ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











コントローラ漂白、経過報告。(重要)


 2週間ほど前から始めた黄ばんだコントローラの漂白作業は
本日、3個目のコントローラを漂白剤から引き上げて
何度も水ですすいで洗い落とし
ティッシュで水分を拭き取って只今乾燥中であります。

黄ばみ取りの効果が絶大だったため
ついつい調子こいて3連続で漂白してしまいましたよ。

 しかし、手放しで喜ぶわけにはいきません。
心の中に一抹の不安が残ったままになっているのも事実。

前回の記事で
「 漂白して黄ばみが取れたとして、キレイな状態がいつまで続くのか?
せっかく漂白しても数ヵ月後には黄ばんでるかもしれないなぁ。」

「 もし状態に変化が現れたときは、ご報告したいと思います。」
・・・と書きましたが、早くもその時がやってまいりました。

 ※ 注意
 一部に管理人の憶測に任せた内容が含まれております。

 さて、黄ばみの最大の原因はやはり紫外線でしょう。
紫外線を浴びたABS樹脂は、やがてその部分が黄ばみはじめます。

ところが、面白いことに(悲しいことに)ですね
「 黄ばんでいない(ように見える) 」、あるいは、「 微妙に黄ばんでいる 」
ABS樹脂製品を、引き出しや押入れ、棚、箱の中等に入れて
紫外線(光)を遮った状態で保管しておいたとします。

「 紫外線を当てなければ、これ以上は黄ばまないだろう。」

素人考えだけど正解と思いたいし、そう願いたいところですが
現実には情け容赦なく黄ばみが進行していくのであります。

つまり、ある一定量の紫外線を浴びたABS樹脂は
暗所に保管すると、どんどん黄ばみが進行するってことです。

↓ こんな風に。

hyouhaku01.jpg

↓ 黄ばみはイヤだから漂白してみる。

hyouhaku04.jpg

↑ は、前回の記事の内容と重複。
ここからが今日の本題になりますぞ。

「 漂白したABS樹脂は、暗所に保管するとどうなるの?」

だったら試しにやってみるのが一番ですよね。

↓ 漂白した後、暗所に保管して10日経過。

hyouhaku06.jpg

写真では分かりにくいかもしれないけど、淡く黄ばんでおりますぞ。
 ※ 一口に黄ばみと言っても状態は様々だろうし
 漂白の仕方、漂白後の扱い方でも変わってくるかも?

このコントローラ1個だけで判断するのは早計ですが
中古で買ったゲーム機やコントローラが暗所黄変する様を
何度も見てきただけに、妙に納得してしまいました。


しかし、「なんだよ、漂白しても意味ないじゃん。」
・・・・・と、早合点してはいけません。

「 暗所に保管しなければよいのではないかな〜?」

逆に考えると、暗所に保管するから黄ばみが進行するとも言えます。
なぜそう思うのかというと

☆ リサイクルショップに陳列されている状態で
 黄ばんでいないモノ(あるいは黄ばみの程度が軽い)を
 買ってきて暗所に保管してたら黄ばみが酷くなっていた。

この事例から考えるに
リサイクルショップで中古品を買い取りして店内に陳列。

買い手が付くまで数ヶ月、場合によっては数年も
明るい店内に置きっぱなし。(箱入りのブツは除く)

ということは、明るい状態では黄ばみの進行は遅い。


☆ 前回の漂白記事で、黄ばみを取るのに必要なものの一つに
 紫外線があったのを思い出していただきたい。

ABS樹脂は紫外線で黄ばむが
黄ばんだABS樹脂に紫外線を当てると黄ばみが薄くなる。
ABS樹脂にとって紫外線は諸刃の剣なのです。

ということは、保管する場合
直射日光は論外として
日中に窓から入る反射光や夜間の蛍光灯などの光に含まれる
弱い紫外線を浴び続けていれば黄ばみの進行が遅くなる。

一概には断言はできないけど
このような推理が成り立つのではないだろうか。

・・・と勝手に結んでおりますが
使わない物をいつまでも置きっぱなしだと
埃はかぶるしチョッと邪魔になりますなぁ。

でも、紫外線に犯されていないABS樹脂なら
暗所に保管すればよいのだけど、それができないから困りモノ。

くれぐれも大事な物は紫外線(日光)に当てないように
・・・って思っても中古品は打つ手なし。
自宅で明るい場所に保管するしかないのか?

ということで、漂白した2個目3個目のコントローラは
暗所に保管せずにしばらく様子を見ることにしました。
また何か変化が現れたら、ご報告したいと思います。




この記事へのコメント
経過観察お疲れさまです。
誰もが黄ばんだゲーム機器の漂白を望んでいたと思いますが、なかなか難しいですね。
ところでABS樹脂はどうやって見分けるのでしょうか?
スーファミ本体はABS樹脂なのでしょうか?
Posted by セガ大好き at 2011年08月14日 21:03
ファミコンを押入れに入れっぱなしにして十数年後に再び見たら驚くくらい黄ばんでいた、なんて記事をよく目にしますが、どうやら気のせいではないようですね。
Posted by HAYATO at 2011年08月15日 02:06
セガ大好きさん、ケースバイケースで結果に多少の差が出ることもあるかと思いますが、黄ばみは一筋縄ではいかないようです。

分解すると内側にABSの表示があるものと、ないものがあるんですよ。
携帯ゲーム機の液晶を保護している透明なパーツは別として
私的にはABSの表示がなくてもゲーム機や周辺機器はABS樹脂が使われていると考えてます。

HAYATOさん、始めたばかりなので分からないことが多いです。
でも、店に置いてあったときには黄ばみが進まず(数ヶ月前から目を付けていた)
買ってきて引き出しの中に1ヶ月ほど入れてたら黄ばみが少し濃くなっていた。
ってことが1度や2度ではないですからね。
何らかの因果関係はあるはずです。
Posted by 管理人 at 2011年08月15日 18:10
これで黄ばみが取れるんですね!!
今度やってみたいと思います!!
……スーファミのRPGツクールがすごい黄ばんでいるのですがソフトはシールがあるので大変そうですね。
とりあえずコントローラーで試してみます。
Posted by スターマン at 2011年08月18日 17:13
確かに黄ばみは取れるんですけど、場合によっては再び黄ばみはじめるので
そこのところは覚悟して実行してください。
Posted by 管理人 at 2011年08月20日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。