ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











メモリー拡張パックを取り付けてみた。


 ゲーマーに限らずレトロゲームに造詣が深い方なら
NINTENDO64のゲームソフトには
「 メモリー拡張パック 」がないと
遊べないゲームがあることは承知の事実でしょう。
↓ コレ

n64-01.jpg

本体のメモリーを増設するためのモノであり
PCエンジンのCD−ROMがメモリーを増設して
スーパーCD−ROMになったり
セガサターンも拡張ラムカートリッジを出す、といったぐあいに
他機種でも同じようなことをやってましたね〜。

サターンとロクヨンは対応ソフトが数えるほどしかなく
必要性があまりない周辺機器ではありますが
せっかく入手していたのに
ず〜っと放置したままにしておくのも考え物。

個人的に積みゲー撲滅キャンペーン中につき
そろそろN64も視野に入れるべきとの思惑もあり
メモリー拡張パックの取り付けを行うことにしました。

 まずは、本体上部にある拡張コネクタ部分のフタを外してみよう。

「 はがさないでください 」と書かれたシールは遠慮なく剥がします。

n64-02.jpg

このシールの下にはターミネータパックが装着されていて
こやつを外してから拡張メモリーパックと交換する形になります。

本来なら子供でもできる簡単な作業なのですが
「 なんと! 」
ターミネータパックを外す道具(イジェクタ)がありません。

 あぁ〜悲しきかな、中古品ゆえに付属品なし。

n64-03.jpg

 でも、私的には無問題。
要するに上の写真の赤く囲った部分にある凹みに
引っ掛けて持ち上げればよいので
それに似合った形状の物があれば外せるわけですし
無ければ作ればよいではありませんか。

・・・ってな理由で、とりあえず
代用できる物がないか部屋中を探してみることに。

n64-04.jpg

そしたら、なんか出てきましたよ。
自分でも何のために加工したのかすら覚えていない
アルミ製のL字型の金具ですが、物は試しに使ってみましょう。

・・・・・全長が短いせいで手で掴める面積が少なく
力が入りづらいから外しにくいですぞ。

・・・・・とかなんとか言ってるうちに、スパッ!!
ターミネータパックの取り外しに成功です。

ちなみに、引き上げようとすると
ターミネータパックが64本体前面側に傾くので
傾かないように片手で押さえながらやるとスムーズに外れたみたい。

もうひとつ、ターミネータパックを外す方法として
特殊ドライバーDTC−27で本体下部のネジを外し
本体上部と下部を分離させると
自動的にターミネータパックも拡張コネクタから外れました。
ふと思い付いたので、これも実験してみました。

n64-05.jpg

赤い帽子のメモリー拡張パックを
拡張コネクタにしっかりと差し込めばOK。

n64-06.jpg

元どおりにフタを付ければ交換作業は終了。
これでムジュラの仮面や
パーフェクトダークがプレイ可能になりましたよ。

・・・・・まぁ、いつプレイできるかは未定のままでありますが。




この記事へのコメント
当時、ドンキーコングのCMで子供たちが戸惑いながら剥がしてましたね。
自分も対応ソフト持ってないのと怖いのとで剥がしてませんw
対応ソフト本当に少なかったですものね。
Posted by MOP at 2011年07月11日 14:32
対応ソフトがなければ必要のないモノですからね。
対応ソフトが多ければ良かったけど、N64の現状では難しかったのでしょう。
Posted by 管理人 at 2011年07月11日 20:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。