ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











地獄めぐり(PCE)


◆1990年度作品 ◆発売元 タイトー
◆ハード PCエンジン ◆ソフト HuCARD
◆ジャンル アクション

 お釈迦様の命を受けた人間の坊さんが
地獄界の閻魔大王を懲らしめに行くアクションゲーム。

zigokumeguri01.gif

ファミコン全盛時代からお馴染みの
方向ボタン、攻撃、ジャンプのシンプルな操作で
当時を知る古参のゲーマーなら迷わずプレイできる
レトロ風味満点のサイドビューのアクションゲーム。
一丁目〜七丁目の全7ステージからなり
主人公の坊主「 覚蓮坊 」の地獄めぐりの旅が始まります。

zigokumeguri02.gif

 残機制で攻撃を喰らうと一発死するタイプのゲームで
魔破珠と呼ばれる珠を武器とし
敵に投げつけて倒すので実質的にはアクションシューティング。

忍者モノのゲームなら手裏剣だけど本作では珠。
珠をホイホイ投げて、しこたまぶつけてあげましょうかね〜。

この珠は投げると放物線を描くように飛び
床や壁に当たるとバウンドして跳ねて
一定回数跳ねるか敵に当たると割れます。

 アイテムを取ることにより
珠の跳ねる回数や連射数を増やせるのも特徴のひとつ。
壁に当たって跳ね返るなどして少しの間
画面内に珠が残る場合があり
運が良ければ跳ね返った珠で敵にダメージを与えることもできます。

・・・が、しかし
現在の連射数の分だけしか珠を出せないため
調子こいて撃ちまり珠が画面に残った状態になって
次の珠が撃てなくなることもしばしば。
運が悪いと丁度そのタイミングで敵と遭遇し衝突したりします。

連射スイッチをONにして爆進するのも考え物ですなぁ。

zigokumeguri03.gif

画像左、一丁目 荒寺の墓場
 本作では特定の場所に珠を当てるとアイテムが出るので
 とにかく投げて投げて投げまくるのであります。
画像右、二丁目 三途の川
 普通は三途の川は渡るもの。
 本作では川を下って(上って?)おります。

 アイテムの中には
特殊武器のスペシャル珠を撃てるようになるものもあります。
赤、緑、紫の3つのスペシャル珠があり
それぞれ最大で4個ストック可能。
アイテムを取るたびに珠が大きくなり
現在のストック数が分かるようになってます。

 また、一定時間経過するとタイムアップ。
タイムアップになると「 つるべえ 」か「 人魂 」が異常発生!!
つまりは、そうなる前にクリアしろってことですよ。

zigokumeguri04.gif

画像左、ゲームオーバーになると
「 こんてぃにゅう 」するかどうか聞かれます。
画像右、三丁目 火炎地獄
 このラウンドの最後にボス登場。

ちなみに、コンティニューは2回まで。
使い果たすと正真正銘のゲームオーバーです。


 本作は、少々オドロオドロシイ雰囲気のゲームで
地形や敵の配置を覚えて一つ一つ対処する方法を模索していくうちに
少しずつ先に進めるようになるという定番の仕様。
基本的なゲームシステムに特筆すべきモノはなく
珠がバウンドすることにも必然性はあまり感じられず
大味な感じが否めないけど、全体的には平凡なデキかな。

オーソドックスなレトロゲーム、それ以上でもそれ以下でもなし。


 ☆ 裏技
・スペシャル珠4個ストック & 難易度低下。
 タイトル画面で、方向ボタンの左下、I、II を押しながら
 セレクトを16回押す。







この記事へのコメント
何年か前にプレイした事はありましたが、クリアした事がないゲームです。

コンテニュー2回はなかなかにシビアですね〜。
地獄めぐりと言うだけはあるのかもしれません。

Posted by 二条ジョウ at 2011年07月25日 22:59
一つ一つ確実に対処してプレイできればよいのですが、すぐに集中力が切れる管理人にはコンティニュー2回はキツイですよ。
本当に地獄めぐりになってしまいそうです。
Posted by 管理人 at 2011年07月26日 19:15
アーケードで挫折、コンシューマーになってから結構努力の末にクリアしました。
出来が悪いわけでもないんですけど確かに“コレ”というものはありませんでしたね(苦笑)
Posted by そうてん at 2011年07月29日 12:24
特に秀でた所はなくありふれた感じのゲームだと思いました。
悪くはないんですけど、せめてクレジットをもう少し欲しかったです。
Posted by 管理人 at 2011年07月30日 18:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。