ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ゲームキューブを分解してみた。


 我が家では今でも現役で稼動している
任天堂の据え置き型ゲーム機「 ゲームキューブ 」。

積みゲーの消化も兼ねて使用中のシルバーカラーのキューブも
遅かれ早かれ故障するはずだからと予備機を確保。
ゲーム好きならば想定される最悪の事態に備え
万全の体制を整えておくのは当然の責務でありましょう。

・・・・・と言うことで
2年くらい前に買い求めたブラックのキューブは
本体正面のコントローラポート部分と電源スイッチが
少々黄ばんでいたのでありますなぁ。
でもその時は「 少しくらいなら、まぁいいや。 」と思い
そのまま寝かせていたのでした。

そして最近になって、付属品の無いゲームキューブ本体が
格安で売られているの発見、その場で取り押さえて我が家へ連行。
早々に以前に買った黄ばんだゲームキューブを引っ張り出してみると。

cube01.jpg

写真左、本体のみ売られていたヤツです。
 付属品が無いけど、黄ばみも無い。
写真右、箱説付きの欠品無しで買ったヤツ。
 なんと、黄ばみが熟成されたのか?
 元のグレーの色が分からないくらいに黄変が進化。

一度黄ばんだプラスチックは、その後に箱に入れて保管しても
黄ばみが進行してしまうのでしょうか。
これまでにレトロなゲーム機や周辺機器で何度も体験済みでして
管理人の悩みの種の一つになっております。


 そこで、久しぶりにゲーム機の分解であります。

元々、グレーの色が黄ばんだパーツを交換するために買ったわけですから
遠慮なく分解いたしますぞ。

 ところで、ここまで読んで
「 黄ばんでない本体があるんだから、分解なんかする必要ないだろ。」と
そう思われた方もいらっしゃるでしょう。

しか〜し、グレーのパーツが黄ばんでない本体はキズが多いんですよ、キズが。
なのでキズの少ない本体と黄ばみのないグレーのパーツを合体させれば
キレイなゲームキューブが出来上がるではありませんか。

誰だってキレイな方が好きでしょ?

 それでは、ゲームキューブ本体を裏返して4隅にある特殊ネジを
特殊ドライバーDTC−27を使って外します。
すると本体の上面と側面部分、取っ手が付いている背面がスパッと取れます。

この写真は本体を斜め後ろから見たものです。

cube02.jpg

用があるのは本体正面のコントローラポート部分だけど
これだけだと面白くないので、必要以上に分解してみましょうかね〜。
ついでにエアーダスターでホコリを飛ばして掃除もしときます。

 本体左側面のACアダプタの接続端子、電源スイッチ
冷却ファンが一体となった部品を外す。

cube03.jpg

電源ケーブルはさらに下に延びてますが
かまわずに周囲のネジを外してみよう。


cube04.jpg

写真左、慎重に真上に引き上げるようにして光学ドライブ部を撤去。
写真右、光学ドライブの底面はシールドも兼ねた薄い鉄板製で
 オレンジ色の丸印で囲った所にソケットあり。
 つまり、上下の基板と接続するのにケーブルは使われておりません。

 次は、光学ドライブの下
中央にヒートシンクが見えます。
もちろんヒートシンクの下にはCPUなどの熱源が隠れておりますが
安全第一をモットーに無理して外すようなことは止めときます。

それにしても、この本体
エアーダスターで吹き付けると小さな綿埃が出るわ出るわ。
これは前の所有者が使い込んだ形跡ってことでしょうね。

cube05.jpg

赤丸で囲った所は光学ドライブを止めていたネジの穴で
太いネジが14本、細いネジが4本使われてました。
青丸はヒートシンクを止めているネジであると同時に
基板を止めているネジでもあります。

また、写真手前には
アナログAV出力端子とデジタルAV出力端子が見えます。

 ちなみに、デジタルAV出力端子は
D端子ケーブルやコンポーネントケーブルを接続する端子で
後期型のゲームキューブには付いておりません。
 ※ 型番
 前期型、DOL−001 後期型、DOL−101

