ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ランドストーカー 皇帝の財宝(MD)


1992年 発売 セガ 開発 クライマックス

クォータービューにより表現された擬似3Dのマップが
斬新で素晴らしいアクションロールプレイング
決して多くないメガドライブのロープレの中でも突出した存在感がある。

キャラクターも魅力的で生き生きとしてます。
主人公でトレジャーハンターの『ライル』が
財宝の秘密を知っているため、追われる身となった『フライデー』を
パートナーとして「ノール王」の財宝を探しに「メルカトル島」へ赴く。
この島で繰り広げられる冒険活劇の数々。
行く手を遮るライバルを出し抜き、無事お宝をゲットできるのか?
全てはプレイヤーの腕にかかっています。

徹底的にこだわった、隅々まで立体的なマップ構成は
買い物するにも、欲しい商品を持ち上げカウンターまで運んで置く
教会でセーブするのも、セーブの本を同様に持ち運ぶ
ここまでやらなければならない仕様になっています。

面倒くさく感じますが、物を持ち上げ、置く(投げる)動作は
実は大変重要で、ダンジョンの仕掛けを解き先に進むのにも
必修のテクニックなので、自在に操れなければ話になりません。

このゲームは経験値を溜めてのレベルアップではなく
『命のもと』を取ることで主人公が強くなっていくシステムで
アクション要素がかなり強いです。
普通のロープレと違い、プレイヤーが経験を積んで
腕を上げる(レベルアップ)ことで、先に進めるようになります。

クォータービューなので、キャラの移動は全て斜め移動です。
Landstalker.gif
方向ボタンの斜めを押しながらの移動は、とっつきにくく
慣れるまでは、やりにくいです。
また、ダンジョン内でのジャンプ含めて全て斜め入力での操作であり
高低差のあるマップと相まって手強い難敵であります。
フライデーの尻に敷かれ気味の? ライルのアクションは
ジャンプ操作の成否で決まると言っても過言ではありません。

こちらに慣れるまでには、さらなる修練が必要で
アクションの苦手な人には、かなり厳しいゲームになるでしょう。
最大の敵はダンジョン内のモンスターよりも
むしろダンジョンの3Dマップの方だと思います。

難しい分だけ、その仕掛けを突破した時の嬉しさも、ひとしおで
やりがいがありますが、そう思えるのは
操作に慣れることが出来たかどうかに掛かっています。
慣れる前に挫折しかねない難易度の高さがあるので万人向けではないです。

しかし、その点をクリアできれば、膨大な仕掛け、罠が待ち受ける
立体パズル的ダンジョンが、ゲーマーの闘争本能に火をつけ
攻略にハマること請け合いです。
とっつきにくさが災いして、ライトユーザーからの評価は
パッとしないようですが、個人的には傑作だと思います。



この記事へのコメント
「コレ」印象的
Posted by あさかながもり at 2006年08月19日 17:52
個性的だから、人によって好き嫌いがハッキリ分かれるタイプかな。
浮遊床へのジャンプで何度落ちたことか o(;△;)o
Posted by 管理人 at 2006年08月19日 21:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22515511
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。