ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











悪魔城ドラキュラ(FC DISK)


1986年 コナミから発売。

ディスクシステム初期の名作で、後に数多くのゲーム機でも発売された
『悪魔城ドラキュラ』シリーズの記念すべき第1作。

主人公、シモンの武器は な、何と「鞭(ムチ)」。
これで蝋燭があれば、アブナイS,M,の世界を描いた
ゲームなのかと思えなくもない?
実際、ステージに何気なく蝋燭が置いてあるんですけど・・・。

えーと、冗談はさておき、操作もいたってシンプルで
Aボタンでジャンプ、Bボタンで攻撃
十字ボタン下でしゃがみ、上+Bで武器アイテム使用。
また、鞭のパワーアップや武器アイテムの2連射、3連射など
各種取り揃えてあります。

プレイした感想として、まず挙げられるのは
操作タイミングが、結構シビアで難易度は高めです。
しかし、理不尽な難しさではなく絶妙にバランスが取れているので
ゲームオーバーになっても不思議と腹が立ちません。
また、ライフ制なので穴等に落ちない限り
一発死しないのも当時としては良い点です。

加えて、音楽も良い出来で、名曲と言えるかもしれません。
ただ、今の時代から見ると、流石にグラフィック(見た目)は
見劣りしますが、シリーズ第1作にして最高傑作と呼んでも
良いんじゃないかと思えるほど完成度は高いです。


少し褒めすぎたかな。



この記事へのコメント
いいゲームでしたね。
クロスの三連射が好きでどんな場面でも使っていました。
自分は二週目から難しくて無理でしたが友人はステージ99(だったか?)まで行けていました。
その友人も犯罪組織の代表になり去年逮捕・・。
Posted by at 2007年03月08日 15:14
一週目でも操作タイミングがシビアで苦労の連続。
クリアはしたものの、この時点で真っ白に燃え尽きました。
Posted by 管理人 at 2007年03月08日 22:52
無茶苦茶懐かしいです(^^;)
1面のボスの巨大なコウモリと、雑魚敵のせむし男が何故か印象に残ってます。
Posted by ナギ at 2011年09月26日 10:06
難易度が高かったのも良い思い出、死に物狂いで遊んでましたよ。
全クリアした時の充実感は今でも忘れられません。
Posted by 管理人 at 2011年09月26日 19:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17646322
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。