ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











テラクレスタ(FC)


1986年 日本物産から発売。

5機合体で無敵の火の鳥、分離してフォーメーション攻撃と
多彩なバリエーションで注目を集めたシューティングゲーム。
軽快でノリのいい音楽もGOOD! だけど難易度高め。
今では、すっかり廃れた感のあるジャンルだけど
そんな事は、お構いなしに進めます。

スタート時は、1号機一機だけの孤独な状態ですが
戦闘中に格納庫から2号機〜5号機までの機体を奪取します。
2号機はビームを2倍発射でき、3号機は後方へも発射
4号機は貫通ビーム発射、5号機は後方にバリアを張れます。
つまり、パワーアップアイテムの代わりと言えます。

そして、最初の1回だけですが、5機全部合体すると8秒間だけ無敵の
火の鳥になり体当たりで敵を倒せます。(ガッチャマンのパクリ?)
また、合体中に敵の攻撃を受けてもミスにならず1号機は無事です。
1号機の盾としても使えるけど、合体すればするほど当たり判定も
大きくなるのが欠点かな。

しかし、このゲームの醍醐味は合体より、むしろ分離させて行う
フォーメーション攻撃にあると思います。
絶大な破壊力がありますが、一回のパーツ奪回につき
3回しか使えないのと、1号機が丸裸になり一発で即死するのが欠点。
ちなみに、この時2号機〜5号機は当たり判定はありません。
2機=ムーンフォーメーション
3機=エクステンドフォーメーション
4機=サイクロンフォーメーション
5機=クロスフォーメーション
以上の形態があり、エクステンドフォーメーションが
弾幕張りまくりだし、3機あればできるので
一番使い勝手が良かった記憶があります。

最後に
ボスの名前は、宇宙魔王「マンドラー」です。
魔王?このネーミングも微妙ですが、中ボスのネーミングが
中型母艦「チューボ」、大型母艦「ダイコン」です。
『そのまんまやないか、もちっとヒネらんかい。』
思わず心の中でツッコミ入れます。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17992696
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。