ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











コントローラ漂白、経過報告 其の弐。


 今回は昨年に実践したコントローラ黄ばみ取りの経過報告第2弾であります。
前回の経過報告では、「 消えたはずの黄ばみが復活の兆しを見せる 」という
受け入れがたい現状を目の当たりにして頭の中が真っ白に・・・。

しかし、一つの事例だけで判断するのは禁物。

そこで、同時期に漂白した「 他のブツ 」を観察することにしました。

そのブツとは
・セガサターン用、ホリパッドSS
・PC−FX用、純正コントローラ
・ゲームキューブ用、ワイヤレスコントローラ ウェーブバード受信機。

漂白したのは昨年の8月中旬なので、現在5ヶ月経過。
これら3つの状態がどうなっているのか?
順を追ってご報告いたしますぞ。

 ※ 念のために復習しておきますと
ABS樹脂を漂白(黄ばみ取り)するのに必要なのは
1.過酸化水素水
2.漂白活性化剤
3.紫外線
つまり、漂白活性化剤入りの酸素系漂白剤に浸けて天日干しすればOK。

 まず、漂白したブツの保管場所について説明しておきます。
1.物置台と化したテーブルの上。
直射日光は当たりませんが、カーテンを開けると
日中は窓から光が入りますし、夜間は蛍光灯の光が当たります。
2.光が入らない棚の中(暗所)。
扉を開けない限り真っ暗闇の世界です。

明るい場所(直射日光は当たらない)と暗所に分けて置いたわけですが
どのように置いたかというと
ホリパッドSSとPC−FXコントローラを
両方とも1ヶ月間明るい場所に置いた後
ホリパッドSSを暗所に移動。
ウェーブバードの受信機は暗所に閉じ込めたままにしてみました。

↓ ローコストで製作されたホリのセガサターン用コントローラ。

hiyake01.jpg

↓ アニオタ御用達、PC−FX用コントローラ。

hiyake02.jpg

 ところが、管理人痛恨のミス。
一番最初に漂白したコントローラの
黄ばみの取り効果が絶大だったため喜び勇んで狂喜乱舞。
黄ばんだ状態の写真を撮るのを、すっかり忘れておりました。
従いまして、上の写真は漂白後の姿になります。

 さて、状態に変化が現れたかどうかですけど
数日で変わった場所があったんですよ。
写真では分かりづらいと思いますが、ココです。

hiyake03.jpg

このPC−FXコントローラのコネクタは
一目で分かるほど片側が黄ばんでいたのに
漂白しなかったのにも係わらず黄ばみが薄くなったのであります。

紫外線はABS樹脂の黄ばみ消しに必要な要因の一つ。
だとしても、直射日光は当たっていないのに
黄ばみが薄くなり目立たなくなってしまったのです。

う〜む・・・?
場合によっては、反射光や蛍光灯の光でも
黄ばみが薄くなる(消えたわけではない)ことがあるようです。
これにはチョッとビックリですぞ。

 肝心のコントローラの様子を見てみると
テーブルの上での1ヶ月間では変化なし。
暗所生活1ヶ月のウェーブバード受信機も変化は見られません。
※ もしかしたら肉眼で識別できないくらいの
小さな変化はあったかもしれませんが。

 では、引き続き観察を続行します。
FXコントローラは明るいテーブル上に鎮座したままで
ホリパッドSSは暗所へ移動。
ウェーブバード受信機はそのまま暗所にて保管。





そして時は流れ、年が明けて2012年1月。
結果発表であります。

☆ ウェーブバード受信機に黄ばみカムバック。

hiyake04.jpg

写真だと分かりづらいですが、左側面(写真では上面)に
少〜し黄ばみらしき変色が見られます。
でも、目立つほど黄ばみは進んでおらず程度は軽いです。

☆ ホリパッドSSは、黄ばみらしきモノは見当たらず
現状での結果は良好であります。

☆ PC−FXコントローラは、天面が微かに黄ばみっぽいようですが
遠めに見れば気付きにくい程度なので今のところは大丈夫かな。

ただ、これが1年後、2年後となるとどうなるのか?
神のみぞ知るってところでしょう。

 ところで、一番最初に漂白した電車でGOコントローラはスゴイですよ〜。
※ 写真を撮った日の時間や天候など室内の条件の違いにより
色合いなど写り具合が変わっております。

hiyake05.jpg

1.漂白前。
2.漂白直後。
3.漂白から約10日後。
4.現在。
ご覧のように、順調に黄ばみが進行しております。
色が白いヤツは黄ばみやすいというか、黄ばみが目立ちますね。

 要するに、コントローラなどのABS樹脂を漂白したとして
黄ばみが戻るかどうか、戻ったとして どの程度なのか
やってみないと分からないってことですよ。
上記の例でも、現在5ヶ月経過して
一部を除いて黄ばみの程度が軽いわけですし
黄ばみが酷くて我慢できないくらい見苦しければ
試しに一度漂白してみる価値はあるでしょう。

再び黄ばんだら黄ばんだで仕方ないと腹をくくってやる。

何事も、多少のリスクは付き物ですからね。
と言うことで、また漂白したくなってきましたぞ。
温かく晴れた日が続く季節が待ち遠しいです。




この記事へのコメント
経過観察及び報告お疲れさまです。

そもそも黄ばみに個体差があるのはどうしてなのでしょうね?
不思議です。

僕のマーク3で試してみようか検討中です。
Posted by セガ大好き at 2012年01月23日 22:36
実は私もこれまでのsergeantさんの記事を見て色々とやってみたんですよ。
ただ、ここ最近日差しが無くて天日干しにしてもいまいち効果が現れなくて現在進行形で、天日干しにしていますがw

しかし、本当に不思議なものですよね。
私にはどう言う仕組みでどうなっているのかいまいち良く分かりませんが、非常にためになります。

二番煎じですが、記事がまとまったら私の方の経過も載せたいと思います。
Posted by 二条ジョウ at 2012年01月24日 01:21
セガ大好きさん、保管状態の違いなど、いくつかの要因が重なって個体差が出るんでしょうけど詳細は不明であります。

美白効果がどのくらい続くかはやってみないと分からないので賭けになりますが
黄ばみが酷くてどうしても気になるようならマーク3を漂白するのも良いでしょう。
でも、色が白いのはリスクが大きいように思います、そこのところをお忘れなく。

二条ジョウさん、漂白を実践中でしたか。
日照時間でも効果に差が出るんでしょうけど、黄ばみにも個体差があるのが不思議です。
黄ばみをなんとかしたいと思う気持ちはよく分かりますよ。
良い結果がでることをお祈りいたします。
それと経過報告もよろしくお願いします。
Posted by 管理人 at 2012年01月24日 20:01
この黄ばみ取りは素晴らしいと思ったのですが、多少戻ってしまうみたいですね。
でも写真の電車でGOのコントローラーの1と2の変わりようはすごいですね!
もはや新品にみえます。
黄ばみは戻ってしまいますが、管理人さんのいう通り試してみる価値はありますね。
Posted by スターマン at 2012年01月25日 23:15
個体差があるので断定はできないけど、漂白するとしても黄ばみが復活するリスクを伴うことを承知のうえで行うべきです。
結果は、後のお楽しみに取って置きましょう。
Posted by 管理人 at 2012年01月26日 19:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。