ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ストリートファイターIIターボ(SFC)


1993年 発売 カプコン

前作をマイナーチェンジした改良版ストII。
主な変更点は

・同キャラ対戦
 全く同じ性能の相手なら、純粋に技量の差で勝負がつくかな
 後は運しだい。
・ゲームのスピードアップ(ターボモード)
 4段階にスピードを変えられる。早くなった分サクサク進むような
 気がしないでもないが(錯覚か)、その分素早い対応が必要。
・新必殺技追加
 単純に攻撃のバリエーションは増えた。
 春麗に「飛び道具」が追加されたのは、ファンには朗報か。
 ガイルはこれ以上強くなると困るので新技は無し 賢明な措置です。
・四天王を使えるようになった。
 ボスキャラで世界制覇を狙うのも一興かも、一度は使ってみたい。

一見ただの焼き直しのようだが、ゲームバランスも見直されているようだ。
これで各キャラの性能差が、多少なりと小さくなったのは喜ばしい限り。
しかし、この違いをハッキリと見分ける事が出来ないここの管理人は
「ふーん、そうなんだ」と、人事みたいに言っていたんだっけ。
(当時は今のようなインターネットは無い時代で
 ゲーム情報誌の記事だけが頼りでした。)

例えそんな微妙な違いが分からなくても
誰でも楽しめたのが このゲームの良い所。
小難しいウンチクなどは気にせずに、とにかくボタンを押すのだ!
連続技が上手く決まらなくても、キャンセル技が出来なくても
キャラを動かす楽しさを存分に味わえれば儲けもの。
スーパーファミコン版は、初心者でも気軽にプレイできる
敷居の低さも魅力の一つだと思います。

ストII人気もまだまだ健在で、ターボもかなり売れた(約200万本)
売れすぎて笑いが止まらないカプコンの次なる新作は・・・・・・続く。



この記事へのコメント
多くのゲームソフトを保有していますが実は格闘系はほとんど保有していません(^_^;;;(10本程度ぐらいかな)実はコマンド入力ができないんですよ。スト2だと波動拳をだすのがやっと。昇竜拳はまず無理(歩きながら波動拳を出すと昇竜拳になるとアドバイスをもらった事あるけど)。スト2時代の次に来るネオジオ格闘ゲーブームにはついていけませんでした。
Posted by あさかながもり at 2006年07月22日 00:34
格闘系のゲームは典型的な下手の横好きタイプで
それなりに練習はしましたが、たいして上達しませんでした。
<(T◇T)>ダメだこりゃ。
しかし、懲りない男なのでやめませんでした。
初期のネオジオ格闘ゲームは、難易度をEASYにしても手加減知らずで
初心者はボロ雑巾のようにボロボロにされましたね。
Posted by 管理人 at 2006年07月22日 13:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21168281
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。