ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ゲームソフトの容量


何気なく画像ファイルを扱ってて、ふと思ったんだけど
jpeg画像のファイルサイズって、大きいものだと
1メガバイトを軽く超えてるんだよね。
そこで、レトロなゲームのROMカセットと比べてみると
ゲームは意外と容量が小さいんだなと。

最近のDVDに記録されたゲームだと、ギガバイト単位の大きさだけど
昔のは、1メガ〜数メガ、もっと古いファミコン初期だとそれ以下だ。
しかも、ゲームで表示してる【メガ】は
単位が「バイト」ではなく「ビット」。(8ビット=1バイト)
容量1メガビットのゲームカセットは、実際には、0.125メガバイト。
8メガビットのカセットで、ようやく1メガバイト。
たった1枚の写真などの画像と、昔のゲームのファイルサイズが
同じくらいとは、ちょっと考えさせられる。

だって、写真は動かないし、音も出ないし、だいたい1枚の写真を
何時間も見続けたりはしないが、ゲームだったらどうだろうか。
画像が動き、音楽や効果音が出て、しかも自分で操作して遊べる。
何時間も、何十時間も飽きることなく楽しく暇つぶしができる。
これって考えようによっては、スゴクお得なことじゃないのかな?
今日は、パソコン内の画像整理中に思ったことを書いてみました。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18799983
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。