ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ビーチスパイカーズ(GC)


◆2002年度作品 ◆発売元 セガ
◆ハード ゲームキューブ ◆ジャンル スポーツ

 夏、ギラギラと照りつける太陽の下
浜辺で競技が行われるビーチバレーを題材にしたスポーツゲーム。

beach-spikers01.gif

 ビーチバレーはバレーボールから派生した競技で2人一組で対戦。
オリンピックの正式種目にもなっているスポーツであります。
本作はビーチバレーをゲーム化したもので
元のアーケード版にいくつかの要素を追加して移植されました。

サーブ権に関係なく点が入るラリーポイント制で
1セットマッチの15点先取で勝ち。
両チームとも得点が14点になるとデュースになり
先に2点差をつけたチームが勝ちとなります。

ゲームゆえに本物のビーチバレーとは
少々異なる部分もありますが基本は同じ。
鬱陶しい梅雨空を吹き飛ばすかのように
たまにはスポーツゲームをプレイして
スカッと良い汗をかいてみましょうかね〜。

・・・って、ゲームでかくのは、せいぜい冷や汗?

 まずはモードセレクト画面で、プレイしたいモードを選択。

・アーケード
 8チームがトーナメント制で戦うアーケード版に準拠したモード。
 全16チームの中から一つを選べる他
 ワールドツアーモードで作成したチームも使えます。
 人間同士の対戦や協力プレイもOK。
・ワールドツアー
 オリジナルチームを作成して世界各地を転戦。
 パートナーを育成しながらゲームを進めていく1人用のモード。
・VSモード
 アーケードよりも細かいルール設定やステージ選択も可能。
 さらに3つのミニゲームをプレイできるモード。
・チュートリアルモード
 1レバー2ボタンの簡単操作で繰り出せる
 サーブ、レシーブ、トス、アタック、ブロックの
 基本操作を学びトレーニングで習得する2段構え。
 押すボタンの違いによりボールの高さなどが変化します。

 と言うことで、とりあえずアーケードをチョイス。
使いたいチームを選んでみよう。

beach-spikers02.gif

ちなみに、オプションの設定変更で
ゲームスタイルをアーケードにするとチームの強さは全て同じ。
ゲームスタイルをオリジナルにするとチームごとにランクが表示され
SS、S、A、Bの順に強いチームとなります。

 さぁ、チュートリアルモードで特訓した成果を見せる時が来たようです。

サーブはパワーゲージで強さを決定してボタンを押し
方向ボタンで打ち込む位置を入力する。
レシーブやトスは落下予想地点を表す
丸いマーカーの中心に移動してボタンを押す。
アタックは方向ボタンで打ち込む位置を入力後
パワーゲージで強さを決定してボタンを押す。
ブロックはアタッカーの前に移動してタイミングよくボタンを押す。

beach-spikers03.gif

 ※ 実はこのゲーム、選手全員が女性だったりします。(喜)
しか〜し、残念ながら胸揺れはありません。(泣)
テクモを見習って製作してほしかったですぞ。(怒)

 さて競技が始まると
サーブとアタックの時(両チームとも)以外は
コートがゆっくりと回転を続け、寄ったり引いたり(離れて)する
カメラワークで変化を付ける手法で視点変更をしています。
ゲームをプレイする上での単調さをカバーしつつ
視点変更によりゲーム画面から受ける迫力アップに貢献してはいますが。
時にはコレがクセモノになることもしばしば。

対戦相手がボールを打ち返してくる時にですね
落下予想地点に丸いマーカーが表示されるんですけど
こちら側のコート全体を見渡せない状況では
マーカーが表示が一瞬遅れる感じがします。

マーカー出た → 直後にボール来た → 間に合わない。

多分に慣れの問題もあるのですが
レシーブで重要なのがボールの落下地点に素早く移動することなので
少々と言えどもカメラワークで支障が出てしまうのは
反射神経の鈍い管理人には、特にキツイですな〜。

ここがチョッと「 アレッ? 」と思ってしまいましたが
簡単操作も相まって、それ相応に楽しく遊べるデキですかね〜。


 また、ミニゲームで遊ぶのも本作の楽しみの一つ。
人間には気分転換が必要なんですよ。

 ビーチフラッグス



 ビーチカウントダウン



やはり動いている方が分かりやすいですなぁ。
他にサッカーのPK戦をビーチバレーでやる ビーチP.K. ってのもあります。


 また、ゲームを進めていくと
ワールドツアーモードのチームエディットで作る
選手の髪型、サングラス、水着などのアイテムを増やせる隠し要素もあり
追加アイテム欲しさに、思わず頑張った人もいたんじゃないかな。

ただ、人間同士の対戦でプレイすると
大いに盛り上がるゲームだと確信しておりますが
1人でプレイするのは、ちと厳しいですかね〜。
本作に限らずスポーツゲームは、似たような傾向があるかもしれません。


↓ 知る人ぞ知る、あのゲームのヒロインらしき人物です。
 隠しアイテムをゲットすればチームエディットで作れますぞ。






この記事へのコメント
胸揺れがないとは!
せっかく全員女性なのに、何と言う仕様でしょうか!
ん〜、でも人と対戦で遊んだりすると楽しそうですね。
胸揺れはガマン・・・。
Posted by 二条ジョウ at 2011年05月31日 23:14
そこでデッドオアアライブエクストリーム2!!

、、、ビーチバレーといわれるとアレしか思い浮かばない自分はダメ人間でしょうか(汗)

Posted by そうてん at 2011年06月01日 10:31
二条ジョウさん、不自然に揺れるよりは揺れない方がまだマシかも?
もっとも、ゲーム中はそれどころじゃないですけどね。
なかなかボールが拾えません。(泣)

そうてんさん、セガが本気を出せば揺らせないはずは・・・。
できることなら管理人も箱○を買って仲間になりたいであります。
Posted by 管理人 at 2011年06月01日 19:07
私はこのゲームが大好きです、私はそれが最高の電子バレーボールの試合だと信じています。それはそれのすべてのペニーを支払うことを支払う

Eu amo este jogo, acredito que é o melhor jogo de voleibol eletrônico já criado. Vale a pena pagar cada centavo por ele.
Posted by LuckNyu at 2017年01月22日 09:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/205321672
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。