ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











はなたーかだか!?(PCE)


◆1991年度作品 ◆発売元 タイトー
◆ハード PCエンジン ◆ソフト HuCARD
◆ジャンル シューティング

 むかしむかし、あるところに・・・
日本の昔話を彷彿とさせる世界観と可愛らしいキャラクターが持ち味の
和風シューティングゲーム。

hanatakadaka01.gif

魔人ジカンダ率いるタヌキ軍団を懲らしめるべく天狗が宙を舞う!?
一部、縦方向に任意スクロール可能な横スクロールシューティングです。

・・・ってことでありまして今回は
天狗様の鼻が高いゲームを紹介いたしましょう。

 残機制、アイテムでパワーアップできる定番の仕様になっており
通常ショットと溜め撃ち、ボム(弾数制限あり)で敵を撃破。
溜め撃ちとボムはアイテム取得により変化し数種類あります。
天狗が大きくなるパワーアップアイテムもあり(大きさは3段階)
攻撃を喰らうと1段階小さくなります。
一番小さい時に攻撃を喰らうとミス、1機失いますぞ。

 天狗様の大きさ比較。

hanatakadaka02.gif

大きいほど攻撃力が高いけど弾除け不利。
ステージの状況に合わせて
アイテムを取るべきか取らざるべきかの判断も重要であります。

 また、各ステージで何かに化けている敵を撃つと
サブステージに突入。(タヌキだから化けられる)
サブステージは化けている敵を撃つとクリアとなり
封印のカケラをゲット、元のステージに戻れます。
ただ、ループ構造になっているので倒さない限り出られないため
ヘタをすると何周もするハメになることも・・・。
また、ボスを倒せばステージクリア、こちらも封印のカケラをゲットできます。

画像左、ステージ1
ほのぼのとした雰囲気が漂ってるけど一発死の罠があったりして油断は禁物。
(普通はひっかからないと思いますが。)
画像右、ステージ1のサブステージ。
天狗のサイズを最大にしたのが間違いの元。
この画像の直後に死亡いたしました。

hanatakadaka03.gif

ちなみに、サブステージに行かなくてもステージはクリア可能ですが
封印のカケラを取れなかった分、エンディングに影響するようになってます〜。

こんな感じで6ステージを戦い抜く
天狗の「 はなたーかだか 」なシューティングゲームなのであります。


 さて、本作はグラフィックが可愛らしいのや変なのやらで
見た目に硬派とは縁遠くお子様向きのゲームかと思いきや
難易度においてヌルさはなく、特に手加減している様子はないですねぇ。
オプションで難易度を下げても
少しでも気を抜いたり雑な操作をするとやられちゃいます。

雰囲気は独特だけど基本的なゲームシステムは平凡。
これまでのシューティングゲームを元にアレンジを施したって感じかな。
まぁ、アイテムの使いどころが(取りどころ)難しいっていうか
あまり役に立たない場合もありますが、それはそれで良し。

ゲームオーバーになるとパスワードが表示され
メモしておけば途中から再会可能。
ゲームに時間があまり取れなくてもプレイしやすいので良し。

秀逸なゲームってわけでもないんだけど
本作の殺伐としていない「 ほのぼの&のほほん 」とした明るい雰囲気が
癒し系シューティングゲームとなり、心の薬とならんことを切に願うものであります。

・・・・・それだけが取り柄と言えなくもないような〜?!




この記事へのコメント
この雰囲気はいいですね〜。
でも、この手の感じは逆に難しそうです。。。
パスワードでの再開があるなら、シューティング苦手な私的にも挑戦しやすいですね。
Posted by 二条ジョウ at 2010年11月23日 18:21
それなりに面白おかしい敵キャラクターが織り成す雰囲気が気に入れば普通に遊べるゲームだと思います。
それとパスワードが短いので入力も苦になりませんよ。
Posted by 管理人 at 2010年11月23日 19:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。