ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ラングリッサー(MD)


1991年 発売 日本コンピュータシステム

伝説の秘剣【ラングリッサー】をめぐる戦いを描いた
ウォーシミュレーションゲーム。
ロープレの要素を加えて、シナリオに沿って進行するタイプだが
決してストーリーだけのゲームではなく、メインのシミュレーション部分が
しっかり作られており、やりごたえも十分。
後に他機種への移植や続編も作られた、メガドライブのヒット作。

このゲームで重要なのは「指揮官」と呼ばれるキャラで
お金で傭兵を雇い配置させて戦っていく。
傭兵は使い捨てで、生き残っても次のステージに持ち越せず
新たに雇わなければいけないので、雇いすぎると後々
軍資金が底をついてしまう事もある。
ご利用は計画的に
また、各指揮官のクラス(職業)により雇える兵の種類が違う。

ロープレらしく経験値を稼いでレベルアップして
レベルが10上がるごとにクラスチェンジ(転職)もできる。
魔法が使えるのも指揮官だけで、攻撃魔法やHPの回復など
種類は少ないが、クリアするためには有効に活用したい。
そして最も重要なのは、指揮官を絶対に死なせない事
死んだら、それっきりで、帰ってきません。
シナリオが進むにつれて、扱える指揮官が増えていくけど
それでも死なせてばかりだと、兵力不足で後々苦労する破目になります。

シミュレーション部分はオーソドックスなターン制で
戦闘は、地形効果や、傭兵の種類により有利、不利があり
ココも気をつけてプレイしないと、要らぬダメージを食らうので注意。
敵の兵より、有利な種類の兵を使うのが基本です。
もちろん、HPの回復はこまめに行ったほうが無難。
勝利条件を満たして、次のステージに進め!

昔のゲームらしく、グラフィックがイマイチなのは仕方ないが
キャラ、シナリオ、ゲームシステムいずれも、平均以上の点数を
付けられる優良なゲームです。
ついでに、キャラクターデザインはプロが手がけただけあって
流石にジャケットや説明書のキャラはイケてます。



この記事へのコメント
うるし原キャラはエロいです(^^;;;
自分はPCエンジン版とPS版を保有しております。
Posted by あさかながもり at 2006年06月12日 21:42
こちらは、MD版とPCエンジン版が棚の中で静養中です。
ゲーム内に限ってエロくはないですが、他のはエロいんですか?
う〜ん、見てみたい・・・男のサガか(笑)
Posted by 管理人 at 2006年06月13日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19053463
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。