ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ゲッターラブ!!(N64)


◆1998年度作品 ◆発売元 ハドソン
◆ハード NINTENDO64 ◆ジャンル 恋愛シミュレーション&パーティ

 妨害工作とバトルで恋のライバルを蹴落とし勝者となれ。
今までのゲームとは切り口がチョッと違う、ちょー恋愛パーティゲーム。

getter-love01.gif

女の子を口説く恋愛シミュレーションゲームと
多人数プレイで盛り上がりをみせるパーティゲームを合体。
ハドソンが渾身の力を込めて? 世に送り出した一品であります。

 4人の高校生が2週間の期限付きでナンパ勝負!!
誰が一番最初に彼女をゲットできるかを競いますぞ。

 ゲームモードは4つ。

・スペシャルイベントの収集など
コレクターならば思わず続けてプレイしたくなる
やり込み要素で抜け目のない1人プレイ専用「 ひとりでノーマルモード 」。

・ひとりでノーマルモードと内容はほぼ同じですが
最大4人まで対戦可能になった「 みんなでノーマルモード 」。

・1人の女の子を全員で狙う「 みんなでヒロインモード 」。
最大4人まで対戦可能です。

・このゲームに登場する女の子全員の
ラブラブポイントの合計を競う「 みんなで人気競いモード 」。
こちらも最大4人まで対戦可能。

参加する人数分のコントローラをご用意いただければ
泥沼のような・・・もとい
我ら青春真っ只中!?
清々しさに溢れた恋愛バトルがテレビ画面に映し出されることでしょう。

 まずゲームを始める前に
プレイヤーキャラのメイキングを行います。
本作の進行役でもあるイタリアの種馬・・・もとい
留学生の「 アルフォンソ 」の質問に答える形で進みます。

プレイヤーキャラの名前を入力。
ヘアスタイルを8つの中から選択。
会話の語尾を8つの中から選択。
性格のタイプを3つの中から選択。

 自分の分身が完成したら、いよいよゲームスタート。

主人公らのパラメータは「 容姿 」と「 体力 」
そして買い物やデート代に使う「 オカネ 」。
行動内容により、それぞれ上下します。

1日は、昼、夕方、夜の3つに分かれており
その都度、マップをよく見て
公園、学校、喫茶店、百貨店などなど、行きたい場所をチョイス。
1P〜4P全員の入力が終わると移動を開始し
目的地に着いた順番に何らかのイベントが発生したりしなかったり。
女の子と知り合いになれたら次はデートに誘うのぢゃよ。

getter-love02.gif

 マップ画面を移動するのは主人公ら4人の他に
7人の美少女と1人のお邪魔ギャル。
移動先でバッタリと出会えるといいんですけどね〜。
 ※ お邪魔ギャルのレイカは避けるが吉。
でも、画面はゴチャゴチャした感じで見づらい印象を受けます。

また、買い物ができる場所では
ライバルを妨害できるカードや女の子へのプレゼントを購入できますし
同じ場所でライバルと遭遇したらバトルもできます。
バトルでは4つのミニゲームのいずれかで対決して
勝つと相手のアイテムなどを一つ奪えますぞ。
3人のライバルを押し退け勝利を目指そうではありませんか。

getter-love03.gif

ちなみに、1P=赤、2P=青、3P=黄、4P=緑。
誰のイベントなのかを色でも識別できます。

 昼、夕、夜の3回行動したらニュースのお時間。
女の子たちの、それぞれのプレイヤーに対する
ラブラブポイントのチェックや
攻略のアドバイスが聞ける重要な情報源になっております。

 これらを繰り返していき
お目当ての女の子と仲良くなったら
誰よりも早く告白して相手がOKすれば
そのプレイヤーの勝ちとなりゲーム終了。

本作のゲームの流れは、こんな感じです。


 冒頭で書いたとおり「 ゲッターラブ!! 」は
恋愛シミュレーションとパーティゲームの
両方のゲーム性を兼ね備えたゲームになっております。

恋愛シミュレーションとしてはパラメータが少ないので
シンプルな分だけ調整自体は難しくはないけど
行き先でのイベントなどの状況次第では
アチラを立てればコチラが立たずで、何かを犠牲にすることもしばしば。

もちろん、お目当ての女の子の好みを把握して対処するのは
本作でもセオリーになっておりまして
いかに早い段階で軌道に乗せられるかがキモ。
なにしろゲームシステム上、早い者勝ちのルールですからね。

 ボードゲーム風のパーティゲーム部分は
運の要素も絡んでくるのは当然の仕様です。
また、移動速度の調節により
行きたい場所へ到着する時間を早めたり遅らせたりできるのもミソ。
これによりライバルとの駆け引きで
上手く立ち回れば面白さをアップさせることも可能でしょう。

 さらに、多人数でのプレイも可能なので接待用としても重宝しそう。
恋愛シミュレーション好きな野郎共が集まれば戦々恐々。
それはそれは親交を深めるにはもってこいのゲームになりえるかも?

プレイヤーの邪魔をするレイカに取り憑かれたら大爆笑。

getter-love04.gif

「 フフフ、2P ざまぁ 」

・・・・・と人の不幸を喜んでいた管理人でしたが
初動での出遅れが災いし、4Pが告白成就して敗北。

「 次こそは勝つ 」と再戦に挑んだものの
今度は自分がレイカに取り憑かれる悪夢に苛まれるのでありました。

人を呪わばなんとやら、ですなぁ。







この記事へのコメント
全く知らないゲームだったので同作品のHP見てきましたっ!!

、、、、結構強烈ですね(汗)

え〜と、、お勧めはギャラリー第九回、一番下のイラスト。

、、、、苦情は受け付けません。
Posted by そうてん at 2011年10月25日 22:47
ん?気のせいかなぁ、このレイカ、前にもなんかのゲームに出てませんでした?
なんだか初めて見たとは思えないのですがw

・・・と思って過去の記事を見させていただいておりましたら、タイピングオンザデートにもこのレイカ出演していました!
すっかり忘れていましたが、まさかまたお目にかかれるとは思いもよりませんでしたねw
Posted by 二条ジョウ at 2011年10月25日 23:46
そうてんさん、わざわざHPをご確認いただきお疲れ様でした。
強烈と言いますか個性的なゲームは大好きなので気に入ってるんですよ〜。
それはそうと、お勧めがクチビルオバケとは・・・夢に出てきそうで怖いです。

二条ジョウさん、幸か不幸かレイカが記憶に残っていたようですね。
ゲッターラブから派生したDCのタイピングゲームでもレイカが大暴れ。
う〜ん、実はこういうキャラはけっこう好きなんですよ。
Posted by 管理人 at 2011年10月26日 19:40
恋愛シュミレーション&パーティー……ですか。
七人の美女と一人のお邪魔ギャル(笑)
レイカさんブスですね〜

それにしてもいろんな種類のゲームがありますね……。
Posted by スターマン at 2011年10月27日 16:25
後姿がビューティフルなレイカは、大金持ちの令嬢で
門から屋敷までの道が1Kmも続いている広大な敷地の豪邸に住んでいるそうです。

それはともかく、これからもいろんなゲームをやってみようと思っております。
Posted by 管理人 at 2011年10月27日 19:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/231672481
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。