ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ガンブレイズS(SS)


◆1998年度作品 ◆発売元 キッド
◆ハード セガサターン ◆ジャンル ロールプレイング

 19世紀のヨーロッパを舞台にしたロールプレイングゲーム。

gunblaze01.gif

コルト、レミントン、S&W、ウインチェスターなど
実在する銃器メーカーのハンドガン、ライフル、ショットガンを
主力武器として敵と戦うコマンド入力式のRPG。
 ストーリーは
売れない探偵の「 マーク 」が
偶然出会った少女「ジュエル」や仲間たちと共に
謎の秘密結社「 薔薇十字団 」の野望を阻止するという
ロープレでも、一応は王道と呼べるものになっております。

ストーリーは王道だとしても
はてさて、ゲームの方はどうなんでしょうね〜。
以降、かいつまんでご説明したいと思います。

 本作は、大きく分けて
ショップやダンジョンなどの行き先を
指定する(選ぶ)だけのマクロマップモードと
実際にキャラを操作するキャラクターマップモードからなります。
行き先によりキャラクターマップ上で
ストーリーデモが流れたり
キャラクターとの会話(情報収集と言うよりもフラグ立て)
ダンジョンで敵と戦ったりするわけです。

 ゲーム前半は、街も人も荒廃したイギリスのロンドン。
見た目にも冴えない主人公が一枚絵にて登場であります。
セリフは音声でも流れますが、口パクすらなく動かざること山の如し。

gunblaze02.gif

少女が襲われている現場に遭遇し、事態が思わぬ方向に・・・。
この少女こそ首領と幹部が女性で構成されている
薔薇十字団の世界征服の鍵となるアイテムを
奪って逃走したため追われる身となったヒロインのジュエルであります。

gunblaze03.gif

しかも! 上下スクロールで露な下着姿を晒すヒロイン。

 そうなんです、このゲーム。
ゲームの進行上、味方キャラのちょっぴりHなグラフィックが拝めたりとか
薔薇十字団の幹部との戦闘に勝てば、ちょっぴりHなグラフィックが拝める
エロゲーの要素が含有されているのであります。

どうやら、PCのエロゲーを移植したもののようですが
本作はセガサターンの推奨年齢18歳以上のレーティングなので
露出度を低〜く抑える修正がなされているのは確実。
真に遺憾ながら、この点では
世の男性諸君の期待には、とても応えられないデキになっております。

「 なんでX指定で出してくれなかったんだ。」などと言っても後の祭り。
下着姿だけでは萌えませんぞ・・・いや、それ以前に背景無いですし。

仕方ありません。
ちょっぴりHなグラフィックは諦めて、次に期待しようではありませんか。

gunblaze04.gif

画像左、ロンドン市内。
このシーンではストーリーが進行中。
その後、イギリスから船に乗ってドイツへ渡ります。
この場面に限らず、全体的に会話が冗長なうえ
あまり洗練されていない素人っぽいセリフ回しが多いんですけど・・・。
画像右、ロンドン郊外にある迷いの森。
いわゆるダンジョンってやつです。
歩いてると次から次へと敵が出現!!
エンカウントの確立が高めなのでウザイんですけど・・・。

真に遺憾ながら、セリフや敵の出現率でも困ってしまいましたぞ。

 で、こちらが戦闘画面。
基本的なゲームシステムは、よくあるタイプで
敵を全滅させて経験値とお金をゲット、定番です。

gunblaze05.gif

敵を選んで銃で撃ちますが、仲間の竜馬は刀で敵をなぎ払います。
キャラの状態回復は、安心のアイテム買いだめでOK。
弾も消耗品なので買いだめしておくとして
時々銃が暴発して壊れるので銃も予備を買うのが鉄則だったりします。

また、買った武器や防具を装備したり回復アイテムを使うわけですが
真に遺憾ながら、ユーザーインターフェースのデキが芳しくなく操作性に難あり。
さらに、建物やダンジョンの出口(または入る時)にキャラを移動させたのに
反応せずに出口から出られず、少し引き返してからやり直した事もしばしば。
真に遺憾ながらの連発って、オイオイ。

