ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











北斗の拳 新世紀末救世主伝説(MD)


◆1989年度作品 ◆発売元 セガ
◆ハード メガドライブ ◆ジャンル アクション

 大ヒットコミック 『北斗の拳』 をゲーム化。
舞台設定は、「ラオウ」が倒された後の世界で
登場人物は、成長した「リン」と「バット」、賞金稼ぎの「アイン」に
天帝を守護する元斗皇拳の「ファルコ」といった面々で
アニメ「北斗の拳2」と同じ。

現在でも「ケンシロウ」人気は衰えを知らず、家庭用ゲームだけでなく
パチスロに起用された事も、まだ記憶に新しい・・・・・やっぱ古いか。
とにかく、キャラクター人気依存型ゲームって事ですか?

 ゲーム内容は
第一章から始まり第四章まで(第三章から修羅の国へ舞台は移ります)
各章ごとにアクション面とマップ面があります。

アクション面では、パンチ、キック、ジャンプもしつつ、敵を倒す。
Hokutonoken04.gif
 北斗神拳は無敵だ!

このゲームのメインで、敵と戦います。
ライフが0になるとゲームオーバー、ケンシロウは一人しかいないのです。

画面一番下のパワーアップメーターは、敵を倒すと少しずつ長くなり
ある程度長くなると(後の章に行くほど長さが必要)
ケンシロウがパワーアップ!
攻撃力、防御力が上昇し、上着がちぎれ飛び、技が変化します。
ホントに強くなりますよ、この状態は。

マップ面では、他の場所へ移動します。
Hokutonoken01.gif

矢印を行きたい方向へ向けてからボタンを押して決定。

中ボスやボスのいるエリアもあります、手強い!!
また、一度行った場所に、何度でも行けますが
行く度にザコが襲いかかってくるのでウザイです。
仲間のいるエリアに行くと、パワーアップできる場合もあります。
そして、ボスを倒せば、次の章へ移動できます。

 本作、北斗の拳をプレイした感想は
ゲーム進行が かったるいと感じることです。
マップ画面での移動もそうですが
何が何処にあるのか、何処でパワーアップできるか、回復できるのか
だから、どの順番で行けば効率がいいかとか
自分なりの攻略コースを組み立てるのを
楽しい思えるか、面倒と思うかが 運命の分かれ道。

対ボス戦のアクションでも同様に、かったるく感じます。
ケンシロウがキビキビと動かないし、動かしにくい。
Hokutonoken03.gif
 なんか やりにくいなぁ。

どうすればこちらの攻撃がボス(中ボス含む)にヒットするのか
分かりにくいので、それだけで難易度が跳ね上がっています。
おかげさまで、第一章からハードですよ。

ケンシロウをパワーアップさせれば楽に闘えますが
そのためには、一度通ったエリアを何度も往復して
ザコを倒しまくる必要性もでてきます。
経験値稼ぎみたいな事をしてまで、プレイするのは
ハッキリ言ってダルすぎます。

かと言って、パワーアップしていない状態だと
初心者やアクションが苦手な人にとって 中ボス戦ですら
途中で投げ出しそうなほどに辛い闘いになります。
難易度 云々だけの問題ではないと思います。

だって、やりにくいんだもん。 凸(´口`メ)
爽快感が足りません、操作性は大事だよ〜。

攻略法は自分でじっくりと探せと言うのでしょうか?
それは分かりますし、極力自力で探すべきです。

しかし、しか〜しですよ

それにしては、ゲームオーバーになれば、その章の最初から やりなおし
ボスに負けた時ぐらいは、回数を制限してでも
その場でコンティニューできるようにする。
これぐらいの配慮は欲しかったなぁ、セガさん。

少しぐらいキャラがでかくても、それだけじゃぁダメ。
本作の作りから判断すると
北斗神拳で思いっ切り暴れたい、格闘思考の人なら
不完全燃焼で終わってしまい、スッキリしないのではないだろうか。
あと もう少し気分よく操作できたら、良い方に化けてたかもしれない。

「敵を倒す爽快感をもっと重視して製作していただきたかった」。
難しい注文だとは思いますが、これが管理人の正直な感想です。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24425014
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。