ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











カービィのエアライド(GC)


◆2003年度作品 ◆発売元 任天堂
◆ハード ゲームキューブ ◆ジャンル レース

 ボタン一つの簡単操作で3つのゲームが遊べて
最大4人までの対戦も可能なアクションレースゲーム。

kirby's-airride01.gif

任天堂のゲームキャラクター「 カービィ 」が
宙に浮いて走行するマシンに乗り
敵をコピーする能力を駆使してライバルを攻撃。
変化に富んだ美麗なコースで繰り広げられる
アクションレースゲームになっております。

 ワンボタンのみのシンプルな操作が持ち味で
アナログスティックで左右の方向転換と
ジャンプ中は上下でマシンの姿勢をコントロール。
一般のレースゲームのようにアクセルの操作はなく加速は自動。
ボタンを押すとマシンが下方向に押され
ブレーキの役目を果たすと同時にチャージ開始。
コーナリング中ならドリフト走行となり
ボタンを離せばチャージダッシュで猛加速します。
また、仕掛けの上でボタンを押すと仕掛けが作動。
効果のほどは見てのお楽しみ・・・ということで
3つのゲームを順を追って見てみましょう。

 ☆ エアライド

kirby's-airride02.gif

コースとマシンを選んだらゲームスタート
3Dの立体的なコースをスリリングに走破します。
コース上を走っている敵(ライバルとは違う)を吸い込んで能力をコピーして
ライバルの走りを邪魔したと思ったら邪魔されて
互いにど突きあう本作のメインとも言えるゲームです。
1人で練習もできるタイムアタックモードやフリーランモードもあり
ゲームの設定では周回数等のいくつかの項目を好みに合わせて変更できます。

 プレイしてみると、抜群のスピード感と
ジェットコースター感覚のダイナミックなコースが目を引きます。
コースの分岐点も多々あり、条件を満たすと新たにマシンが増える
やり込み要素も抜け目なく完備しております。
シンプルな操作も相まってボタン操作でもたつくことはないでしょう。

ただ、マリオカートと比較すると
ロクに声も出さない上にライバルは色違いのカービィ。
※ 一応、隠しキャラは存在します。
マリオをはじめとするキャラクターたちを攻撃した時の
コミカルな「 悲鳴 」が個人的にツボにハマッているんですけど
本作では、そういった楽しみがなく寂しい限りであります。


 ☆ ウエライド

kirby's-airride03.gif

上から見下ろしだからウエライド・・・だそうです。
レトロゲームでよく見かけるタイプのレースゲームですね〜。
コースを選んだらゲームスタート。
画面は状況に応じて拡大縮小され
コース上に出現するアイテムを取ってライバルを攻撃。
エアライド同様にタイムアタックやフリーラン
ゲームの設定変更もできます。

 上から見下ろしのレースゲームなので
画面がチマチマしており迫力は伝わってきませんが
このタイプ独特のゲーム性は健在。
コース上の仕掛けやアイテムで邪魔をする
アクションレースなのでありました。

でもマシンが接近して団子になると
自分のマシンを見失うこともしばしば。
その点でも気を抜けないゲームですよ。


 ☆ シティトライアル

kirby's-airride04.gif

制限時間内に街の中を走り回ってアイテムを探し
できる限りマシンをパワーアップさせたら
スタジアムでライバルとバトル。
走るのはコースのように一本道ではありませんが
マシンの操作はエアライドと同じ要領です。
ちなみにアイテムには
加速、攻撃、防御、飛行などの性能をアップしたり
逆にパワーダウンさせる物、マシンの耐久力を回復させるのもあります。
もちろん、スタジアムだけをプレイするゲームモードや
街を自由に走り回るゲームモードとゲーム設定の変更付きです。

 とにかく街の中を走り回ってアイテム探し。
どんなアイテムをどれだけ取ったかでマシンの性能が変わるわけですが
スタジアムでの対戦内容によっては、まったく生かされない性能もあり
運の要素が絡んでくるゲーム内容であります。(設定にもよります)

・・・と、こんな感じでカービィのエアライドは

スピード感たっぷりのエアライド
チマチマ感たっぷりのウエライド
運任せ感たっぷりのシティトライアル

3つのゲームをアナログスティックと
一つのボタンで遊べる操作は特筆に価するのではないでしょうか。

 しかし、カービィだけではキャラ的に弱いのも確か。
マリオカートのような華やかさ、賑わいがなく
対戦ツールとしても若干弱いように思えます。
反面、隠された課題を地道にクリアしていく
やり込み要素に闘志を燃やせるようなら
長く遊べるゲームになることでしょう。


↓ シティトライアルです。






この記事へのコメント
カービィのゲームにこう言うのがあったとははじめて知りました。
しかし、キャラがカービィだけと言うのはちょっと寂しいですね。
デデデとか使えたらよかったのに。。。
Posted by 二条ジョウ at 2011年03月22日 20:44
隠しマシンにデデデ大王というのがありまして・・・・・隠しキャラが正解だったかも。
毎度の事ですけど説明足らずの部分がありますため
ご迷惑をおかけいたしております。m(_ _)m
Posted by 管理人 at 2011年03月23日 19:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。