ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











斬撃のREGINLEIV(Wii)


◆2010年度作品 ◆発売元 任天堂
◆対応ハード Wii ◆ジャンル アクション
◆CERO D

 Wiiリモコンを振って巨大な敵をバッタバッタと斬り捨てろ。
北欧神話を題材にしたストーリーに沿って進むチャンバラ風アクションゲーム。
※ Wiiモーションプラス、クラシックコントローラ対応。

reginleiv01.gif

 オーディンやトールをはじめとする神々への復讐を誓う巨神族が
大挙して押し寄せてきた、全ての生ける者を滅ぼすために・・・。

絶望的な戦いに身を投じる人間たちを導くべく
「 フレイ 」と「 フレイヤ 」の2人の神が
地上に降り立つところからゲームは始まります。

 ゲームモードは1人用のストーリーモードと
4人までの協力プレイが可能なオンライン協力プレイモード。

 まず出撃準備画面でキャラクターや武器の選択。
フレイは剣技に優れ鎧の耐久力もあり接近戦向き
フレイヤは剣の攻撃力と鎧の耐久力が低いけど魔術の遠距離攻撃が強力
でも、消費した魔力は剣で攻撃しないと補充できません。

武器は2人の神それぞれ専用になっており
剣、大剣、弓、槍、ハンマー、杖があります。
フレイは2つ、フレイヤは3つの武器を装備可。
各戦場(ステージ)の敵や地形などを考慮して選ぼう。
また、戦いで得た結晶を使えば
鎧の耐久力強化や新たに武器を作れますよ〜。

さぁ、準備が終われば出撃!!
巨神どもと戦い討ち滅ぼしてあげましょう。

reginleiv02.gif

 ヌンチャクのスティックで移動
ヌンチャクを振ると振った方向に神速移動
Zボタンでガード(剣、大剣、ハンマー装備時)

Wiiリモコンを素早く振るとポインタが通った軌跡が青い線で引かれ
次の瞬間、その線上をズバッっと斬りつけます。
従いまして、ポインタを敵に重ねるように振らないと攻撃がヒットしませんぞ。
※ 槍、弓、杖の一部は操作方法が異なります。


 こんな感じで、ワラワラと出てくる巨神族を次々と倒していくのですが
接近してみると、その大きさを思い知らされます。

reginleiv03.gif

巨大な敵を相手に戦う、その迫力はなかなかのもの。
Wiiリモコンを自在に振れるようになれば
敵を斬り倒す爽快感も加わって楽しさ倍増。

※ もし操作が自分の思うようにならないようなら
 ゲーム中でもWiiリモコンの感度調節や
 キャラクターの方向転換速度などの設定を
 自分に合わせてカスタマイズするとよいでしょう。

 敵を倒し結晶を集め武器を生み出していく喜びもあります。
強力な武器を装備すれば、ステージクリアも楽になりますが
それ以上にコレクター気質のあるプレイヤーには
武器を集める楽しさもプラスされるんですね〜。

それこそ「 メーカー側の思う壺 」では?

何を隠そう、その思う壺にまんまとハマってしまった管理人なのでありました。


 ただ、誰にでもオススメできるゲームではありません。
CEROのレーティングが「 D 」、つまり推奨年齢17歳以上。

reginleiv04.gif

本作では倒せば巨神(一番小さいのは除く)の部位破壊ができるようになってまして
腕や足を斬り落とせるし、頭を狙ってトドメを刺せば首も落とせるんですよ。
さらに、ドバッっと豪快に血しぶきが飛ぶエフェクト付き。

しかしですね、この部位破壊にはメリットがあって
破壊した場所に応じて、出現する結晶が違うんです。
例えば、武器を破壊して土の結晶をゲット。
手足を切り落として水の結晶をゲット。
トドメで頭を落として霜の結晶をゲット。
最後にマナ結晶を拾い集める。
※ 敵の種類により取れる結晶が異なります。

より強力な武器を欲するなら、避けて通れぬ道なり。

幸いにも切断面はグロくないけど、「 D 」は伊達ではないってことです。


 お子様にプレイさせるのは好ましくないゲームだけど
アクションゲームが好きで
この程度の残虐シーンは気にもとめず
ついついゲームのアイテムを集めてしまう人には
一度お試しいただきたいゲームであります。

操作に慣れるまでは戸惑うこともあると思いますが
だんだん巨神を斬り倒すのが病み付きになっていくかもしれませんよ?!

アナタもメーカー側の思う壺にハマってみてはいかがかな。







この記事へのコメント
これ、面白いですよね。
最初、モーションプラスでやらなかったんですけど、モーションプラスをつけてプレイしたら面白さが段違いでしたw
爽快感もそうですが、NPCが良くしゃべる所も個人的にマルです。
これほど、買って良かったと思えるゲームは久しぶりでした。
Posted by 二条ジョウ at 2011年01月25日 00:58
モーションプラスを付けてないとテレビ画面から外れるたびに、Wiiリモコンをテレビに向けてください と親切に?表示されるので以後は取り付けたままにしていましたよ。
2010年にプレイしたゲームの中で1番面白かったので自分も買って良かったと心底思ってます。
おかげでリモコンの電池代がかさみましたが、このゲームのためなら惜しくなかったです。
Posted by 管理人 at 2011年01月25日 19:29
これは面白そうですね。
WIIリモコンを使って敵を切る・・・敵かなり大きいですね(^_^;
こんな大きい部位破壊敵を部位破壊するのは大変ですね。
さまざまな武器があるのは良いですね。
オンライン対応しているのもかなり良いです。
最近WIIのゲームを買ってないので久々に買ってみようか考え中・・・・・・これはハマりそうです。
最近はレトロゲームばっかやっているので気分転換にいいかもしれません。
大魔界村にハマっているので・・・ぬるゲーばっかりやっていた私にはつらいゲームです(^_^;
Posted by スターマン at 2011年01月29日 15:02
こんな大きい部位破壊敵ってなんぞ(^_^;
こんな大きい敵を部位破壊でしたね・・・間違えましたm(_ _)m
Posted by スターマン at 2011年01月29日 15:06
だ、大魔界村・・・MD版でヒドイ目に遭ったような。
難しいゲームでしたが何度も挑戦したくなるデキの良さは流石でした。

そして同じように斬撃のレギンレイヴも何度も挑戦したくなるゲームですよ。
結晶集めが少しだるかったけど高難易度でプレイする時は良い武器がないと辛いので頑張って拾いまくってました。
Posted by 管理人 at 2011年01月29日 20:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。