ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ストリートファイター リアルバトル・オン・フィルム(SS)


1995年 発売 カプコン セガ サターン

ハリウッド映画 『ストリートファイター』 に出演した俳優を
実写取り込みで作り上げた対戦格闘ゲーム

この映画はタイトルを見れば一目瞭然。
超ヒットした日本のゲーム 『ストリートファイターII』 を
映画化したもので、アクション俳優の
ジャン・クロード・ヴァン・ダムが主演し、ガイルを演じています。

本作は、海外仕様のゲーム『ストII』と同様に
映画でも登場人物の名前が一部変更されていて

ベ  ガ → バイソン
バイソン → バルログ
バルログ → ベ  ガ に変わってしまいました。

ベガは、あちらでは、どちらかと言えば女性的な名前らしく
ボスの外見と合わないと判断したのでしょう。
そして、バイソンはアメリカに実在した
名前の似ているプロボクサーに配慮して却下。
(暴力事件でも有名な マ○ク・○イソン氏である)

さて、ゲームに登場するキャラは14人+α。
スーパーストリートファイターIIの総勢16人と比べると
この中から、ダルシム、T.ホーク、フェイロンの3人が消えましたね。
代わりに『キャプテン・サワダ』が参戦、+αの1人も入れると
合計15人の個性的なファイターが揃いました。

余談ですが、実写でダルシムの手や足が伸びるのを是非見たかった。
残念ながら今回、彼は出場停止です。


 ジャジャーン!!

突然ですが、今、この記事を読んでいる人へ【特別企画】です。

 時間無制限の3本勝負! バシッ(;°◇°)ノ☆() ̄o~)アゥゥ

リアルバトル・オン・フィルムに登場する
キャラクターの名前当てクイズを行います。
考える時間のある人も、ない人も ちょっと覗いてってくださいな。

それでは、5人一組で問題を出します。

以下の人物の名前を答えてください。
 
※ 画像をクリックすると大きく表示されます。

ラウンド1 余裕で正解できるでしょう。
street 01.jpg

ラウンド2 誰だか判りますか。
street 02.jpg

ラウンド3 右端が+αの人物
street 03.jpg

右端はモノクロで画像が乱れてるから判りにくいですか?
それではヒントをだします。
street06.gif
 これです

 ちょんまげ男の後姿


答えは 閑古鳥の鳴く別館に 裏版と共に書いておきましたので
答え合わせ、または裏記事に興味のある人は
どうぞ 行っちゃってください。

クイズはこれで終わりにして本題に戻ります。


このゲームは実写取り込みだったので、
買う時に一抹の不安がありました。
イロモノなのではないだろうか?
もし、○ソゲーだったらどうしよう。

そして、いざプレイしてみると
street 04.jpg

意外に 「想像していた物より、まともじゃないのかな」
この画像を見る限りでは普通に見えます。

ゲームモードも
ムービーバトル、ストリートバトル
バーサスバトル、トライアルバトルの4つあり
最低限の数は確保されてます。
ストリートバトルが対COMの勝ち抜き戦で
遊ぶのは、こっちがメインになるでしょう。

スーパーコンボゲージを使った、いわゆる『超必殺技』も
コマンドが複雑だけど、うまく決まれば面白いと思えます。

しか〜し、「操作性も悪くはないし、けっこうイケるかも」と
思った矢先、色々と見えてくるものがありました。

キャラクターパターンが少なく、動きがぎこちない。
イロモノ要素が、そこかしこに散りばめられている。
まぁ、イロモノは自分の期待に答えてくれたと解釈できますが
決して褒められる物でもないです。

ストIIシリーズとは、一線を画す『別物』であることを
頭の隅に覚えておきましょう。

 
オマケの裏技コーナーは、「ちょんまげ男」の出し方です。

ムービーバトル以外のモードを選択して
キャラクター選択画面まで進める。
素早く ↑、B、↓、Z、→、X、←、Yの順番に押す。
画面に表示されたら C で決定。


今回は、閑古鳥の鳴く別館と連動企画なので
この続きは ↑ クリックしてからのお楽しみ。
管理人の本気モードがウザイ裏版に 乞御期待(死語)。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。