ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











塊魂(PS2)


◆2004年度作品 ◆発売元 ナムコ
◆ハード プレイステーション2 ◆ジャンル アクション

 塊を転がして周囲のモノを巻き込んで大きくしていく
風変わりなアクションゲーム。

katamari-damashii01.gif

 ストーリー

おしゃれを自称する大コスモの王様(巨大)が酔った勢いで星空を破壊。
その尻拭いに王子(かなり小さい)が地球に派遣され
星を作らされることになりましたとさ、めでたしめでたし。

 いや、全然めでたくはないんですけど
一方的にしゃべりまくる王様と無口な王子の
一種異様ながら妙におもしろおかしく
プレイヤーの脳裏に焼き付けられる歪な親子関係。

2本のアナログスティックを使ったシンプルな操作。
わざとポリゴンの粗さを逆手に取ったような独特のグラフィック。

今までにありそうでなかった斬新なゲームデザインが
変わったゲームが好きなプレイヤーのハートを鷲掴み!!
ヒットゲームの続編やパクリなどなど
ありきたりのゲームにうんざりしている貴兄に
一度お試しいただきたい一品・・・・・?
・・・・・塊魂もPS2で続編が出てましたね〜。
基本的にやる事は同じと言う理由で買わなかったので
今回は、初代塊魂の紹介となります。

 大コスモの王様。

katamari-damashii02.gif

彼が今回の事件の首謀者であり
息子である王子は彼に命令されて仕方なくやって来たのです。
そう、モノが溢れた地球へ。

彼らの目的は、地球にあるモノで星を作り 星空を元に戻すこと。

 星の作り方はいたって簡単。
まず、星の元となる「 塊 」を転がし
モノを巻き込んで塊を少しずつ大きくしていきます。
最初は小さいモノしか巻き込めない(塊にくっつく)けど
塊が大きくなればなるほど、大きなモノを巻き込めるようになります。
※ 小さいモノから効率よく巻き込んでいくのがポイント。

 操作の基本は2本のアナログスティックを転がしたい方向に倒す。
進行方向と逆に入れるとブレーキがかかり
2本のスティックを上下逆に入れるとその場で左右に方向転換。
 さらに
王子ダッシュ、2本のスティックを素早く上下に動かす。
王子ターン、L3、R3ボタン同時押し。
王子ジャンプ、R1を押す。
王子ルック、L1を押す。
これらのアクションも使えるようになっております。

katamari-damashii03.gif

 塊に生き物だって巻き込めるのもミソ。
ネズミ、犬、猫はもちろん、人間だって巻き込めます。
アナタも一度、人間を巻き込んでごらんなさい。
悲鳴をあげながら足をバタバタと動かすんですよ。
なんともシュールな光景ではありませんか。

しかし、いくらジタバタしても手遅れ。
巻き込まれたら最後、夜空の星になっていただきます。

 こうやって、塊を転がし続けて
制限時間内に指定された大きさ(直径)を超えればクリア。
出来上がった塊は王様に星にしてもらいましょう。
※ クリアするごとに大きな塊を作れるようになります。

katamari-damashii04.gif

大きさが満たない場合はゲームオーバーとなり
王様から、それはもう厳しいお言葉が容赦なく浴びせられますよ〜。

 ちなみに、オマケみたいな感じだけど画面分割による対戦も可能
人間同士で、どちらが先に大きな塊を作れるかを競えるモードもあります。


 とにもかくにも、塊を転がして大きくするゲーム。
それが「 塊魂 」なのであります。
遊びをクリエイトするナムコさん(当時)、流石に目の付け所が違いますなぁ。
目から鱗とでも申しましょうか
今までのゲームとは違う、変わったゲームは大歓迎ですよ。

やはり人間には新しい刺激が必要なんです。
時には斬新なゲームの一つでもプレイしたくなるもの。
続編ばっかり作ってたって先は見えてるじゃないですか。

変なゲームを切に望む、by管理人。







この記事へのコメント
このゲームやった事が無いはずなのですが、何故か頭の片隅に残っています。
恐らく、何かで見たとは思うのですが、それが何かが思い出せません。。。

と、そんな事は置いといて、ナムコは遊びをクリエイトするだけあって、目の付けどころが違ってましたよね。
同じく変なゲームを切に望むところです。

……もちろん、面白い事は前提ですがw
Posted by 二条ジョウ at 2011年01月18日 01:22
なぜだか時々このゲームをやりたくなるんですよ。

大ハマりとまではいきませんでしたが、結構好き、ただ、人間巻き込んだ時のリアクションは何とも言えないステキ感がありました(笑)
Posted by そうてん at 2011年01月18日 17:15
二条ジョウさん、定番のゲームは安心感があり、変な(斬新)ゲームはプレイするまで内容が詳しく分からないからドキドキワクワク感があるように思います。
でも、どちらも面白くないと話にならないですけど。

そうてんさん、おおよそ6年ぶりのプレイでしたが、あっという間に2時間ほど経過してました。
クセがあるけど面白いゲームですよ。
それと自分も人間を巻き込むのが一番のお気に入り、至福の一時なのでありました。
Posted by 管理人 at 2011年01月18日 19:18
ナ〜ナナナナナ〜ナ〜ナ〜ナナ〜ナ〜ナナ〜ナ〜。
塊魂プレイ後にはこの曲がずっとながれています(笑)

塊魂は友人が持っていて、私にオススメしてきました。
最初は「塊魂?あのバカゲーっぽいやつ?面白いの?」と言ってしまいましたが、いざプレイするとかなりハマりました!!
最初は小さいけどどんどん大きくなって、かなりでかい物を塊に巻き込んだときがうれしいんですよ。
このゲームはシュールすぎますね(笑)

塊魂をバカゲーと言ったことをかなり反省しました。
今後見た目でバカゲーなどと判断しないようにしようと思いましたね。やってみないとわからないものです。
でも「建設重機喧嘩バトル ぶちギレ金剛!!」は正直に言うと一目でバカゲーだと思ってしまいました…………まぁ実際にバカゲーだったので良しとしましょう(笑)

お そ ろいのTシャツ!!!
Posted by スターマン at 2011年01月21日 20:34
塊魂をオススメしてくるとは、良い友人をお持ちのようですね。
ゲーム性はもちろん使われている音楽(歌詞)も個性の塊なので、初プレイ時のインパクトは絶大でした。

ちなみに、私的にはバカっぽいけど面白かったゲームを褒め言葉でバカゲーと呼ぶパターンが多かったりします。
そこらへんは人それぞれの感じ方の違いで意味合いも変わってくると思いますが。
Posted by 管理人 at 2011年01月22日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180864660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。