ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ドラゴンクエスト(FC)


1986年 エニックスから発売。

ゲームをしない人でも、1度は聞いた事あるでしょ?このタイトル。
キャラクターデザインを漫画家の「鳥山明」氏、さらに
音楽を作曲家の「すぎやまこういち」氏と、プロ中のプロ
一流どころを起用した日本のロール・プレイング・ゲームの大御所。
忘れもしない、ドラクエシリーズの第1作。
伝説はここから始まった。

初めてプレイしたRPGで、最初の印象は「けっこう面白いな」。
そんな感じで、特に凄いとは思わなかった。
だが、2,3と続編が発売される度に、社会現象を巻き起こす
超有名なゲームとなった。
ドラクエを買った小学生が、カツ上げされる事件が起こり
世間が大騒ぎした事もあり、常に話題に事欠かない怪物ソフト。
これが、ドラゴンクエストシリーズです。

ドラクエ1が、2以降と違う点は、最初から最後まで
主人公が、たった一人で冒険すること。

一人旅ですよ、話し相手もいない、寂しいですね。
一人で攻撃、一人で呪文、一人で逃げる。
これがロト血を引く勇者の運命です。

呪文の中で、殆ど使わないものもあったなぁ。
攻撃補助系は効果がハッキリしないので敬遠してました。
人に話しかける時、東西南北の方角を入力するのは頂けなかった。
でも、許す。
洞窟の中でたいまつが消えたときの心細さ知ってますか。

竜王を倒し、ローラ姫を連れて城に帰る前に
宿屋に泊まる時の宿の親父のセリフ
「ゆうべはおたのしみでしたね」に、
思わずニンマリしてしまう管理人でした。



この記事へのコメント
面白かったのは今更言うもでもないのですが、感心したのは私の祖母がクリアしてしまった事です、本人も凄く満足していて微笑ましかったです、しかも攻略本無しに自力で、これって結構凄い事だと思いますよ、後に国民的ゲームになるのも頷けました
Posted by dd at 2006年10月16日 21:27
クリアされたんですか、すごいですね。
面倒な「ふっかつのじゅもん」に めげる事もなく、自力で謎を解くなんて。

竜王に「世界の半分をやる」と言われたとき、どうされたんでしょうか。
気になります。
Posted by 管理人 at 2006年10月16日 23:00
確か高1の時にツインファミコンと一緒に買った初めてのゲームでした。
今でもレベル30の復活の呪文を覚えています。
ゲームにエンディングというものがあることを初めて知り感動したことを思い出します。
姫を救出せずにクリアすることも可能だと検証した友人もいました。
Posted by at 2007年03月08日 15:23
昔のゲームはエンディングは無いか、あっても短いのが普通でした。
それが今では、映画のように長々と・・・・・。
それにしても、今でも復活の呪文を覚えているんですね。
それだけ思い出深いゲームなのでしょう。
Posted by 管理人 at 2007年03月08日 23:04
日本でのドラクエはかなりの人気があったとしても海外ではアクションやスポーツ、シューティング系のゲームがメインであるため、アメリカでのドラクエは大敗していた(アメリカはコツコツ進めていくRPGよりもアクション、スポーツ、シューティングが人気だからなぁ…)。
Posted by マイケル村田 at 2013年02月12日 18:06
アメリカで売れなかった話は聞いたことがあるなぁ。
国民性とか諸々の違いがありますから・・・現状も似たようなものですけど。
Posted by 管理人 at 2013年02月19日 20:03
あうかざれ ろほさゆびぶあ
えもがだで へばづ

みつはし
レベル30
HP210
MP200
G65535
E65535

つよさ
レベル:30
ちから:129
すばやさ:120
さいだいHP:210
さいだいMP:200
こうげき力:169
しゅび力:110
ぶき:ロトのつるぎ
よろい:ロトのよろい
たて:みかがみのたて

mitsuhashi 1212
Posted by ドラゴンクエスト 最強レベル30 復活の呪文 みつはし mitsuhashi at 2013年11月21日 20:23
当時の復活の呪文まだどこかにとってあるかな…
それにしてもネットで公開して誰もが利用できる記録システムって今考えると良いものですね
Posted by とおりすがりのアラフォー at 2015年05月03日 10:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。