ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











鋼鉄帝国 スティールエンパイア(MD)


◆1992年度作品 ◆発売元 ホット・ビィ
◆ハード メガドライブ ◆ジャンル シューティング

 スチームパンク的な世界観で統一された
空想科学未来シューティングゲーム。

steel-empire01.gif

時は18××年
周辺諸国に侵略戦争を仕掛け続けるモーターヘッド帝国を阻止すべく
シルバーヘッド共和国が立ち上がった。
奇跡の発明、素粒子吸収発雷爆弾「 イマミオサンダー 」を抱き
最新鋭戦闘機「 エトピリカ 」が発進する。

 19世紀の機械文明をベースにSF化。
見た目はレトロチックでありながら超高性能な兵器群が登場する
横スクロールシューティングゲームであります。

本作の特徴の一つである左右に撃ち分けられる
対空用のノーマルショットと対地用のサブショットに
画面内の敵全てにダメージを与え敵弾も消してくれる
スーパーボム(イマミオサンダー)を武器に
全7ラウンドを戦い抜きますぞ。

 ラウンド開始前に使いたい機体をチョイス。

steel-empire02.gif

スピードは速いがバイタリティが低めのエトピリカは
TO GROUNDと表記されており
サブショットが対地攻撃で敵に狙いを付けやすい。(命中させやすい)
スピードは遅いがバイタリティが高めのゼッペロンは
TO AIRの表記。
サブショットは斜め上に撃ち上げた後、ユラユラと落ちてくるので
命中させたい場所に的確に撃ち込むのは、ちっとばかし難しい。

本作では、各ラウンド開始前に機体を選ぶ仕様になっているので
ラウンドごとの地形や敵の状況により使い分ける手もあるでしょう。

 ゲームシステムは
自機に耐久力があるライフ制と残機制の両方を採用し
ゲーム中に出現するアイテムを取って自機をレベルアップ!
機体のレベルを上げることで
攻撃力と耐久力(バイタリティ)がパワーアップします。
 ※ レベルは最大で20まで。
一度上がったレベルは、ゲームオーバーになるまで維持されるため
自機を撃墜された途端に弱くなる・・・なんてことはありませんが
コンティニューできる回数は限られてます。

steel-empire03.gif

画像左、右端に丸く並んだ6つのアイテムが見えます。
取って取って取りまくろう。
画像右、毎度お馴染みゲームの定番のボス登場。
弾をばら撒いてくれちゃうので倒すのも一苦労であります。

steel-empire04.gif

画像左、雲の上でも敵の猛攻は続くのであった。
画像右、敵軍の誇る浮遊城を攻撃中。

 さて、本作は
メガドラにしては上出来なグラフィックで
一度見たら夢に出てきそうなレトロ風味で奇天烈なメカデザインの
敵さんが良い味出してますね〜。
シューティングゲームとしての作りにそつがなく
ゲーム中の演出でも凝った部分があって
作り手のこだわりを感じさせられる一本になっております。

100点満点とはいかないまでも、余裕で合格点はあげられます。

鋼鉄帝国の持つ世界観もさることながら
シューティングゲームの完成度もまずまず良好。
人によっては粗が気になる部分もあるでしょうが
個人的にはメガドラのシューティングゲームの中でも
上位に位置するゲームだと思っております。

 余談ですが
ゲームのタイトルのスティールエンパイアは
鋼鉄帝国をスティールエンパイアと読ませたいのか?
それともサブタイトルなのか?
そこが疑問なのでありました。
・・・・・どっちなんでしょうねぇ。







この記事へのコメント
鋼鉄帝国、全然イメージと違う感じでしたw
てっきりドイツ軍がでてくるシミュレーションゲームかと思いました。

それはそうと、サブタイトルなのか、そう読ませたいのか分からないゲームってたまにありますよね。
これの場合は、どうなんでしょうか。。。

Posted by 二条ジョウ at 2011年07月18日 00:54
イメージ通りにドイツ軍は出てこなかったようですね。
もしかしたら期待を裏切ってしまったような気がしないでもないです。

タイトル画面にはスティールエンパイアの文字はないですし、どちらも意味は同じなので、そう読ませたい方だと思うんですけど・・・。
Posted by 管理人 at 2011年07月18日 18:57
Wiiのバーチャルコンソールで是非とも配信してほしいと思いました。

版権の問題で難しいのかもしれませんが、データイーストのソフトも配信されているので、頑張ってもらいたいところです。
個人的には東亜プランもお願いしたいです。
Posted by セガ大好き at 2011年07月18日 23:04
イロイロと難しいところがあるんでしょうけど、プレイしたいゲームを是非とも配信してもらいたいものですね。

東亜プランのシューティングゲームも懐かしいです。
年内には取り上げてみようと思います・・・更新のペース遅いので気長に。
Posted by 管理人 at 2011年07月19日 20:09
MDのシューティングっていちいち独特な雰囲気があるように思えませんか?
なんといいますか、、全体的にデーターイーストっぽい雰囲気?

いずれにせよこの作品はMDシューティングの傑作だと思います。

Posted by そうてん at 2011年07月22日 09:57
雰囲気バッチリ、個性的であると同時にデキも良いので、管理人のようなヘタレでも楽しくプレイできるゲームでした。
データイーストに負けず劣らず、ホット・ビィもよい仕事をした結果でしょう。
Posted by 管理人 at 2011年07月22日 19:29
ドイツ軍は出てきませんが、敵艦船や車両がそれっぽい名前だったりします。
味方を英国風にしとけばよかったと反省。
海鳥とロック、関連性薄いよw

それにしても…あはは、懐かしいなぁ。もう20年だぜ、赤ん坊が成人しちゃうよw

steelempireというタイトルは海外販売元の指示だったので真意の程はわかりません。
まぁ「鋼鉄帝国」の直訳で間違いないと思いますがw

以上、横から失礼しました。
Posted by   at 2011年09月01日 07:30
発売から20年、このゲームの世界観もさることながら突拍子もない演出も好きでした。
それはそうとスチールエンパイアは直訳でよさそうですね・・・やっぱり。
Posted by 管理人 at 2011年09月01日 18:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215176683
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。