ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











イース I,II(PCE CD)


1989年 発売 ハドソン

パソコンで大ヒットした日本ファルコムのアクションRPG
イースI、イースIIが、2本セットになってPCエンジンに登場。
CD-ROMならではの、オープニング、エンディング追加と
豪華声優陣の起用など、演出面でグレードアップされている。
音楽もアレンジされ、CD音源で収録しているので
普通のCDプレイヤーで聴く事も可能。
このゲームの音楽は名曲揃いだから、つい聴きたくなってしまう。

だが、聴く場合注意する点は、2曲目にゲームのデータが入っているので
絶対に再生してはいけない。
1曲目に警告のメッセージが入っているので、聴けば分かるけど
万一、再生した場合
オーディオ機器に深刻な被害が出る可能性があるそうだ
音量をかなり小さくすれば、大丈夫だとは思うが
データトラックは避けるように気をつけよう。

※ イース以外で、まれに、2曲目以外にも、複数のデータトラックが
記録されているCD-ROMもあるので要注意。
使用に関しては、自己責任でお願いします。
ちなみに、他のCD-ROMソフトの警告メッセージの中には
時々面白い物もあるので、持っている人は一度聞き比べてみては?

話がそれたので軌道修正します。

本編の主人公は赤毛の剣士で、名は『アドル』。
彼を操作してモンスターを倒すのですが、その方法は、ズバリ【体当たり】。
真正面からぶつからずに、少しずらして敵の横をかすめるように当てれば
受けるダメージが少ないので、特にレベルが低くて敵が手ごわいようなら
積極的に横にずらすのが得策です。
また、町の人に話しかけるのも、宝箱を開けるのも体当たり。
アクションは、シンプルで物足りないかもしれないが
これがイースI,IIの個性であり醍醐味の一つだと思う。

アイテムの数は少なめ、いや、必要最低限と言うべきなのか
武器や防具、回復など一通り揃ってはいる。
その中でリングは、状況に合わせて何度も装備しなおした。
パワーリング=攻撃力アップ
リングメイル=防御力アップ
タイマーリング=敵のスピードを半分にする
ヒールリング=じっとしていればHPが少しづつ回復する。
これらのアイテムを使いながら、ダンジョンを突破していく。

そして、I のラストステージは、入ったら最後
2度と出られない【ダームの塔】。
上へ上へと登って行くと、最上階で待ち受けるのは「ダルク・ファクト」。
もはや、「銀の装備」を揃えたアドルに敵はいないぞ。
ラスボスのファクトを片付けると、6冊のイースの本の導きで
いよいよイースの国へ。

 ※ 関連記事を別館にUP。
    別館に行く?

光に包まれたアドルが飛ばされたのはイースの国のランスの村近くだった。
ここで一人の少女と出会う、彼女の名は「リリア」。
II の重要人物の一人だ。
こんな感じのオープニングで、イースIIの始まりです。

基本的なシステムは I と同じで、新たに魔法が使えるようになった以外は
相変わらず猪突猛進の体当たり戦法で戦う、我が勇者君。
使える魔法は6種類、イースの本と同じ数だ。
ファイアー=火の玉を発射
ライト=普段見えないものが見えるようになる。
リターン=町に一瞬で戻れる。
タイムストップ=敵の動きを少しの間止める
テレパシー=魔物に変身して魔物と話せる
シールド=身を守る
MPの回復にはロダの実をどうぞ。

イース I は、正直ボリューム不足だったけど
II のボリュームは大きくて、やり甲斐があります。
最後の神殿あたりまで来ると、マップの複雑さもアップして
適当に歩き回ってると、迷子になる確率が高いです。
特に、地下水路でしばらく途方にくれた記憶あり。

ロープレとしてストーリーも良好で、名作の誉れ高いイース I,II。
プレイしていくうちに、だんだんイースの謎が解けていく
この謎解きも面白く、ハマってしまう。
登場人物も魅力的で 「フィーナ」や「レア」が何者なのか
ラストで語られるので、最後までやりとおすのが吉。
また、疾風のようにフィールドを駆け回るので
アクションではなく、ランニングRPGだ。
(管理人は勝手に、そう呼んでいます)
音楽のアレンジが作曲者から不評だったようですが
それを差し引いてもPCエンジン版は素晴らしい移植だったと思います。

 ※ 関連記事を別館にUP。
    別館に行く?



この記事へのコメント
面白さもさることながらプログラム技術的にもイース1.2はかなり高度なことをやっております。ドライブシークを効率的に考えたCDデータトラック配置、音声用ADPCM領域をバッファとして利用など当時のPCエンジン技術の粋を集めて製作されたといっても過言ではありません。

>他のCD-ROMソフトの警告メッセージの中には時々面白い物も
>あるので、持っている人は一度聞き比べてみては?

手持ちのPCエンジンソフトの警告をすべてMP3化しました(^^;;
最長は1分14秒、最小は11秒、メーカーの標準警告は2種類あるのを知ってました?
Posted by あさかながもり at 2006年06月20日 08:48
うほ^^^^
懐かしいゲームです
やりこだな〜
Posted by 堕落 at 2006年06月20日 20:42
あさかながもりさんへ
参りましたぁ m(_ _)m 詳しいですね。
>手持ちのPCエンジンソフトの警告をすべてMP3化しました
先を越されましたぁ(笑)
今からやろうと思ってたのに〜。
メーカーの標準警告は、ろくに聴かなかったので2種類あるとは知りませんでした。

堕落さんへ
懐かしさだけが取り得のブログですが
気が向いたら、また、おいでください。
Posted by 管理人 at 2006年06月20日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19518739
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。