ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ファミコン互換機 ミニレポート 其の参


 巷にはびこる魑魅魍魎こと、ファミコン互換機。
その中には見るからに粗悪なオーラを放つモノも存在しており
うかつに手を出そうものなら
後になってから笑い(または怒り)が込み上げてくるという
それはそれは素晴らしいアイテムなのであります。

そこで、今宵は
ファミコン互換機のチープな完成度を楽しむ余力のある
貴殿にこそ相応しい携帯型ファミコン互換機をご紹介しましょう。


 ○ poke FAMI(ポケファミ)

poke01.jpg

2.5インチ液晶搭載、単3乾電池4本使用。
モノラルAVケーブル、ワイヤレスコントローラ2個
ACアダプター同梱。

数年前に発売されたブツのようですが
パチモノならではの怪しい香りがプンプンしてますよ〜。

 ちなみに、ちょいと調べてみたら
2004年にゲームテックから発売された携帯型ファミコン互換機は
「 pocket FAMI 」と書いて「 ポケファミ 」。

こちらは「 poke FAMI 」と書いて「 ポケファミ 」。
さらに、このポケファミにソックリな
「 FC Mobile2 (えふしーもばいる2)」というFC互換機があり
FC Mobile2から光線銃を外した廉価版が、ポケファミなんですなぁ。

同じ物を名前とパッケージを変えて再度売りだすのは
パチモノ業界?では通例になっているようであります。

 さて、話をポケファミに戻します。

ポケファミ本体には正面に
プレステのコントローラに似た方向ボタンとA、Bボタン
連射機能の付いたAA、BBボタン
スタート、セレクト、リセットが見えます。
上面にカセットの差込口、電源スイッチ、ACアダプタ端子、AV出力端子。
下面にはヘッドホン端子とボリューム、ワイヤレスコントローラの受光部があります。

poke02.jpg

スーファミのコントローラにソックリな
付属のワイヤレスコントローラは赤外線式で
単4乾電池2本で動作します。
また、L、Rボタンは飾りではなく
Lボタン=Bボタン連射、Rボタン=Aボタン連射。
なお、テレビのリモコンと同じく赤外線で通信しているので
コントローラの向きがズレ過ぎるとポケファミから無視されますぞ。


 本体にファミコンカセットを挿してみる。

poke03.jpg

カセットの裏側が本体の表から見えるように挿すのが正解。
ところが、両端にある空間が気になるのでチョッと検証を。

poke04.jpg

画像左、カセットと本体の間に約6ミリくらいの隙間あり。
画像右、その空間のおかげでカセットの表を前にして挿せます。
 つまり、赤○部分の出っ張りは何の役にも立っていないんですねぇ。
 故障の原因になるので、この状態で電源を入れるのは論外。
 
大雑把な設計のまま作ってしまうとは、中国製は流石です。

 液晶画面はこんな感じ。

poke05.jpg

この画像では冴えない色に見えるけど
実際には、もう少し明るく鮮やかな色合いで映し出されます。
パチモノの割には、まぁまぁ良い画質でしょう。

ただし、シューティングゲームの敵弾とか
RPGなどで文字を読むには、ギリギリで認識できる程度であり
この画面の大きさでは止むを得ないってところかな。

それとですね、画面がスクロールすると
液晶画面が少し暗くなるパチモノならではのサプライズあり。
画面が暗くなったり明るくなったり・・・やはりそうきましたか。

 音質について。

内蔵スピーカーから聴こえる音声は多少なりと歪んでいますが
極端に聴き苦しいほどでもなく
AVケーブルでテレビにつないだ場合も歪感はあるものの
内蔵スピーカーよりは少しだけ良い感じ。
しかし、ヘッドホンで聴くと「 ブーーーン 」という
ノイズが大きくて聴き辛いので、こちらは遠慮しておきます。

音が歪んでいるのは想定内、でもそれほど酷くはないかな。


 操作性について。

本体の方向ボタンは、どういう訳か
上と左、右と下の2つに分割されているので違和感あり。
方向ボタン全体を指で押すような操作方法ならば
多少はマシになるけど
どっちにしろ方向ボタン全体が基板まで落ちるタイプなので
管理人の好みではありません。
結局のところ操作性はイマイチ。

A、Bボタンは特に悪くもなく、まぁまぁのデキでしょうか。

ワイヤレスコントローラの方向ボタンは
内部中央に突起のあるタイプなので、本体の方向ボタンよりも操作性良し。
まぁ、操作性が良いとは言っても
本物のスーファミのコントローラには負けます。


 全体的に見ると、画質、音質共にそれなりではありますが
パチモノとしては、まだマシな方ではないかな。
前回、其の弐で紹介した携帯型FC互換機よりも
ポケファミが一枚上手をいってるし
ワイヤレスコントローラが使えるのも良し。
さらに、カセットの抜き差しに邪魔だけどACアダプタ付き。

