ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











アンチャーテッド 砂漠に眠るアトランティス(PS3)


◆2011年度作品 ◆発売元 ソニー・コンピュータエンタテインメント
◆対応ハード プレイステーション3 ◆ジャンル アクションアドベンチャー
◆CERO D

 古代の謎を解読しつつ敵対する組織と多勢に無勢の戦い。
映画も真っ青の冒険活劇浪漫がプレイする者を虜にする
アクションアドベンチャーゲーム。

uncharted3-01.gif

エル・ドラドの秘宝、黄金刀と消えた船団に続くシリーズ第3弾。
ボヤキ癖のある主人公「 ネイト(ネイサン・ドレイク)」と
ダンディなスケベジジイ「 サリー(ビクター・サリバン)」の
名コンビの活躍が冴え渡る待望の新作であります。

今回の冒険は、フランシス・ドレイク卿の足跡を辿りながら
幻の古代都市を捜し求めるというもの。
ネイトやサリーにとって20年前から因縁のある
イギリスの秘密組織を敵に回して各地を飛び回りますぞ。

 本作もご多分に漏れずアクションアドベンチャーゲーム。
移動や探索、謎解きに労力を費やす傍ら
遭遇した敵と戦い殲滅する合間に
適宜にムービーシーンが入る形になります。

ゲーム開始時は、データの読み込みで待たされますが
ゲームが始まってしまえば、せいぜい
たまに一瞬止まることがある程度なので
ほぼノンストップで冒険を続けられるのもイイですね。

稀にPS3がフリーズして動かなくなることもありますが
ここら辺もシリーズ共通の仕様になってますよ〜って・・・ヽ(ー_ー) オイオイ。

 ↓ とりあえず、次の目的地に移動中。
エキゾチックな街の雰囲気が旅情をそそります。

uncharted3-02.gif

本作でも美麗なグラフィックは健在。
さらに、全体を通して演出面もグレードアップ!!
ハラハラドッキドキの手に汗握るアクション映画を
自分の手で演じさせているような感覚は相変わらず。
ゲームに映画的な手法を取り入れたと言うよりも
映画をプレイすると言ったほうがシックリくるかも。

 で、本作で最も注意力を要求されるのが敵との戦闘。

uncharted3-03.gif

画像左、いつもの後方視点にて射撃中。
画像右、スコープ(望遠照準器)付きの銃でズームアップ。
主人公の姿が見える三人称視点の
サード・パーソン・シューティング(T.P.S.)の戦闘は
F.P.S.よりも3D酔いしにくいので助かっております。

見覚えのない武器があったので武器も増えてるみたい。
火攻め水攻め何でもござれの多彩な舞台で
プレイヤーの技量が試されますぞ。

uncharted3-04.gif

画像左、本作から使用頻度が上がった格闘戦。
銃撃がメインなのは変わりませんが格闘する機会が多くなってます。
敵に気づかれずに背後から襲う一撃必殺のステルス攻撃も継承。
また、敵が投げた手榴弾を投げ返せるようになりました。
画像右、宙ぶらりんのネイト君。
壁だろうが崖だろうがドンドン登って行ける腕力と握力は超一流です。

 さて、本作は
シリーズ定番の謎解きと壁登りアクション。
どこから撃たれるか油断ならない銃撃戦。
これらの基本的なシステムを受け継ぎつつ演出面を強化。
映像技術も高く細部までこだわりを持って製作されているのが分かります。

少年時代のネイトとサリーの出会いのエピソードを含め
2人の絆に焦点を当てたストーリー展開になっており
古代都市に行き着くのは、この2人と秘密組織の方々。

そして、遺跡の謎解きでは敵を出し抜いて先に目的地に辿り着くとか
ネイトたちを倒そうとするが逆に返り討ちにあい武器を奪われる敵。
さらに冒険活劇映画でもお馴染みのお約束の数々を網羅。
なぜか安心の、よく見るパターンってやつですね。
 ※ ここにツッコミを入れるのも楽しい。

3作目ともなるとマンネリ感も無きにしも非ずだけど
高い評価を受けた前作の黄金刀と消えた船団と比較して
グラフィックと演出が良くなっているのは確かでしょう。

でも1作目から2作目への進化の度合いが大きかったのに対し
本作はマイナーチェンジくらいの変化ですかね。
ストーリーモードは宝物くらいしかやり込み要素がないし
その他諸々、物足りなく感じる部分があったりして
プラスマイナスで差し引きすると・・・・・?。

それでも、細かいことは言いっこなし。
十分に楽しめるのだけの実力の持ち主なのは確か。
オンラインのマルチプレイや協力プレイ(画面2分割でオフライン可)は
プレイすればするほど使えるキャラを増やせるなどの やり込み要素が盛り沢山。

ムフフフフ、集めたくなる衝動に駆られますぞ。

特別に大きな進化は無かったけど
アンチャ好きならプレイする価値ありでしょう。







この記事へのコメント
このゲームはグラフィックがとてもきれいですよね。
しかも本当に映画の主役になった気分になれますね。
………スゲェ。
Posted by スターマン at 2011年11月15日 21:58
映画の主役を自分の手で動かす楽しさがあります。
ところで、動画みたいに上手に動かせたら最高なんだけど、そう簡単に真似できれば苦労はないですね。
Posted by 管理人 at 2011年11月16日 19:06
コレわりと最近出たアンチャですね。
さすが仕事が速いです!

私もPS3を手に入れたのでそろそろアンチャに乗りだしまようかね。
タイムクライシスとかその辺も欲しいのですが、意外に手に入れてから欲しいのがどんどん増えてきます。。。
Posted by 二条ジョウ at 2011年11月19日 00:25
ココはチョッとなぁ・・・と感じるところもあるにはありますが、全体的に安心してプレイできますよ。(2作目も押さえておけば完璧です。)
本体を手に入れるとソフトにも目が行くようになるから欲しいのが増えるんでしょう。
日本の景気回復のためバンバン買ってあげてくださいませ。
Posted by 管理人 at 2011年11月19日 19:50
こうゆう新作の記事もこのサイトでは新鮮でいいですねw
自分はこれの一個前と今世間で叩かれている(笑)
vita版のふたつをやりました
シリーズを通して低価格なのが嬉しい限りです。
Posted by SHU at 2012年01月10日 15:44
フリーズやら画面の染みやらのトラブル・・・挙句にモンハンを3DSに取られて弱り目に祟り目のvitaちゃん版をお持ちなんですね。
売れることを見越してでしょうけど低価格なのも小遣い少ないので助かります。
Posted by 管理人 at 2012年01月10日 19:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/234889548
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。