ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ファミコングランプリ F1レース(FC DISK)


◆1987年度作品 ◆発売元 任天堂
◆ハード ファミコン ◆ソフト ディスク
◆ジャンル レース

 名は体を表すの如く、そのものズバリ。
ファミコンで開催されたF1グランプリレースゲーム。

f1race01.gif

 任天堂の看板キャラクター「 マリオ 」を起用した
トップビュー(真上からの見下ろし視点)のF1レース。
ディスクファクスに対応した
シャッター付きの青色ディスクカードで供給された
数少ないゲームソフトの中の一本であります。

当時、ディスクファクスを使った全国トーナメントが行われており
自分の限界と思われる走行タイムをセーブしたディスクカード(本作)を
ディスクファクス設置店に持って行き応募すると
入賞者にはマリオのゲーム&ウォッチ等の賞品が貰えたそうな。

しかし、ディスクファクス設置店が近くにない場合
応募するのも簡単にはいかないですし
そもそもヘタな管理人には完全に縁のない話でしたなぁ・・・。

ということで今回は、レトロなF1のレースゲームの紹介です。

 それでは、せっかくなので黄と青のディスクカード比較から。

fc-disk.gif

何が「 せっかく 」なのかはさておいて
画像左が一般的な黄色のディスクカード。
パクリ疑惑で有名な、あのゲームですね〜。
画像右がシャッター付きの青色ディスクカード。
シャッターが閉じていれば
ディスクの記録面をガードできて一石二鳥?

 このディスクカードを
ファミコンディスクシステムに挿入してゲームを起動。

ゲームモードは
グランプリとタイムトライアルの2つ。
タイムトライアルで走り込んでコースを覚えてから
グランプリに挑戦するのがセオリーかと思います。
大昔にプレイしたゲームなのでコースなど忘却の彼方でありますが
時間のない社会人はグランプリへ直行あるのみ。

 まずは出場するクラス(コースの違いにより難易度が異なる)を選んだら
各コースに合わせて使うF1マシン選び。

f1race02.gif

所有できるのは3台まで。
エンジンは馬力の違い以外にターボとターボなし
タイヤはドライとウェットがありますが
本作にはチューンナップの概念がないので
代わりにレースで稼いだお金を溜め
F1マシンそのものを買い換えることにより
戦力アップを図るようになっております。

 操作は、BがアクセルLOW
AがアクセルHIGH、A、B同時押しでブレーキ。
LOWで発進した後スピードが乗ったらHIGH
ギアをチェンジするのではなくボタンを押し分ける方法。
ターボ車は最高速度時にBを押したまま十字ボタンの上を押すと
ターボが効いてさらにスピードが出るというニトロ的なモノです。

 レースはコーナー手前の矢印を参考にしつつ
的確なハンドル操作(ライン取り)とアクセル&ブレーキで
タイム短縮を目標に走るのであります。

f1race03.gif

そこで注意するべきは、ボディ、タイヤ、燃料の3つのダメージメーター。
ボディと燃料のゲージが0になるとリタイアになり
タイヤのダメージが増えるほど(ゲージが短くなる)
タイヤのグリップ力が落ちて滑りやすくなりますぞ。

なので、そうなる前にピットイン(画像右)して
全てのメーターを回復させるべし。
もちろんピットインのタイミングも重要ですよ。
 ※ Aボタン連打でピット作業の時間短縮。

 そうこうしながら無事にゴールすれば成績に応じて報酬をゲット。
これらを繰り返しながら腕を磨き最速の男を目指すのでありました。
まぁ、管理人は挫折いたしましたが・・・・・。

 久方ぶりのプレイだったのでタイムは言わずもがなですけど
本作のデキ自体は良好でありましょう。
その昔ハマッた人も大勢いらっしゃると思います。
でも、トップビューのレースゲームは
これに限らずクセがあると言いますか
他のレースゲームと比べて操作面においても独特な感じ。

