ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ソニック・ザ・ヘッジホッグ(MD)


1991年 セガから発売。

セガの看板キャラ、「ソニック」のデビュー作で
ジェットコースターばりの、ハイスピード・アクションが売り。
こんなに速く走り回る(転がり回る)キャラは、それまで見た事が無く
斬新なイメージを感じたゲームの一つ。
そんな彼を世間が放って置くはずもなく、「あっ」という間に有名人に。
むろん、海外でも、押しも押されもしない人気者になりました。
日本よりもヒットしたほどで、ジェネシス(海外版メガドライブ)の
普及に大いに貢献した名作。

ちょっとクールで小生意気、それでいて正義感を持ち合わせた
音速のハリネズミ、「ソニック」は、今だに現役で活躍していて、
「セガ」生まれのキャラの中では、かなりの長寿といえます。
本当に長生きですね、彼は。

さて、「ソニック」の敵役は「ドクター・エッグマン」と名乗る
マッドサイエンティストで、さまざまなロボットを作っては
悪さを働く不届き者。
この懲りない大悪人をイジメルのがゲームの目的です。
くれぐれも、反対にイジメられないように気をつけましょう。

全6ステージで、各ステージは、さらに3つに分かれていて
制限時間内に敵を倒し、リングを集めながら進んでいきます。
ジャンプして丸く回転した状態で敵にアタック。
走っているときに「下」を入れても回転します。
回転していない時、ぶつかるとミスになりますが、
リングを一個でも持っていれば1回だけ死にません。
その代わり、集めたリングを全部落としてしまいます。
(だから、落としたらすぐに拾います。)

リング100個で1up、50個以上持ってクリアすると、
スペシャルステージへGO。
ステージ内に、バリアや1up、無敵等のアイテムが置いてあるので
出来るだけ見つけて、頂きます。
ただ、アイテム探しに重点を置いてプレイすると
せっかくのスピード感が失われるので、スピード凶の人は
とっとと先を急ぐべきです。
ステージ内の様々な仕掛けを突破して、最後はエッグマンのメカと一騎打ち。
遠慮せずに、ボコボコにしてやりましょう。

色数が64色しか使えない割には、グラフィックも上々の出来。
キャラも可愛く、何よりスピード感溢れるゲーム展開は
ハラハラドキドキの連続です。
「セガ」の会心の一撃を放ったソフト
「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の紹介でした。

 ※ 関連記事を別館にUP。
    別館に行く?



この記事へのコメント
ソニックが誕生するまでの歴史。

アレックスキッドに変わるSEGAのアクションゲームの主人公キャラのイメージ画を描いたのはファンタシースター1と2の大島直人さん。最初期は任天堂のマリオ対抗という事もあって、ひげのないおっさんや卵男のキャラ(のちにDr.エッグマンになったキャラ)を描いていたがやっぱマリオからかけ離れようというオオカミ、ブルドッグ、オズワルドっぽいうさぎ、ひよこ、アルマジロ(後のマイティー・ザ・アルマジロになったキャラ(主人公じゃないけど…))と様々な主人公キャラのイメージイラストが描かれましたが、山口恭史と大島直人が同時に同じキャラを考えたのがハリネズミ、これがソニックの誕生秘話です。

でももし下手したらあのDr.エッグマンやオズワルドっぽいうさぎキャラが主人公になっていたかもしれない…。
Posted by マイケル村田 at 2012年12月12日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18223414
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ソニック・ザ・ヘッジホッグ
Excerpt: ソニック・ザ・ヘッジホッグです。 SEGAの看板キャラクターソニックが活躍するソニックシリーズの最新作です。 ストーリーはDr.エッグマンにさらわれた水の都ソレアナの王女エリスを助けるため、ソニック達..
Weblog: ゲーム紹介&攻略サイト紹介
Tracked: 2006-12-24 02:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。