ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











セガラリー・チャンピオンシップ(SS)


1995年 発売 セガ セガサターン

車が横にズルズルと滑る感触が、妙に心地良い
ラリーを題材にしたレースゲーム

車は「トヨタ セリカGT-4」、「ランチャ デルタHFインテグラーレ」と
隠しカーとして「ランチャ ストラトス」の計3台。
いずれも実在した車種を使用できます。
ゲーム中では、セリカとデルタは性能は同じで、ストラトスが
性能(操作性)が違っているようですね、小難しい印象があります。

コースはデザート(初級)、フォレスト(中級)、マウンテン(上級)と
隠しコースのレイクサイドの計4つ。
レイクサイドは道幅も狭く曲がりくねっているので難易度が高いです。

segarally02.jpg
 フォレストのターマック(舗装)コース
 グラベル(未舗装)部分もあり
 タイヤのグリップが全然違う。

 ※ 隠し要素はプレイし続けていれば、いつの間にか追加されてます。
    出すのが特に難しい物でもありません。
   
ラリーらしく車を横滑りさせながらドライビングするポイントが多く
特に路面がグラベルなら、ハンドルを切るだけでは
車が向きを変えてくれなかったりします。

もちろんスピードの出し過ぎなら、どうあがいても曲がりません。
アクセルを抜いたり、ブレーキングできっかけを作って
コーナーをクリアしていくドライビングが必要な場所もある事を
覚えておきましょう。
でも、自分で思ったように操作するのは、なかなか難しいですね。

それと画面分割による2人同時プレイで、人間同士の熱いバトルを
繰り広げるのも面白さの一つ。
しかし、それ以上に面白いのは、車が横滑りする感覚で
タイヤが土を弾きながらの(この音が好き)ズルズル感が
とにかく楽しいんです。
車を運転するのが楽しいゲーム、それがセガラリーです。
ただ、車種とコースが少ないのは不満ですが。

本作はシミュレータではなく、あくまでもレースゲームですが
上手い具合にゲームとしてデフォルメされた操作感と
実車ならこう動くだろうと思える微妙なリアルさ(微妙な所がミソ)を
感じるところもあり、間違いなく名作と呼ぶに相応しい作品です。

 ※ 裏技はこちらに書いておきました。
    ご利用の方はどうぞ。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。