 メイン基板を裏表見比べてみる。

cube06.jpg

写真左、基板の裏側には3箇所の拡張端子。
 紫丸で囲った部分は最下層の電源部のソケットと接続。
 こちらも基板間の接続にケーブルは未使用であります。
写真右、基板の表側(上側)。
 オレンジ色の丸印のソケットは光学ドライブとつながる部分。

 本体の最下層。

cube08.jpg

写真左、ここも薄い鉄板でシールドされてます。
写真右、4本のネジを外し鉄板を撤去。
 わずかばかりの部品が見えるだけであります。


 ハイ、寄り道はここまで。
そろそろグレーの部品を剥ぎ取らないとね。
パチッとはめ込んだだけの電源スイッチを軽〜くぶん取ったら
コントローラポート部とメモリーカードスロット部のパーツも頂きます。

cube07.jpg

写真左、基板の赤丸で囲ったネジを外すだけでOK。
写真右、タブ付きのリチウム電池が付いとりますが
 おそらく内蔵時計用と思われます。


 そして、今回のお宝がコレ。

cube09.jpg

もう一台のゲームキューブも分解して変色したパーツを外し
こちらのキレイなパーツと交換です。
もちろん分解は必要最低限で済ませますぞ。

特殊ドライバーで本体を上部を外したら
コントローラポート部を手前に倒すように引くだけ。
いとも簡単に外せるようになってるんですよ。

変色したパーツを交換し組み立てれば
キレイなゲームキューブの出来上がりです。
念のためゲームを起動させて動作確認したところ、問題なし。

バラしまくったもう一台も組み立てて動作確認してみると
一応?ゲームが動作したので一安心。

キレイな姿になったゲームキューブを箱に収納すれば全て終了。
先に述べたとおり予備機なので大切に保管しておきますよ。





この記事へのコメント
いつも楽しくROMさせて頂いてます。
昔気になってたゲームなんかがレビューされると、また欲しくなっちゃいますね。

で、黄ばみ。
ゲームボーイを漂白するって記事があったので、ご参考までに。
http://trashbox.homeip.net/nownow/20100905/

自分はグレー系の機体を持っていないので試した事は無いんですが。。。
Posted by cope at 2011年06月12日 09:28
情報提供ありがとうございます。
箱に入れて直射日光に当たらないようにしていたのに黄ばみが進行する現象の謎が解けましたよ。
梅雨が明けたら、黄ばんだコントローラとかその他諸々の漂白をやってみます。
Posted by 管理人 at 2011年06月12日 18:20
予備のゲームキューブ‼さすがですね( ゚∀゚)ノ

僕は中古のディスクが読めないやつを105円で買って、レーザー出力を上げて今では元気に動いています(*^-^)
Posted by HAYATO at 2011年06月13日 20:28
105円のジャンクでも動かせるようになれば安上がりで良いですね。
自分だったら10台くらい予備に買ってしまいそうです。
Posted by 管理人 at 2011年06月13日 21:18
この間、私もスーファミを分解しようと思ったのですが、特殊なネジが使ってあって分解ができないんですよね。。。

と、それは置いといて、ゲームキューブも本
体だけだとかなり安い値段で見かけるようになりましたね。
Posted by 二条ジョウ at 2011年06月14日 00:24
分解するなら特殊ドライバーの捕獲を先にお願いしますよ〜。

確かに数年前よりも安くなってます。
これでゲームソフトが豊富に売っていれば選ぶ自由があって良いのですが・・・いや、管理人の場合は積みゲーが増えるだけですな。
Posted by 管理人 at 2011年06月14日 19:01
ゲームキューブ二台持ちですか。
片方黄ばんでますね……。
しかし分解系は難しくて何をやっているかまったくわかりませんなぁ。
私にもこんな技術があれば………。

そういえばもうGCもレトロゲーム入りでしょうか?
時が経つのは早いですね〜
Posted by スターマン at 2011年06月16日 20:18
ただ単にグレーのパーツ欲しさに分解してみただけなんですけどね。

ゲームキューブは今年で満10歳。
そろそろレトロの仲間入りしてもよいのでは?・・・と思います。
Posted by 管理人 at 2011年06月17日 19:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209223725
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。