これはこれで面白いんですけど
やっぱり個人的には擬似3Dのゲームの方が好みかなぁ。




この記事へのコメント
久々のファミコンですね。
しかもディスクシステムのレースゲームですか。
なかなか面白そうですね。
ファミコンだから単純そうに見えますが、AボタンやBボタンを駆使するのにはコツが必要そうですね。
レースゲームが苦手な私にはちょっと難しいかもしれません………唯一できるのはボタン連打で時間短縮くらいですorz
Posted by スターマン at 2011年02月28日 15:06
車が小さいから擬似3Dものより見た目の迫力に欠けますが、コーナーを横滑りしながら上手くクリアできた時は、なかなか爽快感があります。
でもトップビューのレースゲームならではのクセのあるハンドル操作は、それ独特の面白さと同時に難しさも兼ね備えているので馴染めなかったらアウトですよ。
Posted by 管理人 at 2011年02月28日 20:10
自分も田舎住まいだったため青いディスクとはついぞ縁がありませんでした(泣)

そんな訳で私も疑似3Dに一票、アニマル学園でしたらさらに一票を追加したいと思います(笑)
Posted by そうてん at 2011年03月01日 17:25
当時のディスクファクス設置店の数は、少ない県で1箇所か2箇所のようですから
そうてんさんは地理的条件で涙をのんだのでしょう。

それはそれとして、さらにパクリ度アップのアニマル学園に自分も一票です。
Posted by 管理人 at 2011年03月01日 19:04
ディスクファクスは、数える程度ですが見たことがありましたが、ついに使用する機会にはめぐまれませんでした。
このゲーム自体もやった事がないですね〜。
Posted by 二条ジョウ at 2011年03月01日 22:04
応募に値するだけの記録を出せなかったのでディスクファクスを見る機会はなかったです。
他のゲームと同じく普通に遊んだだけでした。
Posted by 管理人 at 2011年03月02日 18:14
私、大きな勘違いをしていたようです。
ディスクライターとディスクファクスは別物なんですね。
ディスクライター=ディスクファクスだと思ってました。
と言うわけで、ディスクファクスを見た事は無かったようです。

どうでもいい話でスイマセン……。
Posted by 二条ジョウ at 2011年03月02日 22:47
名称が似てて、まぎらわしい ので勘違いしても仕方ないであります。
Posted by 管理人 at 2011年03月03日 18:45
いや〜、ファミコングランプリのF1レースかぁ〜実はメガドライブ、ゲームギア、メガCDにはファミコンを越えるレースゲームがありますそれがスーパーモナコGPシリーズです。内容は3作とも違うので紹介します。

スーパーモナコGP(MD、GG 1990年)
タイトル通り、モナコGPを題材にしていますが、鈴鹿サーキットの様なサーキットになっている。当時、人気だったF1チームをもじったF1チームが登場する。なおGG版は対戦プレイが可能。

アイルトン・セナ スーパーモナコGP2(MD、GG 1992年)
音速の貴公子、アイルトン・セナが監修した作品。システムはスーパーモナコGPとほぼ同一だが、難易度が前作より増している。

ヘブンリー・シンフォニー(MCD 1994年)
スーパーモナコGPのシステムを継承しながら、フジテレビよるF1中継映像と1993年に開催されたF1チャンピオンシップのデータをフジテレビが担当し、監修は川井一仁が担当。F1チームは実名のチームが使われるものの、アイルトン・セナだけはヘルメットで顔が隠れてしまっている。だがF1にこだわって作られた本作は「スーパーモナコGP」、「アイルトン・セナ スーパーモナコ2」よりも難易度が高い。BGMはメガCDによりCD-DAにより最高なBGMに仕上がっている。
Posted by マイケル村田 at 2012年09月17日 20:28
カートリッジの方を2作ともプレイしたことがありますよ。
シケインをハンドル操作だけでスルッと走り抜けられた時はアレッと思いましたが、当時はシミュレータなんてほとんどなかった時代。
同業他社のゲームも含めて、あくまでもレースゲームとして調整されるのが普通で、その調整具合の良し悪しも面白さが左右される要因の一つですね。
もちろんモナコの方も面白かったであります。
Posted by 管理人 at 2012年09月20日 20:16
1994年、アイルトン・セナは前年のチャンピオンチームでもあるウィリアムズ・ルノーへ念願の移籍の夢が叶う。が、1994年のシーズンは文字通り最悪で、1993年までのウィリアムズの必殺武器でもあったアクティブサスペンション、トラクションコントロール、ABS等を初めとするハイテク武装が全て禁止となり、エイドリアン・ニューエイとパトリック・ヘッドの合作でもあるウィリアムズFW16はとっても運転し難い、しかもこのFW16は音速の貴公子のアイルトン・セナと1993年のプロストのチームメイトでもあったデイモン・ヒルである。第1戦のブラジルGPではデイモン・ヒルは2位に入賞するも、エースドライバーでもあったアイルトン・セナは電気系統のトラブルで単独スピンでリタイヤ、続く、日本のパシフィックGP(岡山国際サーキット(当時:TIサーキット英田))ではアイルトン・セナはスタートに失敗し、ニコラ・ラーリニと接触、デイモン・ヒルはトランスミッションに不具合が生じ、ウィリアムズは敗退。と2戦連続の敗退とは…。第3戦のサンマリノではセナが「ここが自らの開幕戦」と誓う物の、予選一日目にはルーベンス・バリチェロがヴァリアンテ・バッサシケインでクラッシュし、奇跡的に生還はしたものの病院送りに…。更に予選二日目にはヴィルヌーヴカーブでローランド・ラッツェンバーガーがクラッシュ、12年ぶりにF1での死亡事故が発生してしまった…。この2つの重大事故を見てしまったセナは「もう2度と走りたくない」と恋人アドリアーナに電話で伝えた…、夜には落ち着きを取り戻したと言う…。

