ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











XaviXアプリケーションソフト3連発


 健康や体力の維持、向上をスローガンに掲げ
フィットネス機器として2005年に登場を果たした
知る人ぞ知るXaviX PORT(ザビックス ポート)。

実際に体を動かして使用する体感型コントローラが特徴的で
基本的に専用ソフトに同梱、もしくは一部は別売されており
本体、ソフト、専用コントローラ同梱のスタータキットも存在していたようです。

・・・と、言うことで今回は
専用ソフトをドドーンとご紹介いたしますぞ。

公式サイトによりますと
これまでに発売されたソフトは
○ ゆっくりステップ = 足踏みでお年寄りの脚力アップ、歩行訓練をサポート。
○ パワーキッズ、パワーキッズJ.r = お子様の脳力トレーニング。
○ ミュージック&サーキット = お気に入りの音楽でステップを踏む。
○ エアロステップ = 軽やかにエアロビクスで体力作り。
○ チェック&バランス = 身体能力の測定でエクササイズ。
※ 上記5つのソフトは専用コントローラに
 ダンスダンスレボリューション専用コントローラと同類の
 マット型のステップセンサを使用します。
○ アイハンド = 手袋型のコントローラを装着
 指示通りに腕を動かして脳を刺激して活性化。
○ ザビックス プラス D3 = マジで本格的すぎる!? 健康増進プログラム。
○ バスフィッシング = 専用釣りコントローラで魚釣り。
○ ボウリング = 専用ボール型コントローラでレッツプレイ。
○ ゴルフ = 専用のドライバーとパターでナイスショット。

大きく分けるとフィットネス系とスポーツ系でしょうか。
まさしく「 たまには鈍った体を動かしなさいよ 」と言わんばかり。
運動不足の解消に一役買ってくれるかもしれません。

まぁ、継続できればの条件付きですけど
そういった点も踏まえつつ
管理人が捕獲したスポーツ系ソフト3本を順次ご覧いただきます。

ちなみに、以下のソフトは、性別、体重、年齢を4人分登録可能。
消費カロリーを計算して表示してくれる機能付きです。
また、自動で記録してくれるオートセーブを採用。
ゲーム・・・もとい、試合の続きもセーブ機能のおかげでコンティニュー可。
※ おそらく他のソフトも同じ機能を搭載しているハズです。


 ○ テニス

そう、ラケットを振りまわすアレです。

tennis.jpg

ラケットを振ってモード選択、ラケットのボタンを押せば決定。
先端で赤外線を発射、ラケットの動きを送信します。
赤が1P用、青が2P用 当然ストラップ付き。
それぞれ単三乾電池が2本必要です。

tennis01.gif

ゲームモードは
・トーナメント、トーナメント方式でライバルと戦います。
・フリー、コートや試合形式を自由に選んでプレイ。
・トレーニング、基本操作を覚える。

トーナメント、フリーでは
男女4人ずつ、計8人の選手から選びます。
もちろん2人同時プレイも可能。

tennis02.gif

それぞれに能力値が異なっておりますが
最終的にはプレイヤーの腕が物を言うと思われます。

 ゲーム画面はこんな感じ。
グラフィックはスーパーファミコンと同等のレベルに見えます。

tennis03.gif

画像左、対戦相手は画面奥です。
手前に向けてボールが飛んでくるので、タイミングよくラケットで打ち返します。
プレイヤーがサーブする場合は、ラケットのボタンを押してボールをトス
タイミングを見計らってラケットを振ります。
画像右、ラインギリギリにボールが落ちるとリプレイで再生します。
試合中のちょっとしたアクセントにはなってるかな。

tennis04.gif

画像左、通常の試合画面でプレイヤーはコートの後方に位置します。
画像右、ラケットのボタンを押すとネット際へ移動。
もう一度押すと後ろ(ベースライン)に戻ります。
ネットプレイでショットを打ち込みたければコレ・・・でも難易度アップ。



 とにもかくにも、テニスはタイミング重視のゲーム性で
コート内の移動はネット際へ行ったり戻ったりできるだけです。
ラリーを継続できるようになれば面白くなりそうではありますが
できれば2人同時プレイの対人戦ができればなお良し。
しかし、ゲームとして見たときに演出が控えめで
タイミングよくラケットを振るだけの連続なので単調さは否めません。


