ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











建設重機喧嘩バトル ぶちギレ金剛!!(PS2)


◆2000年度作品 ◆発売元 アートディンク
◆ハード プレイステーション2 ◆ジャンル 対戦アクション

 さぁ、2011年度 一発目にご紹介するゲームはこちら。

男だったら、ぶちギレろ!!
土木建築工事に欠かせない建設重機で一対一の壮絶なバトル!!
どちらかが破壊されるまで戦う対戦アクションゲーム。
※ キャラクターデザインは漫画家の本宮ひろ志氏。

buchigire-kongo01.gif

 人や人型のキャラクターが対戦するアクションゲームで
一時期隆盛を極めた「 対戦格闘ゲーム 」はご存知だと思います。
通常技やコマンド入力の必殺技を駆使し
対戦相手の体力を0にすれば勝ちというゲームでしたね〜。

この対戦格闘ゲームのシステムを取り入れ
人に代わって建設重機(建設機械)を戦わせてしまった
異色の対戦アクションゲームが「 ぶちギレ金剛 」なのであります。
日本中のゲームファンの熱い期待を一身に受けて登場した
プレステ2と同じ年に発売された初期の作品であり
「 何か新しい物を創りだそう 」という
気概を感じ取れ・・・そうなゲームになっておりますぞ。

それでは、もそっと詳しく説明いたしましょう。

 ゲームモードは
自意識過剰で勘違い野郎の主人公「 金剛隼人 」が
亡くなった先代の後を継ぎ、重機バトルで金剛一家の再建に奮闘。
熱き血潮が燃えたぎる熱血ストーリーに沿って進行する「 ストーリー 」と
人間同士、またはCOMとの対戦を楽しめる「 対戦 」の2つ。
※ 対戦はストーリーを進めていくと使えるキャラが増えます。

アニメーションとゲーム画面のテキスト(音声付)で語られる
おバカなストーリーも本作の見所。

buchigire-kongo02.gif

 プレイヤーが使える建設重機は
パワーショベル(穴掘るヤツ)
ブルドーザー(土砂などを押して整地するヤツ)
クレーン車(鉄骨などの物を吊り上げるヤツ)
ダンプトラック(土砂などを積んで運搬するヤツ)
フォークリフト(荷物を持ち上げて運搬するヤツ)
ロードローラー(ローラーで押し付けて走るヤツ)

本作のフォークリフトは小型なので重機と言えないのでは?
とも思いますが、使える凶器はこれら6台。
対戦相手の建設重機にガッツリと攻撃を食らわしてやるのであります。

 攻撃方向は、それぞれ
前方(△ボタン)、左(□ボタン)、右(○ボタン)が対応。
クレーン車とパワーショベルはアームで攻撃、その他は体当たり攻撃。
×ボタンで防御(地中から鉄骨が飛び出す)できます。

buchigire-kongo04.gif

死角から攻撃できれば怖いものなし!!
ダメージを受けるごとに腰から折れ曲がっていく看板(ダメージメーター)
吹き上がる黒煙、工事現場に置かれた障害物をも利用して戦うのであります。

 また、対戦相手に攻撃がヒットするか、逆に攻撃を食らっていき
ぶちギレゲージが最大になる(切れる)と必殺技の発動準備完了。
制限時間内に必殺技の範囲内に対戦相手を捕らえれば
キャラクターや建設重機ごとに個性豊かな必殺技が炸裂!!

kongo.gif

おバカな(くだらない)必殺技が多くて
バカゲーファンなら感涙必至、十分に見応えあり。

さらに複数のボタン連打で戦う口喧嘩システムも搭載。
プレイヤーを更なる地獄へと?誘います。


 個性的な(おバカ)キャラクターと
ムダに熱いストーリー(終盤はチョッと深刻な感じ)。
とにもかくにも、男たちの熱血バトル、生きざまを描いた
対戦アクションゲームの怪作なんですよ、これが。
※ ここでシラケるようなら本作をプレイする価値はないでしょう。

独特の風味があって、そこは個人的にツボにハマるんだけど
やはり、当然のように悪い部分もあります。

 肝心のバトルが、トロい。

人間じゃないんだからジャンプしないのも分かるし
機械だから方向転換に時間がかかるのも分かります。

でもね、もう少し機敏に動いてくれたら・・・・・。

お世辞にも操作性が良いと思えないし・・・・・。

ド迫力の3Dバトル、なんて書いてあるけど地味だし・・・・・。


それでも、バカゲーとしての資質に恵まれているから

その一点で買いのゲームだったりします。

変わったゲームが好きな管理人には格好の暇つぶしアイテムなのでありました。







この記事へのコメント
早速一発目から、面白い物を出してきましたねw
見た事も聞いた事もありませんが、プレイしなくてもバカゲー臭さが感じられました。

しっかし、ムービー見ましたが、いちいちウケますなw
Posted by 二条ジョウ at 2011年01月09日 19:18
このゲームは面白いのか?と聞かれると言葉に詰まってしまいますが、バカゲー好きなら是非押さえておきたい一本であります。
そういうゲームなんだと割り切れればニヤリと笑みをうかべながらプレイできるでしょう。
Posted by 管理人 at 2011年01月10日 16:33
2011年、最初のソフトがバカゲーとは・・・。
しかしこんなゲーム知りませんでした。
なかなかのバカゲーですね〜。
戦闘は地味だし動きも遅いし。しかもフォークリフトがあるなんて・・・。

これは私の中のバカゲーbest10にはいりますな(^_^;
Posted by スターマン at 2011年01月11日 22:59
2011年、最初のソフトがク○ゲーとは・・・。
しかしこんなゲーム知りませんでした。
なかなかのク○ゲーですね〜。
戦闘は地味だし動きも遅いし。しかもフォークリフトがあるなんて・・・。

これは私の中のク○ゲーbest10にはいりますな(^_^;
Posted by スターマン at 2011年01月11日 23:02
すいません、バカゲーをク○ゲーに訂正したやつをまちがって投稿してしまいました。
Posted by スターマン at 2011年01月11日 23:04
バカゲーとクソゲーの違いは紙一重の差、プレイヤーの受け取り方次第でどちらにでも転びます。
ある意味スゴイ(よくぞ発売した)と思いますが、クソゲーではないと断言もできないですよ。
でも、変わったゲームであることは確かです。
Posted by 管理人 at 2011年01月12日 19:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。