Posted by マイケル村田 at 2014年02月05日 21:48
1994年5月1日、運命の日が訪れた…。セナは決勝のレースの前に無線で旧友アラン・プロストに「親愛なるアラン、元気かい? 君がいなくなって寂しいよ」と伝えた…。そして遂に決勝レースが来た…。アイルトン・セナは第2戦の時とは違い、華麗なるスタートを切るが、後方でペドロ・ラミーとJ.J.レートがクラッシュし、観客にも多数の負傷が発生してしまい、セーフティカーが導入。ペドロ・ラミーとJ.J.レートは命に別状はなく、何とかマシンから脱出。その後、再スタートから2周後、アイルトン・セナが操縦するウィリアムズFW16のステアリングシャフトが壊れ、タンブレロに大クラッシュ…。セナは瀕死の状態となり、ボローニャのマッジョーレ病院に搬送されるも…時すでに遅く、セナは静かに息絶えてしまった…。当時として地味だったメガドライブのレースゲーム「アイルトン・セナ スーパーモナコGPII」は今となってはアイルトン・セナを偲ぶソフトかもしれない…。

Posted by マイケル村田 at 2014年02月05日 22:27
レーサーは命がけの仕事とはいえセナの死は早すぎました。
それゆえにセナの名を冠したゲームは思い入れがありますね。
Posted by 管理人 at 2014年02月06日 21:46
メガドライブ未発売のF1レーシングゲーム(「F1コンストラクターズ(SEGA)」、「F1(テンゲン/DOMARK社)」)…。これらのタイトルはほぼ未発売となっている…。

F1コンストラクターズ(SEGA)

プレイヤーはF1チームの監督となり、世界各国のサーキット場で勝ち抜き、ライバルのチームたちを蹴散らしながら、自分のF1チームを世界チャンピンの王座(コンストラクターズチャンピオン)に輝かせるF1シミュレーションゲーム。F1マシンのセッティング、ドライバーとスタッフの給料管理と結構こだわって所もあり、メインBGMはSSTバンドの名曲「Belldeer Wind」を使用する予定だったと…。 もちろん時代を先取りしているゲームもという事もあってセガらしいゲームといえるだろう…。

F1(テンゲン/DOMARK社)

英国のDOMARK社が「007 死闘」、「MIG-29」に続いて送り出したF1レースゲーム。「スーパーモナコGP」、「アイルトン・セナ スーパーモナコGPII」と同様の3D視点のレースゲーで、F1マシンがドットで表現され、観客席、トンネル、ピットワール等のオブジェクトが3Dポリゴンで表現しているなどと、まさにメガドライブの性能の限界に挑んだDOMARK社の野心作。スーパーモナコGPと違いターボモード、対戦プレイモードまでもが備わっており、非常に完成度が高いゲームだが、結局、北米と欧州だけ発売され、日本では未発売と結果になった…。せめて「オーサムポッサム」よりもこの「F1(DOMARK社)」を先に発売すれば良いのに…。
Posted by マイケル村田 at 2014年02月19日 18:13
その昔、日本人受けがイマイチの洋ゲーでしたが、テンゲンのゲームは別格だったと記憶してます。
このF1が発売されていたら買っていたかも。
Posted by 管理人 at 2014年02月26日 22:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。