 ○ ベースボール

そう、ボールを投げてバットで打つアレです。

baseball.jpg

バットを組み立てると全長は約50センチ。
BASEBALLと書かれている部分はゴム製で中空だから凶器には不向き。
バットの中央付近にバントボタン付き。
周囲4箇所に赤外線発射部あり。
単三乾電池2本使用。

baseball 02.jpg

ボールの直径は約6.5センチ。
4つのボタンはメニューでは 決定、キャンセル、選択ボタンとなり
ゲーム中では投球時に球種を選択。
ストラップの反対側に赤外線発射部が2箇所あり。
単四乾電池2本使用。

baseball01.gif

ゲームモードは
・トーナメント、最大8人まで参加可能なトーナメント戦。
・フリー、チームや球場を自由に選んでプレイ。
・ホームランダービー、10球でのホームラン数を競う、4人まで参加可能。
・トレーニング、その名のとおり基礎の練習。
もちろんトーナメント、フリーは2人同時プレイもできますよ。

 ゲーム画面がコチラ。
処理速度は上かもしれないけど
見た目はスーファミと大差ないような・・・。

baseball02.gif

画像左、プレイヤーの攻撃、バットを使います。
相手チームのピッチャーが投げたボールをタイミングよく打つ。
バットを振るタイミングが重要、緩急つけたピッチングに惑わされるな。
・・・惑わされて空振りしてしまいました。
画像右、プレイヤーの守備、ボールを使います。
ボールの4つのボタンの組み合わせで投げる球種を選びます。
ストレート、カーブ、スライダーなど全9種類ありますが
ピッチャーにより投げられる球種に違いあり。
また、ピッチャー交代も可能です。
しか〜し!! ボールは振るだけ、間違っても投げてはいけません。
手からすっぽ抜ける危険性高し、ストラップの装着は必須でしょう。

baseball03.gif

画像左、ホームランやファインプレー時にカットイン。
雰囲気を盛り上げる作戦のようであります。
画像右、トレーニングの一つ反射神経テスト。
ヒットエリアでボールを打てればOK。
でも、だんだんボールのスピードが速くなっていくんですよぉ〜。



 ベースボールもタイミングが命です。
バットをフルスイングしてホームランを狙いたいところですが
そう簡単には打たせてくれなかったりします。
やはり選球眼云々よりも打つタイミングで得点が左右されます。
ピッチングでは球種、投球の方向、速さを加減してみましたが
まだコツをつかめていない状況であります。
それでも守備は自動でやってくれるので、こちらは心配無用。
ピッチングとバッティングに専念すればよいので
ゲーム的にはシンプルであります。
2人同時プレイは、必ずや闘志が熱く燃えたぎることでしょう。


 ○ パワーボクシング

タイマンで殴りあうアレですが
なんと、ジャッキー・チェン協力のもと製作されているんですよ。
ボクサー気分を満喫しながらエクササイズ。
ボディアクションの全てを知り尽くしたジャッキーの手ほどきを受けよう。

power boxing.jpg

このボクシンググローブがコントローラ代わりであります。
グローブ前面下部の銀色の反射シートを
システムカートリッジに取り付けられたカメラセンサーがキャッチ。
グローブの動きをゲームに反映しているのです。
従いまして乾電池は必要なし。

カメラセンサーが乗っかったシステムカートリッジ。

system cartridge.jpg

ボウリングでもカメラセンサーを使用しているようですが
システムカートリッジはカメラセンサーが付いていないもの多し。

power-boxing01.gif

ゲームモードは
・チャンピオンシップ、次々と現れる対戦相手とファイト。
下から順に3つのレベルに挑戦、2つの難易度設定あり。
・エキシビション、チャンピオンシップで勝った相手と戦える。
・エクササイズ、いわゆる練習モードで4種類のトレーニングあり。

 こちらがゲーム画面。
まずはエクササイズから。

power-boxing02.gif

画像左、パワーを養うサンドバッグトレーニング。
画像右、スタミナを増強するコンビネーショントレーニング。
エクササイズモードでも単独でプレイできますが
チャンピオンシップモードでプレイするとプレイヤーの能力をアップ可能。

power-boxing03.gif

ジャッキーの言葉が身に染みるぜ。

 さぁ、チャンピオンシップで実力を試す時が来ましたぞ。
ビギナークラスから始めて、ミドル → エキスパートの順に挑みます。
試合は1ランド3分(実際の時間は1分30秒)、5ラウンドまでです。
打てるパンチはストレートとフックの2つだけ。
対戦相手にヒットするよう動きをよく見て判断しよう。

