ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ファミコン(FC)


◆1983年発売 ◆任天堂
◆紅白ファミコン 14,800円
◆ディスクシステム 15,000円
◆ツインファミコン 32,000円

紅白ツートンカラーの言わずと知れた、国民的ゲーム機。
ファミコンブームの波に乗り同業他社を圧倒するシェアを獲得し
数々のソフトが発売されました。

コントローラーは小振りだが扱いやすく、操作性も良好。
1コンは、十字ボタンと、A、B、スタート、セレクトの各ボタンを配置。
2コンには、スタート、セレクトの代わりに
マイクを内蔵しているのが特徴です。
海外でも「ニンテンドー・エンターテイメント・システム」
(NES)の名で発売されました。

1986年にはディスクシステムを発売。

記憶媒体がカセットからディスクカード(フロッピーディスクの親戚)に
なり、ファミコン本体にケーブルを接続して使用します。
発売当初、カセットより、大容量、安価で、書き換えもできると
高評だったようですが・・・。

しかし、後に容量もカセットが上回るようになり
ファミコンの性能不足を補う機能がカセットに組み込まれたりして
ディスクシステムの利点が徐々に失われていきました。
更に、ソフト販売の利益が少ないのが致命的で
ソフトメーカー、小売店側では共に評価はイマイチだったようです。

ちなみに、シャープより、ファミコンとディスクシステムを
一体化させた「ツインファミコン」も発売されていました。

68.jpg



この記事へのコメント
ファミコンはインパクトありました、当時の他のゲーム機と比べて圧倒的なスペックで価格もSG1000とほぼ同じでしたし、初期タイトルも質が高くて、、
国民機になったのはスーパーマリオ以降でしたけどそれ以前からも人気は抜けていましたよね。
私はFCより先にSG1000Uを買った変わり者ですが(笑)
Posted by dd at 2006年10月16日 21:17
ファミコンは、自分をTVゲームに引きずり込んだ張本人です。
「ファミコンが なんぼのもんじゃ」と最初はナメてかかってましたが
ものの見事にハマってしまいました。
以来、ハード、ソフトにお金を費やす日々が続いたのでした。
Posted by 管理人 at 2006年10月16日 22:49
ハード性能も高性能でソフトもナムコ、ハドソン他サードパーティーの参入で充実したファミコンだがまだ低価格
ホビーゲームパソコンMSXも1985年にMSX2に性能アップ
したのに対抗し性能向上のためディスクシステムを15000円で販売、更にシャープからツインファミコンも出すなど
アメリカ、ヨーロッパで海外版販売に備えて日本覇権固め
とMicrosoftアスキー黒幕、ソニー、パナソニック主導の
MSXシリーズとの決戦に備えてた、無視されたセガマーク3
既に瀕死のエポックスパカセビジョン、これにに怒り。
Posted by T at 2013年10月27日 02:18
私から見ればマークIIIは味のあるゲーム機でしたが、一般の人は「なに、それ?」って感じでしょうか。
その他諸々、ファミコンの敵ではなかったのでした。
Posted by 管理人 at 2013年10月28日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。