ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ザ・マエストロムジーク(PS)


◆2000年度作品 ◆発売元 グローバルAエンタテインメント
◆ハード プレイステーション ◆ジャンル 音楽ゲーム

 音楽好きなら誰でも一度は憧れる?
オーケストラの指揮を疑似体験できる音楽ゲーム。

the-maestromusic01.gif

指揮棒型のバトンコントローラに対応・・・というか
別売の専用コントローラでも遊べるクラシック音楽を題材としたゲームです。
※専用コントローラ同梱版もあり。

加速度センサーを内蔵したバトンコントローラがこちら。

ps shikibo.jpg

ボタンは A、Bの2つだけ。
コントローラのボタンのある面を上として上下に振ると(左右には反応しない)
振りの大きさ(振った幅)により演奏の音量の大小を
振る間隔により演奏のテンポを調節するようになっております。

また、通常のコントローラでプレイする場合
・左右のアナログスティックを使う(アナログ操作)
・アナログをOFFにしてボタン操作、またはアナログスティックの無い
 旧型コントローラを使用してボタン操作(デジタル操作)
2つのパターンがあり、それぞれ操作方法が異なります。

 ゲームモードは
・GAME = チュートリアル、リハーサル、コンサートで演奏。
・FREE = ゲームオーバーはなくクリアした楽曲を自由に演奏できる。
・OPTION = セーブ、ロードや設定の変更。
・SETTING = バトンコントローラの微調整。

 さぁ、お好みのモードを選んだら、次に楽曲を選び演奏開始であります。
本作ではプレイヤーは指揮者となり演奏のテンポと音量を
画面左下に表示されているゲージの赤いラインに合うように指揮します。

the-maestromusic02.gif

楽譜が右から左に流れていきますが、楽譜が読めなくても全く問題ありませんぞ。
プレイヤーがやるべき事はテンポと音量
それと楽譜に青いラインが引かれている強調パートでボタンを押し続けるだけ。
つまり、ゲーム画面で指示されたとおりの
一定のテンポを保ちながら音量に強弱を付けた演奏ができればよいのであります。

なので、一般的な音楽ゲーム(リズムアクション)によく見られる
「 指定されたボタンをタイミングよく押す。」といった
タイミング重視のアクション性は、あまりない音楽ゲームなんですよ。

 そして選んだ楽曲をクリアするとリザルト画面になり評価が下されます。

the-maestromusic03.gif

音量以外の数値が低くボロボロの演奏ですなぁ。
管理人のリズム感といいますか拍感覚のなさが如実に現れております。

特に専用のバトンコントローラを使用した場合
音量が大きくなるように指揮する時はコントローラの振りを大きくするので
つい力が入ってテンポまで速くなってしまう副作用が出るんですよ〜。
やはり、結局は慣れの問題になるんだけど
そう簡単には克服できそうにない管理人なのでありました。


 こんな感じでオーケストラを指揮して良い演奏ができるように
テンポと音量と強調パートの3点に気を付けながら操作する音楽ゲーム。
それが「 ザ・マエストロムジーク 」なのであります。
ちなみに、ムジークの綴りは「 MUSIC 」。

演奏できる曲目は全てクラシックで
リハーサルが9曲、コンサートで9曲の計18曲。
クラシック音楽に抵抗さえなければ
チョコッと指揮の真似事でもしてみようかな〜って
軽い気持ちでプレイするぐらいが丁度良いのかもしれませんが
ボリュームがあるとは言えずゲーム性も低め。

しかし、その点を考慮してのことかミニゲームが隠されてたりして。

the-maestromusic04.gif

これらのミニゲームが面白ければ良かったのになぁ・・・。
ついでにユーザーインターフェースの操作性も良ければ・・・。
でも価格も低めの設定なので、コストパフォーマンスはそれなりではないかな。

 ちなみに、続編の「 ザ・マエストロムジーク ツヴァイ 」がPS2にて登場。
こちらは画質音質共に向上してるので(ついでに難易度も)
もしプレイしたいという猛者がいらっしゃるのなら
PS2版の方が良いかと思います。




この記事へのコメント
うおっ!初めて見ましよコレ。
専用コントローラーにこんなのがあるのも知りませんでした。。。
そしてPS2版もあるとは……。

純粋に一度触れてみたいゲームですね。
でも、店頭とかでも見たこともないから、結構レアなんじゃ……。
Posted by 二条ジョウ at 2010年11月08日 23:44
指揮をするだけなのでアクション性が低く単調なゲーム展開になりがち、どう考えても大量に売れるゲームではありません。
従って生産本数は限られているはず、ある意味レアと言えなくもないかも。
Posted by 管理人 at 2010年11月09日 18:10
腕のお肉が痛い痛い痛い痛い痛い
指揮者はアスリートやね
Posted by すぽぽん at 2015年12月07日 08:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168510471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。