power-boxing04.gif

画像左、1人目の女性ボクサー、相手の隙を狙えるかな。
もちろんプレイヤーもキッチリとガードしないと痛い目に遭います。
画像右、2人目のボクサー、こちらのパンチをヒョイと避けやがります。
ディフェンスはガードだけでなく横方向への避けも有効です。

power-boxing05.gif

画像左、対戦相手がぶちギレ。
ガード不能の強力なパンチがキターッ、避けろ避けるんだ。
画像右、対戦相手がグロッキー状態。
すかさず北斗百烈拳のごとくパンチ連打でダウンを奪え。
※ プレイヤーがダウンした場合はパンチ連打で回復させて立ち上がらせます。

power-boxing06.gif

ありがとうジャッキー、力がみなぎってくるぜ。

 っと、このようにですね
ストレート、フック、ガード、身をかわす4つのアクションで
対戦相手と戦い体力を削っていけばよいのであります。
ただ、先に進むと流石に相手が強くなってきますよ〜。
ミスってこちらが体力削られまくりましたぞ。
それと同時に自分自身の体力も削られ息も絶え絶え。
体力の低下を再度実感した形になったのも
日頃の運動不足が祟った訳で自業自得と言えましょう。



 それはさておき、打てるパンチの種類は2つだけ
相手ボクサーのグラフィックパターンが少なく
動きがぎこちないところもありますが
ボクサーが大きく画面から迫力が伝わってきます。
やってみるとパワーボクシングはなかなか面白く
頭の中を空っぽにしてパンチを打ち出すも良し
頭を使って戦い方を工夫するも良し
どちらにせよ、運動量も十分。
筋肉痛も十分過ぎるくらいいただきました。

 しかしですね、今回のソフト3つとも共通するのは
飽き易く長続きしないのではないかってこと。
よほど体力維持とか健康管理の一環として
長く取り組む覚悟でもない限り
短期決戦で終わってしまいそうな気がするんです。

買ったはよいが数日使っただけで放置され
ホコリをかぶりまくりの健康器具と運命共同体みたいな・・・。

でも、まだクリアしてないので、もう少し粘ってみます。
それでは本日はここまで。




この記事へのコメント
初めて画面を拝見しました。スーファミよりネオジオに近いように感じました。
実際ゲームバランスはいかがですか?
それにしてもゲーム雑誌で全く紹介されなかったのが不思議ですね。
Posted by セガ大好き at 2012年03月04日 18:25
性能はスーファミよりも多少良いとは思いますが、テニスとベースボールはシンプルに徹した作り。
ボクシングはキャラが大きくネオジオっぽさも感じられます。
でもROM容量の関係か? それとも性能の制約か? ネオジオのゲームのように背景のキャラクターまで動かす余裕はないようです。

プレイしているうちに慣れさせる意味での調整はされているんでしょうけどゲームバランスは特に気にならなかったですよ。
元々販売戦略上はゲーム機じゃないので、ゲームらしさに少々欠けるところがあっても仕方ないと思います。
Posted by 管理人 at 2012年03月05日 19:42
かなり本格的なフィットネス機器じゃないですか!
ちょっとバカにしていたので反省してます………
テニスや野球、ボクシング、そして体重が計れるなど、wiiを先駆けていますね。
しかし専用コントローラーがいくつもあって、場所をとりそうですね。
それにしてもまさかジャッキーが登場するとは…………

Posted by スターマン at 2012年03月06日 19:57
スポーツ系のソフトはコントローラが専用なのでたくさん買うと確実に置き場所を圧迫しますよ。
同じ運動をするならフィットネス系のソフトの方が効率良さそうです。
エアロステップもジャッキーの指導を基に作られてるようですし興味が湧いてきます。
Posted by 管理人 at 2012年03月07日 21:10
一つ一つに専用コントローラーがあると置き場所にホントたいへんそうですね。
ゲーム自体はバンダイとかエポック辺りが作っている体感ゲームっぽい感じが漂っていますが、実際どっちがいいんでしょうかね・・・。
Posted by 二条ジョウ at 2012年03月09日 23:20
まだ捕獲したのは3個なので置き場所はなんとかなってます。
でも、これ以上買うと??

他社の体感ゲームは手に入れてないので断言はできませんが
ネットの画像で見る限り専用コントローラはザビックスの方が作りがしっかりしていて高級感がありますよ。
他社のは低年齢層向けなので絵柄が子供向き。
自称フィットネス機器のザビックスはゲーム的な要素が少々希薄な感じがしますね〜。
どちらもザビックステクノロジーを使ってるから親戚みたいなものなんでしょうけど。
Posted by 管理人 at 2012年03月10日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。