ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











コントローラー(セガ サターン篇)


 いくつものゲーム機のコントローラーを取り上げてきた
シリーズも ついに第7弾となりました。
今回のお題は、セガ サターンです。

メジャーには成りそこねたけれど
マニアックなゲームを数多く輩出してきた セガ製ハードの中で
コントローラーの種類が多い 「土星」 です。
それだけ色々なソフトが発売された証だと思います。

では、スタンダードなこの一品から。

img00034.jpg

初期のグレー サターンに付属のパッド。
メガドライブの6ボタンパッド譲りの、良好な操作性を受け継いだ
方向ボタンがナイスな出来栄え。

19.jpg

同じく、白サターンのコントロールパッド。
色が違うだけですけど、参考までに載せておきます。

04.jpg

ゲーマーなら絶対外せないアイテム、ジョイスティック。
同じメーカー製のプレステ用ジョイスティックと比べると
ボタンの色の違いと、セレクトボタンが無い以外
ボタンの配置、大きさ等は全く同じ物です。

img00036.jpg

トルネードパッド、連射機能付きです。
純正品の方向ボタンの出来が良いだけに
こちらは酷くはありませんが、少しマイナス評価せざるを得ません。
連射が欲しい時だけしか出番が無いです。

12.jpg

同じく連射機能つきパッドです。
ボタンの上に小さな連射切り替えスイッチがあり
爪で引っ掛けて、引き起こすようにして入れます。
ちょっとやりにくいなぁ。

img00037.jpg

サターンのマウス。
中央の青いのは、スタートボタンです。
総じて、ゲーム機用マウスの出来はパッとしないようです。

18.jpg

マルチコントローラー、通称マルコン。
アナログの方向ボタンが追加され
L,Rボタンもアナログ化されました。
ケーブルは、上の付け根から取り外しが可能になっていて
機能の拡張を視野に入れた仕様だったようですが
結局、新たな機能を追加するアイテムは登場しませんでした。

17.jpg

アナログミッションスティック。
外観から予想できると思いますが
航空機のフライト物での使用をメインとしたデザインが
その手の愛好家のハートを鷲づかみにして離しません。

スティック部には、人差し指で引くトリガーボタンと
手前にボタンが2つ、さらにアナログのスロットルレバーも装備。
また スティックは、左右どちらにでも取り付け可能なので
利き腕に合わせてセットできます。

ただ 写真左側のボタンの操作性も、お世辞にも宜しくないですし
対応ソフトも少ないので、押入れの肥やしにしかなりません。

08.jpg

対応ソフトの少なさなら これで決まり!
「バーチャロン」用 ツインスティックです。
スティックの取り付け部分の強度に不安がありますね。
ゲームにのめり込む性格で、腕力に自信のある人が使うと
もしかしたら、スティックを引きちぎるかも?!

「引きちぎる」 これはオーバーな表現ですが
スティックが可愛かったら、あまり手荒に扱うのはやめましょう。

サターンの周辺機器は幾つもあり、セガの歴史の一端をを垣間見れます。
ゲーム機としては、成功しませんでしたが
そこが、セガのセガらしい一面でもあります。

あっ、フォローになってない。 (*´ー`) フッ




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26156383
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。