ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ファンタジーゾーン(MKIII)


1986年 発売 セガ

一時期、セガの看板背負って、健気に頑張ったキャラ【オパオパ】。
卵形のボディに羽根が生えたプリティな容姿の彼を操作して
これまたカワイイ敵キャラを「ショット」と「ボム」で遠慮なくぶっ飛ばす
パステルカラーも眩しいシューティングゲーム。
全編、可愛さ満点のグラフィックとポップな音楽が心地よい。

スクロールは横方向だが、プレイヤーが右を押せば右、左を押せば左と
どちらにでも進行方向を変えられる。
また、ステージはループ構造でつながっている。
そして、敵を倒して手に入れたコインで、アイテムを買い
パワーアップさせるのも楽しみの一つ。
敵の基地を全て破壊すると、いよいよボスの登場。
この憎めないボスキャラの弱点を突いてやっつけるのだ。

コインは、大、中、小の3種類で、当然 大の金額が大きい。
各ステージ、スタートから時間が経てば経つほど、コインは
小さくなっていくので、ザコにかまわず早めに基地を叩くのが賢明です。
基本的に、基地にはボムを使った方が短時間に壊せます。

ある程度コインが溜まると風船形のショップが現れるので
そこで買い物をするわけですが、武器には使用制限があり
使い捨てなのがちょっと残念。
また、何度も買うたびに値上がりするのは、ボッタクリなのだろうか。

以下、アイテム紹介。

ビッグウィングス=ちょっとスピードアップ。
ジェットエンジン=なかなか早い。
ターボエンジン=かなり早い。
ロケットエンジン=はっきり言って早すぎる。

ワイドビーム=読んで字のごとし。
レーザービーム=上に同じ。
7ウェイショット=弾幕はりまくり、強力です。

ツインボムズ=ボム2連発。
スマートボム=画面上の敵全てに攻撃。
ファイアーボム=自機の横方向に攻撃。
ヘビーボム=自機の下縦方向に攻撃。

いくつものハードに移植され、当時はかなり有名なゲームでした。
見た目で和むので、これならゲームオーバーになっても腹も立たない?
名作と呼んでも差し支えない一本だと思います。

 ※ 関連記事を別館にUP。
    別館に行く?



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。