ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











光神話 パルテナの鏡(FC DISK)


◆1986年度作品 ◆発売元 任天堂
◆ハード ファミコン ◆ソフト ディスク
◆ジャンル アクション

 最後の望みを託されたパルテナ軍親衛隊の隊長ピットが
メデューサ討伐に立ち上がるアクションゲーム。

parthena01.gif

行く手に立ちふさがる、冥府界、地上界、天空界、天空の神殿の4つのステージが
プレイヤーを恐怖のどん底に叩き込む高難度アクションゲーム。
1つのステージは4つのエリアに別れ
ステージ最後はボスが待ち受ける砦での戦いになっております。

ライフ制だけど、穴落ちで一発死。
死んだら最初から(チェックポイントから)やりなおし。
敵からの攻撃に対処するだけでなく
いかに狭い足場から落ちないようにジャンプできるかで明暗が分かれるため
大変シビアな操作が要求されるマゾ必携のアクションゲームであります。
・・・・・チョッと言いすぎかな?

ちなみに、3DS期待のゲームソフト
新、光神話 パルテナの鏡のご先祖様になります。
24年も前のゲームの続編が、このような形で蘇るとは思いもしませんでした〜。

ってなわけで、初代パルテナの鏡を久しぶりにプレイしてみました。

 主人公ピットの武器は弓で、左右と上に矢を放ち
敵を倒すと出るハートはお金にもなります。
道中にある扉に入ると部屋になっていて
敵がいたり、店だったり、アイテム倉庫や
神様の部屋、修行の部屋、温泉の部屋など
部屋により得られる恩恵に違いがあるんですよ。

つまり、一般的なゲームの定番の仕様ではありますが
敵を倒しハートを集めアイテムをゲットして
パワーアップしていくのが基本になっております。

 ステージ(左)と、部屋(右)。

parthena02.gif

まだステージ1なのに、穴落ちで死にまくり。
敵の攻撃に、ついつい焦ってしまいましたなぁ。
ヤバイ、これでは砦まで身が持ちませんぞ。

そうこうしているうちに
徐々にモチベーションが下がっていくのがよ〜く分かります。

さらに、追い討ちをかけるようにピット君の名セリフ

parthena03.gif

「 ヤラレチャッタ 」が画面中央に何度となく映し出されるのでありました。
いい歳こいたオッサンができるゲームじゃないってことですか?!
さすがにチョッと落ち込んでしまいました。

 まぁ、ほとんどパワーアップしていない序盤はライフも少ないやらで
その分、死に易いわけですからキツいのは当然。
しかも、ファミコンのゲームって当時は
難しいゲームがゴロゴロしていた時代なので
その点を考えればパルテナの鏡だけが特別難しすぎるとは言い切れないでしょう。

とは言え、最初の山を越えられない限りその先もなく
実際、その山の高さが重要なカギを握っているのは疑う余地もなし。

う〜ん、けっこう高い山だなぁ〜。

 それでも、道中と砦では画面構成を変えるなど
変化を付けたゲームシステムを採用。
とにかくインパクトはあるので記憶に残るゲームなのでした。

それと当時のパルテナの鏡のテレビCMもインパクト大。



うっすらと覚えていただけでしたが改めて見てみると、なかなか面白いです。




この記事へのコメント
パルテナのCMはネット普及後に始めて見ましたが、やはりインパクト大ですね。

パルテナはとんとプレイしてませんが、久しぶりにやりたくなってきました。
Posted by 二条ジョウ at 2010年10月11日 00:47
メデューサからすぐに連想されるオチだけど見せ方が面白いと思います。

それとですね、時間の制約があるとはいえ久しぶりやってみたら1−3で挫折してしまったので、できれば二条さんに仇討ちをお願いします〜。
Posted by 管理人 at 2010年10月11日 17:58
個人的にパルテナはFCディスクゲームの中でかなりお気に入りの品です。

個人的にはゼルダ、メトロイドと並ぶと思っていたんですが、自分の周囲に理解してくれる人はいませんでした(泣)

なんでなんでしょ?
Posted by そうてん at 2010年10月22日 22:00
ゼルダとメトロイドはハマったゲームでしたが、パルテナの鏡は?です。
管理人の場合、穴落ちの一発死の連続で辟易しているところに、トドメの一撃「ヤラレチャッタ」も連続で見せられたのが原因ではないかと思います〜。
これはこれで良い味出してるんですけどね。
Posted by 管理人 at 2010年10月23日 19:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。