ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











アレスタ(MKIII)


◆1988年度作品 ◆発売元 セガ
◆ハード セガマークIII ◆ジャンル シューティング

 当時のセガマークIIIのゲームの中で
かなり熱い戦いを楽しめたシューティングゲーム。

aleste01.gif

 後に「 ぷよぷよ 」のヒットで一世を風靡した
今は亡きコンパイル開発の縦スクロールシューティングゲームです。
いくつかのゲーム機で「 アレスタ 」の名を冠した
ゲームソフトが発売されシリーズ化。
そのアレスタの始祖が本作であります。

アイテム取得による典型的なパワーアップ型シューティングゲームという
もはや主流と呼べる仕様で登場した初代アレスタは
慢性的にゲームソフトの供給が不足気味だったセガマークIIIにおいて
十分すぎるほど魅力的に見えるゲームだったことでしょう。

 と、言うことで今回は
アレスタを長きに渡る封印から解き放ってみましたぞ。

 ゲームシステムは残機制で
敵の攻撃を一発でも喰らうと即死する当時としては定番のスタイル。
自機を失うとその場復活、コンティニューは無制限。
スコアが2万点と10万点、その後10万点取るごとに1UPします。

使える武器は、基本弾と8種類の特殊兵器。
使用する武器により
敵が撃ってくる赤色や青色の弾を破壊できるところがミソ。
通常ショットである基本弾は
パワーチップを取り続けることで3段階までパワーアップ可能。
地上に置かれている、または一部の敵が持っている
1〜8までの数字は特殊兵器のアイテムで
同じ数字を取ると1段階レベルアップ。

ただし、特殊兵器は1番を除き弾数(時間)制限あり。
1.全方位弾、アレスタの初期装備で
方向ボタンを押した方向に弾を撃つ。
弾数無制限の撃ち放題なので、他の特殊兵器よりも安定感あり。
2.ウェーブガン、80秒
ボタンを押し続けエネルギーを溜めてから発射する強力な貫通弾。
溜め撃ちなので連射は不可。
3.レーザー、50+レベル×5秒
前方のあらゆる物を貫通する。
攻撃が前方(上)だけになってしまうのが難。
4.ローリングファイアー、80秒
自機の周りを弾が回転する。
タイミングさえ良ければ敵や敵弾を消してガードできる。
5.ホーミングミサイル、80発
敵を自動追尾する。
でも、スピードはイマイチ。
6.スイングウェーブ、80秒
三日月状のウェーブ弾を撃つ。
自機の動きに合わせて斜めにも撃てる。
7.プラズマボール、80秒
自機の前方の大きな火球を作り敵を焼き尽くす。
接近戦になるので、その点で注意が必要。
8.ワイプレーザー、80発
レーザーがS字型(左右)に蛇行しながら飛んで行く。
ある程度は広範囲を攻撃できるけど撃ちもらしが出るのが難。

aleste02.gif

画像左、まずはラウンド1。
敵の攻撃はまだまだ序の口であります。
画像右、ラウンドクリア時の発進シーン。
画面右下の数字は上から
特殊兵器の番号
特殊兵器の残り弾数、または時間
残機数。

aleste03.gif

画像左、ラウンド2の要塞戦。
スクロールが止まるとボス戦の始まりです。
でも制限時間を越えるとボスを倒せないまま次のラウンドへ。
画像右、ラウンド3。
ヘタレなオッサンの腕ではキツクなってきましたよ〜。
・・・はい、ここで皆様の予想通りにギブアップいたしました。
 
 パワーアップした状態を凡ミスでキープできず
もう、付いて行けましぇ〜んって状況に陥ったのが敗因の一つ。
本作もパワーアップ型のシューティングゲームなので
ミスって自機を貧弱な初期状態にしてしまうと、それはもう大変!!
周囲からワラワラと湧いて出る敵、敵、敵。
火力不足から敵を速攻で倒せないまま
敵弾も破壊できず回避行動が多くなるばかり。

ここから立ち直るのが一流のシューティングマニアなんでしょうけど・・・。

 アレスタに限らず、この手のゲームは
ミスからの回復が難しい傾向がありますからね。
まぁ、そこが面白い所と言いますか
プレイヤーの腕の見せ所でもある訳ですが、それ相応の努力は必須。
ゲームに慣れてきてパワーアップした状態で突き進めるようになってくれば
爽快感を存分に味わえるってことですよ。

 冒頭にも書きましたが
当時は熱い戦いを楽しめるゲームでありましてデキは良好。
友人と交代でプレイしたのも良い思い出です。
ジャンルに係わらず
そんなゲームと再び巡り合ってみたいものでありますなぁ。







この記事へのコメント
コンティニューが無制限なら努力次第でクリアも可能かもしれませんね。
ただ、何故か自分にはクリアできる気がしませんw
とりあえず、熱い戦いは堪能できそうな気はしました。
Posted by 二条ジョウ at 2012年02月15日 01:30
パワーアップしていれば、俺最強じゃん!!ですけど、ミスしてパワーアップを失ったら悲惨ですよ。
対処しきれなかったら敵に囲まれ逃げ惑った挙句にミスの連発であります。
もっと集中力が持続すれば、まだ少しはマシになるんでしょうけど無念です。
Posted by 管理人 at 2012年02月15日 21:41
自機をパワーアップさせるシューティングゲームは一回やられたらキツイですよね
パワーアップしている時はすごい楽しいのですが、落とされたらそのまま落とされ続けてしまいます………。
しかし動画の人とても上手いですね!
Posted by スターマン at 2012年02月17日 19:44
マーク3ですか…。
管理人さんのライブラリーの豊富さにはいつも驚かされます。
昔のシューティングゲームは本当に難しいですよね。ザナックもそうですが僕はクリアしたことがありません。
でも最近の残機数や難易度が調整できるゲームはダラダラやるだけで、緊張感がないんですよね。
難しい問題です。
Posted by セガ大好き at 2012年02月17日 21:01
スターマンさん、そうなんですよ〜強い装備を失ったとたんに苦しくなって、頭の片隅にゲームオーバーの文字がチラチラ見えはじめてきます。
残念ながら動画の人と同じようにできませんでした。

セガ大好きさん、ミスしてもその場復活に加えて、コンティニューも無制限でその場復活のゲームだと力押しでクリアが可能になるので緊張感がなくなってしまいます。
その点アレスタはコンティニューするとステージの最初に戻されるので、その手が使えないんですよ。
おかげさまで私もまだ全クリアしておりません。
Posted by 管理人 at 2012年02月18日 20:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/251924530
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。