、連射ボウガン。
攻撃力は剣より劣るものの素手は動きが素早く
連射ボウガンは離れた敵に攻撃できるのがミソ。

ガード(防御)のボタンは他のボタンとの組み合わせで
ステップ移動、スライディングへ変化。
また、アイテムを取得するとRボタンとの組み合わせで
ナイフ、炸裂弾、大砲、妖精の粉(体力メーター全回復)を使用可能。

使いこなすのは一苦労ですが、これだけあれば言うことなしですかね〜。

 ・・・で、実際にプレイしてみる。

berserk02.gif

画像左、ストーリーが進行するデモシーンは
声優による音声付きのセリフが流れるお馴染みのヤツ。
キャラクターはゲームで使われているのを そのまんま流用してます。
ガッツいわく「 人間ってのは もっとえげつねえもんだ。 」そうです。
画像右、ゲーム中に時折出現するキーロックアクション。
画面の表示と同じボタンを素早く押します。
成功か失敗のどちらかで、チョッとだけルートが分岐しますぞ。

berserk03.gif

画像左、街の路地で兵士と戦闘中。
夜間ということもあり画像が暗いのですが
ここ以外でも本作では暗いステージが多く
次の場所に行くための出口すら見つけにくいことがあったりします。
画像右、マンドラゴラ憑きの村で戦闘中。
日中ということで明るく見やすいので大変喜ばしいです。
でも明るいステージって少ないんですよ〜。

ちなみに、視点は各ステージの場所(部分的)ごとに決められており
ガッツが進入した時点で切り替わる仕様なので
プレイヤーが自由に視点を変更することはできません。

 戦闘に関しては、道や廊下などの狭い場所では
剣が壁などの障害物に当たり跳ね返される事例が頻発。
全体的に広いステージが少ないですし
むやみに剣を振り回すのは得策ではありません。
ガッツの動きは、少々ゆっくりなので
スピーディーで爽快感タップリの戦闘は不可能ですが
剣とボウガン、ガードとステップ移動など
個々のアクションを使い分けて対応、攻略していくって感じかな。
また、敵を斬り捨てればドバッっと血しぶきが上がり
体が真っ二つになるなど演出は過激な部類で
現在のレーティングなら「 D 」ってところでしょう。
 
 前述のように暗いステージが多いことや剣が壁に弾かれるのは
ゲームをプレイするうえでは多少ストレスを感じますが
これらは製作側が意図してやってるものと思われます。
ザラつき乾いた質感の荒れた雰囲気のグラフィックも
ベルセルクの世界観を出そうと狙ったのかもしれません。

ストーリーデモの長さも半端なく
ゲームのプレイ時間の約半分(感覚的に)取られてしまいます。
つまりストーリーをカットしたらプレイ時間激減ですけどね。

現在のレベルで見るとイマイチなのと
ボリューム不足は致し方ないとして
多彩なアクションの使い分けで
アクションゲームとして面白さを感じられれば それなりに楽しめるでしょう。
各難易度ごとにクリア特典もありますし
そして、何よりも
いまひとつ救われないダークな世界観を楽しめたのが良かった。

まぁ、そこらへんに惹かれればの話でありますが。

 追伸、別物だけどPS2でベルセルク出てたから
いっちょ探してみようかと思案しております。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。