ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ストリートファイターII(SFC)


1992年 発売 カプコン

90年代前半に隆盛を極めた対戦格闘ゲームブームの
火付け役であり大ヒット作。
3本勝負、必殺技、投げ技、ガード、人間同士の対戦
これらの基本を作り上げた元祖的作品の続編。

他社からもストIIを手本とした、同種の格闘ゲームが
多数出回るようになり、世は正に格闘戦国時代!猫も杓子も格ゲー一色!?
・・・・・・・
格ゲー一色は言い過ぎですが、かなりの数が作られ
その中には、キャラクター物等、こんなのまで格闘ゲームにするのか?
と思えるものがあったり、本作がゲーム業界に与えた影響は計り知れない。

その計り知れない影響の一端を垣間見れるのがコントローラーで
パンチとキックがそれぞれ、弱、中、強の3種類あるため
合計6個のボタンが必要なのは皆さん承知の事だと思います。
幸いスーパーファミコンはL、Rボタンも入れて6個ありギリギリセーフ。
でも、L、Rはチョッと使いにくいのも事実。
そこで、ストリートファイターIIに特化したコントローラーや
アーケードの雰囲気バッチリのジョイスティックが発売。
このゲームの為だけといっても過言ではない。

やっぱり入力デバイスは大事です。

さて、格闘ゲームの醍醐味はまず必殺技でしょう。
決まった順番での方向ボタン操作やボタン連打で繰り出せる
各キャラ固有の必殺技の数々。
「必殺」この言葉の響きに魅せられて、何度も何度も練習を重ね
親指に豆を作った人が全国に何人いたことだろう。

そういえば、この頃に近所から風に乗って「はど〜けん はど〜けん」と
連呼して聞こえてきたのを思い出します。
『おっ、やっとるな若者よ、たまには「しょうりゅうけん」も聞かせてくれ。』

使用キャラは全部で8人 当時としては大人数です。
リュウ、ケン、エドモンド本田、ブランカ、ダルシム
ザンギエフ、ガイル、そして紅一点の春麗。

・リュウ、ケンはスタンダードな同門キャラ
・本田は角界の異端児で相撲を履き違えてる
・ブランカは人間じゃないよね?
・ダルシムは宇宙人か、火を吐くし手足も伸びすぎ
・ザンギエフは投げの得意なパワーファイター
・ガイルは軍人で階級は少佐、待ちガイルは嫌いですか?
・つい忘れがちなのは春麗が警察官であること
春麗
 ところで
 一度でいいから
 あの
 ← 太い足で蹴られてみたい


上記のキャラに勝つと続いて四天王と対戦です。
いわゆるボスキャラで、バイソン、バルログ、サガット、ベガの4人。

破壊力のあるパンチが持ち味のバイソン
美意識過剰なくせに金網に登る姿が全く美しくないバルログ
ムエタイの王者、リュウと因縁のあるサガット
サイコパワーを操る悪の格闘家、ラスボスのベガ。
彼らに全て勝利すると、各使用キャラごとのエンディングを見られるます。

勝っても自慢になりませんが、難易度設定を最弱にして
初心者に優しいヌルゲーにすれば
誰にでもクリアできるぞ・・・たぶん。

多彩なキャラと派手な必殺技
必殺技を放てば技名を しゃべる、喋る、しゃべりまくり。
側で見ているだけでも楽しそう、これはヒットせずにはいないと納得。
人間同士の対戦ともなれば、互いの駆け引き、心理戦の様相も呈してくる。

しかし、ボタン連打するだけのガキンチョに負けると
悔しさよりも、すごく自分が情けない。
俺の今までの努力っていったい何だったのか、自信をなくすこと請け合いだ。
たかがテレビゲームの対戦に人間ドラマが生まれた瞬間である。

素晴らしいゲームを開発してくれたカプコンに感謝します。



この記事へのコメント
これは本当に良ゲーですね。
かなりやり込み、最高難易度でノーコンティニュー+一本も負けないを達成しましたよ。
春麗使いだったのですが、ある友人に「それはハメだろ」と言われ自分は結局強くなれていなかった事を気づかされました。
Posted by at 2007年03月08日 15:33
対戦格闘ゲームの始祖、バイブル的な超名作です。
ゲームでは強くなれなかった(鈍いから?)けど、面白くてハマりました。
ハメ技は対人戦で使うと友達を失いかねないので
もし、またプレイすることがあれば ご注意を。
Posted by 管理人 at 2007年03月08日 23:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21107117
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。