 しかも、サターンのゲームの割には
全てにおいて本作のグラフィックはショボく
メガドライブのゲームと見間違ってしまいそう。

ん? それじゃメガドライブに失礼ですか。

多くの点でストレスを発生させる要因を感じたのは残念。
ダンジョンの数も少なく、ボリュームの少なさを
会話シーンのセリフの量でカバーしてさえも?
プレイ時間は10数時間あればクリア可能でなゲームであります。

粗の目立つガンブレイズSですが
犯罪が多発し荒んだロンドンの街のダークな雰囲気といい
本作の世界観は、なかなか良いと思ったのは事実でして
もう一歩・・・もう二歩か三歩くらい突き詰めていけば
けっこうイイゲームに化けた可能性も否定できません。

まぁ、しかし
作り手にその気がなければ、どうしようもなく
些細なエロとショボショボのグラフィックで
そこそこの完成度に作り上げたロールプレイングの本作は
中途半端に妥協した産物なのだろうか。
メーカーにはメーカーの事情ってもんがあるんでしょうが
定価で買ったら泣きをみるゲームなのは間違いなしです。

・・・でも、激安で買えばそうでもなかったりします。
ええ、もちろん私はクリアしましたよ。
グラフィックがショボかろうが
操作性が悪かろうが
値段相応なのだと自分に言い聞かせればよいのです。

その程度の障害など、エロの前では霞んで見えますぞ。



真に遺憾ながら、そのエロも希薄でしたが。(半泣き)

皆さまにおかれましては
強く賢く楽しいゲームライフを満喫されるものと信じ
これをもって本年度最後の記事といたします。

良いお年を。




この記事へのコメント
このゲームの存在は知りませんでした。

それにしてもセガサターンの「X指定」ありましたね。懐かしいです。

どうもギャルゲーが多く発売されるようになると、そのハードは終焉を迎えるような気がします(セガサターン・PCエンジン等)。
メガドライブはその傾向も無く終焉となりましたが…。
残念です。
Posted by セガ大好き at 2011年12月26日 23:34
一応形になっていますが洗練されておらず作り込みが甘いゲームって感じだったのに
意地でも最後までプレイした私は物好きなんだな〜と改めて思いました。

ギャルゲーの比重が高かったSSやPCE、漢を貫き通そうとしたMDも引退して久しいです。
これも時代の流れなんでしょうけど。
Posted by 管理人 at 2011年12月27日 19:12
これは、初めて見ました。
よもやサターンのえっちぃ系ゲームで見落としがまだあったとは・・・。

しかし、定価で買っていたら泣きを見ていたゲームとは、知らなくて身の為だったかもしれませんねw

ホントはちょっぴりやってみたくもありますが。
Posted by 二条ジョウ at 2011年12月28日 01:22
つまりサターンのえっちぃ系ゲームは見落としのないくらい買い漁っていたと解釈してよろしいですか。
流石です、参りました、師匠と呼ばせてください。
それはさておき、自分が買った時は1000円弱だったのでダメージは軽微でした。
激安ならコレクションの一つに加えるのもありだと思いますよ。
Posted by 管理人 at 2011年12月28日 18:20
プレイ時間は10時間程度でクリアできるとは。
そしてエロスも中途半端ですか(笑)
確かに定価で購入していたら泣きを見ますね。

それでは来年も楽しみにしています!!
良いお年を!!
Posted by スターマン at 2011年12月28日 21:37
重厚長大なRPGをプレイする時間的余裕のない忙しい人にピッタリのゲームです。
お一ついかがですか?
などと、人に勧めるのは人の道に外れる恥ずべき行為・・・とまでは言いませんが
難易度も低くシンプルなので、お手軽なゲームではあります。

来年もできるだけ変なゲームとかマイナーなのも取り上げていきますのでお楽しみに。
Posted by 管理人 at 2011年12月29日 18:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/242382762
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。