ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











PC−FX(FX)


◆1994年発売 ◆NECホームエレクトロニクス ◆49.800円

 94年に勃発した次世代機戦争において
その年の最後を飾り4番目に登場を果たしたゲーム機。

pc-fx.jpg

 縦置きのスタイルが目を引く次世代機の異端児的存在として
異彩を放ったPC−FXを語る前にPCエンジンに触れておきましょう。

随所で挿入されストーリーを盛り上げるビジュアルシーンや
声優に命を吹き込まれた喋るキャラクター。

ROMカセットよりも安価で大容量のCD−ROMを
家庭用ゲーム機で最初に採用したPCエンジンは
アニメ風の演出を積極的にゲームに取り込んで一定のシェア獲得に成功。
それなりに売れたゲーム機に成長します。

重厚長大なロールプレイングゲームは言うにおよばず
アクションゲームやシューティングゲームですら
大なり小なりアニメ風ビジュアル&喋るキャラクターが
ゲームを支える魅力の一つとして認知されるようになっていくんですね〜。

 そして、ゲームとアニメの融合に味を占めたのか
PCエンジンと同じ2D路線を継承した次世代機として
産声をあげたのがPC−FX。

高い動画再生能力を得た本機は
PCエンジンの限界だったアニメ風ビジュアルから
本物のアニメーション再生へと昇華。
もちろん実写動画だってOK。
※ アニメを実写映画化するのと引けを取らないくらい
  ゲームで実写映像を使うのは鬼門ですけど。

 しか〜し!!
他の次世代機にあってPC−FXに無いものがあったのです。

ライバル各社が市場に投入した次世代機群は
3次元のコンピュータグラフィックスをリアルタイムで描画する機能を搭載。
アーケードゲームではバーチャファイターやリッジレーサーといった
3Dゲームが脚光を浴びていた時期であり
本体普及の原動力として家庭用ゲーム機に移植されたのは必然。

これらのゲーム業界に新たなる幕開けを告げた
奥行き感のある立体的な映像で製作されたゲームソフトは
瞬く間に人々の心を掴んでいったのであります。

 他の次世代機より動画再生で秀でているものの3DCGの機能を持たず
PCエンジンに毛が生えた程度の性能しかないPC−FXは
不幸にも、いや当然の結果として出端をくじかれてしまいます。

旧来のアニメ的な手法、演出に頼らざるをえないため
発売されるゲームソフトはPCエンジンの延長線上の産物。
アニメ、美少女のキーワードを前面に押し立て
ニッチな方向に特化させて生き残りを図るも次第にジリ貧に・・・。

標準装備の6ボタンコントローラの
ボタン数の多さが無駄になってしまった感がありますなぁ。

pc-fx pad.jpg

 年齢制限付きのエロ系ゲームが数本発売されてますが
それで勝てるほど甘くありません。
やはりゲーム機は、ソフト無ければただの箱。
ゲームソフト不足が命取りになる法則発動で
新規ユーザーの獲得は思うようにならず普及台数は伸び悩み
とうとうNEC最後の家庭用ゲーム機になってしまったのでありました。





この記事へのコメント
3DOと同じく、PC -FXは殆んど知らないですね。
ただ少しだけ知っている情報は、18禁ゲームがあるということです(笑)
あの標準装備のコントローラーのボタン数多いですね。
格ゲーやるならいいかもしれませんが、他のジャンル………特にRPGには無駄にボタンが多いのでは!?

これがNEC最後の家庭用ゲーム機ですか。
PC エンジンは素晴らしい出来だったので、それだけにちょっと残念です…
Posted by スターマン at 2012年04月02日 23:13
ギャルゲーのお色気で勝負するしか手立てがなくなった時点で詰んで・・・いや、最初から勢いはなかったですね。
3DCG時代の到来を読めず本体もコントローラも設計が次世代的でなかったのが痛恨の極みであります。
18禁ソフトがせめてもの救いかも?
Posted by 管理人 at 2012年04月03日 19:44
意外と周りに所有者がいたんですよ。

天外3に希望をかけて、その後激ギレした人よりは、正しいFXオーナーの姿を体現していた人のほうが幸せそうでしたね(汗)
Posted by そうてん at 2012年04月24日 11:53
天外3を出す予定の時点で本体を購入するのは早まった判断なので自業自得ですけど
FXオーナーとして美少女ゲームに没頭するのが正しい姿とするなら
その人は幸せを手に入れたに違いありませんよ。
Posted by 管理人 at 2012年04月24日 19:10
ゲーム業界から足を洗ったNECは、Windowsブームの影響を受け、本業のパソコン市場で成功おさめていた。ゲーム事業引退という引き際の良さが功を奏した結果だ。まぁ、NECの大手パソコンメーカーだからこそ、Windowsブームに乗れば、NECの力は発揮しますから(あっ、ゲームとは関係ない事をいっちゃった…)。
Posted by マイケル村田 at 2013年01月13日 19:50
本業に専念するよう方針転換しただけのことでしょう。
不採算部門は切り捨てであります。
Posted by 管理人 at 2013年01月14日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/261535217
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。