ファミコンカセットとの互換性は言わずもがなですが
パチモノなので、そこら辺は割り切らないとね。


 AV仕様ファミコンとの比較はこちら




この記事へのコメント
パチモノはプレイ用と言うよりもコレクション用として割り切った方がよさそうですね。
ただコレクションするとして問題は、中国製のファミコン互換機が一体どのぐらい出回っているかって事ですがw
しかし、そろそろPCエンジン辺りも出てきてもよさそうですけどね。
メガドライブはあったので。。。
Posted by 二条ジョウ at 2011年06月05日 01:38
これは店で見たことがあって多少興味をもったのですが・・・・・このクオリティですか。
あの隙間なんですか!?
さすがパチモノ!!
さすがチャイナ!!
でもテレビにつなげるのはいいですね。
ワイアレスコントローラーも2つついているし、そこは良いですね。
ただコントローラーのAボタン、Bボタンの配置がすこしファミコンと違うような・・・・まぁ気にしない。
ファミコンを携帯してできるのは素晴らしいのですが、クオリティに問題がありますね。
ネットでスーパーファミコンが携帯してできるやつがでるというのを見たのですが、期待して良いのだろうか・・・・・
Posted by スターマン at 2011年06月05日 13:27
二条ジョウさん、どういう形で割り切るかは人それぞれ。
コレクションするにしても現在までに出回った機種 + 今後発売される機種となると、かなりの数でしょう。
FC、SFC、MDときてPCエンジンのパチモノも出れば面白そうですね。
ところで、ドリキャスの携帯型パチモノもあるみたいですよ。

スターマンさん、互換機は程度の差こそあれ中華クオリティなので、あまり期待してはいけません。
DSやPSPとはモノが違いますよ。
でも、そこのところを理解して買うのなら止めません。
自分は操作性がどうこうとか粗探しするために買っているようなもので、そういう楽しみ方もある・・・かな〜?
Posted by 管理人 at 2011年06月05日 18:11
これ、ゲーセンで取りました(笑)

冬の寒い夜中に布団の中で愛用しています!個人的にファミコンとのボタンは位置の違いが若干気になっていますが、その他のクオリティはまぁまぁなのでよしとしています(*^^*)

ただ!付属のワイヤレスコントローラで「星のカービィ 夢の泉の物語」をプレイすると十時キーの作りの問題で、とんでもないことになりますよ(泣)
Posted by HAYATO at 2011年06月06日 03:24
ゲーセンで取るのにどれくらい100円玉を吸い取られたのか気になるところです。
これはパチモノにしては、まぁまぁのデキなので取って損したってことではないようですね。
でも星のカービィは持ってないから、どういう風にとんでもないのか想像がつきませんけど。
Posted by 管理人 at 2011年06月06日 18:13
100円玉は一個だけ取られました。年に一度くらいしかゲーセンに行かない自分に取れるなんて想定外だったんで(笑)

カービィをワイヤレスコントローラでやると、十時キーの中心の軸が低すぎて横入力しても勝手に上や下が入力されてまともにプレイできない(ρ°∩°)って感じです。
Posted by HAYATO at 2011年06月06日 19:08
100円で捕獲に成功できてなによりです。

本物のコントローラよりも斜めに入りやすいと感じてはいましたが、それよりも本体の2つに分割された方向ボタンの方が個人的に馴染めなかったですよ。
まぁ、安かろう悪かろうのパチモノなので仕方ないことですけど。
Posted by 管理人 at 2011年06月07日 19:09
これを見て「差し込み口の隙間やら十字キーの操作性の悪さやらノイズやら所詮はパチモノか。」と思っていましたが、よくよく考えたら「ファミコンを携帯してできるのってすごくね?」ということに気づき、悩んだ結果ネットで頼んでしまいました!!
ファミコンのソフトはいくつかもっているので結構長い間あそべそうですが、十字キーの操作性が心配です………。
そこそこ期待しているんですが、期待してよいものでしょうか………。
Posted by スターマン at 2011年06月10日 22:56
パチモノは操作性や互換性などの品質が多少なりと犠牲になっているのを承知の上で割り切って使うしかありません。

期待するのは半分だけにして残りはあきらめる。

最初からそのつもりで使うものだと思いますよ。
Posted by 管理人 at 2011年06月11日 00:38
差込口の隙間はNES対応ということなんじゃないでしょうか
実機を持ってないので検証できませんが
Posted by 通りすがり at 2012年02月14日 22:02
ファミコンとNESのカセットは端子数と大きさが異なるので変換アダプタを使わないと互換性がないようです。

この事からご指摘の内容を考えてみますと
本体部分のみ日米共通で流用して、内部の基板が異なる日本版とNES版の2種類のポケファミが製造されていた可能性は十分にあると思いますよ。

う〜ん、やっぱりアメリカでもパチモノを売りつけていたんでしょうね。
Posted by 管理人 at 2012年02月15日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/207125374
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。