ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











XaviX PORT(ザビックス ポート)


◆2005年発売 ◆新世代株式会社 ◆9.800円

 テレビゲームをプレイする感覚で日頃の運動不足を解消。
健康や体力の維持、向上を目的とした
フィットネス機器として製造販売された異色のアイテムがコチラ。

xavix port.jpg

「 剣神ドラゴンクエスト 甦りし伝説の剣 」をはじめとする
テレビに接続するだけでスポーツなどの
体感型ゲームを楽しめる玩具で採用されていた
XaviX Technology(ザビックス テクノロジー)をパワーアップ。
カートリッジ交換式となって我々の眼前に姿を現した
XaviX PORTが今回のネタであります。

余分な脂肪の燃焼に期待を込めて、いざ参らん。

 ゲーム機のカテゴリーに属さず
あくまでもフィットネス機器としての存在意義を重視している本機は
XaviXプロセッサと呼ばれるシステムの心臓部をシステムカートリッジに搭載。
一般のゲーム機とは趣の異なる設計になっております。

古くは、エポック社のカセットビジョンがCPUをカセットに載せてましたが
それとは異なる設計思想で作られているんですね〜。

XaviXプロセッサは
CPU、映像プロセッサ、音声プロセッサなどを搭載したチップであり
性能の良し悪しはシステムカートリッジ次第。
つまり、カートリッジに搭載するチップを性能の良い物に換えることにより
後々、性能のパワーアップが可能になるという発想の転換。

 そして、入力装置は赤外線を使ったワイヤレスが基本。
アプリケーションソフトでありますところの
システムカートリッジに同梱されている専用コントローラは
加速度センサーやモーションセンサーを搭載したモノもあり
人の動きを捉えて、それをゲーム的に反映
形状も含め、それぞれに特化した作りになっております。
野球ならバットとボール、ゴルフならゴルフクラブなどなど。
※ 動作には乾電池が必要なコントローラがあります。

また、フィットネス機器を自称するだけあってこれらのソフトは
性別、体重、年齢を事前に登録することにより消費カロリーを表示する機能付き。
※ あくまでも運動量の目安として参考になる程度でしょう。
 
 そのため本機の役割は
・電源のON、OFFとリセット
・専用AVケーブルでテレビとの接続
・エンターキー、キャンセルキー
 セレクトキー(上下左右の入力)でソフトのメニューから
 モード選択などの操作になります。

xavix port02.jpg

ちなみに、AVセレクタ機能付きでして
背面にある赤、白、黄のピン端子は入力端子です。
電源がOFFの時、本機に接続したAV機器の映像と音声をテレビで視聴可能。
テレビの入力端子の空きがない場合に重宝するかも?

 さて、テレビで楽しみながらのエクササイズにより
運動不足を解消しようってのが、XaviX PORTのコンセプトであります。
ゲームと融合させる試みは、以前にもプレイステーションで
フィットネスのゲームソフト「 マーシャルビート 」がありましたし
初の試みと言うわけではありません。
それでも、一つの機器でエアロビクスやスポーツなどに
特化させているのは珍しいですよ。

それぞれの専用コントローラの作りも安っぽくはなく
割とシッカリとしており、それなりに頑丈そう。
物によっては本体よりも価格が高いのがあったようですが
現在では価格の下落で、お手ごろ感が出ております。

 それもそのはず、古いという理由もあるけど
XaviX PORTが発売された翌年に
任天堂の Wiiが発売されたのは痛かった。
Wiiスポーツ さらにWii Fitと続き
同じようなコンセプトの商品で競合。
1年は先行していたものの追い越され
一躍人気者になったWiiの影に隠れてしまったのですから。

・・・まぁ、運が悪かったと思って開き直りましょう。

追伸、次回に手持ちのソフトをご紹介いたしますぞ。
お楽しみに。




この記事へのコメント
こんなゲーム機あったのですね。
新世代株式会社って聞いたことないですが、ちょっと不安ですな。
それにしてもカートリッジ交換式とは………どんなゲームがあるのか気になるので、次回に期待ッ!!
Posted by スターマン at 2012年03月01日 16:32
自分も最近まで存在自体知らなかったモノだったので興味深々で調べてみたんですよ。
現時点でゲーム的なのを3つ捕獲してますので次回、ご紹介いたしますぞ。
Posted by 管理人 at 2012年03月01日 19:16
僕も初めて存在をしりました。

性能はどのくらいなのでしょうか?

興味が湧きますね。
Posted by セガ大好き at 2012年03月02日 09:53
日本のみならず海外でも販売されていたゲーム機?のようです。
性能的にも、また知名度でもWiiに遠く及ばなかったのは当然と言いますか、仕方なかったんだろうなぁ〜と思います。
Posted by 管理人 at 2012年03月02日 19:24
ふむふむ。
初めて拝見いたしました!

いやはやまだまだ知らないゲーム機があるもんですね〜。
ソフトがどんな物があるのか今からちょっと楽しみですね。
Posted by 二条ジョウ at 2012年03月03日 01:44
自分も数ヶ月前、初めて拝見(発見)したものであります。
意を決して買ったのは先月なので、まだ使用時間が短いけど
とりあえず手持ちのソフトの魅力を伝えられればと思っております。
Posted by 管理人 at 2012年03月03日 18:41
任天堂の方針に疑問を抱いた社員が立ち上げた
新会社だったといわれています。
高性能で複雑なゲームではない体感型の家族向け
ゲーム機です。
その後なぜか古巣の任天堂がまったく同じような商品を発表。
あっという間にシェアを奪われ・・・

Posted by 2828 at 2014年04月20日 09:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/254083486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。