ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











JJ(FC)


1987年 発売 スクウェア

サブタイトルに「とびだせ大作戦パートII」と書かれている通り
続編的位置付けのアクション・シューティング
記録メディアが、ディスクカードからカセットに変更され
グラフィックと音楽が一新された以外は、操作方法等
ゲームシステムは大体同じで、単なるマイナーチェンジ版になっている。
(十字ボタンの上下で、走るスピードを調節出来なくなった)

前作のポップで明るいノリから、薄暗く、ちょっぴりシリアスな
雰囲気に変わってはいるが、基本的には同じゲームであります。
JJ00.gif
柱に体当たりでアイテムを取るのも同じだし
アイテムの形は変わったけど、種類、効能も同じです。

JJ02.gif
 ボスのドラゴンを倒して勝利のポーズ

 雰囲気重くなったのに

 こんな所は軽いままです。


そうそう、このゲームは数少ない「3Dシステム」対応なのでした。
セレクトボタンで3Dモードに切り替えれば
立体映像が楽しめるスグレモノです。
テレビから飛び出して見えるのが最大の売りでしょうか?
しかし、目が疲れるのが最大の欠点ですが。

他に良い所は・・・・・・・そうですねぇ・・・・・

カセットなのが良い・・・かな。

ディスクシステムだと、時々、中のベルトを交換しないと
動かなくなりますが
ほぼメンテナンスフリーのカセットなら、故障しにくく使い勝手もよろしい。

前作の焼き直しなので目新しさを感じないし
余り褒める所は無いですが、仕方ありません。

 ※ 関連記事 とびだせ大作戦



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22593703
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。