ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











ビシバシスペシャル(PS)


◆1998年度作品 ◆発売元 コナミ
◆ハード プレイステーション ◆ジャンル バラエティ

 全46種類のミニゲームに挑戦!
ゲーム好きが集まった時に威力を発揮するバラエティゲーム。

bishibashi-special01.gif

アーケードで何作もリリースされている ○○○○チャンプシリーズより
ビシバシチャンプ、スーパービシバシチャンプ、ハンドルチャンプの3作を
一つにまとめたミニゲーム集。

マルチタップを併用すれば、3人同時プレイまで可能。
リーグ戦、トーナメント戦なら最大8人までゲームに参加できます。
まさに、パーティプレイに最適な一本と言えるでしょう。

bishibashi-special02.gif

 ゲームを起動させると最初にお目にかかるのがモード選択画面。
多人数で遊べる「 みんなでビシバシ!」と
孤独に黙々とプレイする「 一人でビシバシ!」
ちなみに、コントローラを一個だけ接続して「 みんなでビシバシ!」を選ぶと
↑ のように、痛恨のミス・・・と警告がでたりします。

 ☆ みんなでビシバシ!
参加人数を決定後、対戦方式をリーグ戦かトーナメント戦のどちらかに選択。
続いて対戦数とミニゲームのセレクト方式を選んだらゲーム開始。

 ☆ 一人でビシバシ!
全てのミニゲームを連続でプレイする「 耐久ビシバシ!」
11種類のタイムトライアル系のミニゲームをプレイする「 タイムトライアル 」
自由に遊びたいミニゲームをプレイできる「 選んでビシバシ!」
上記の3つの中からお好みのモードをチョイス。

早い話が、ミニゲームをプレイするだけのゲーム
と言うことで、次はミニゲームをいくつか紹介しましょうか。

 ビシバシスペシャルのミニゲームが始まると
無駄にハイテンションなタイトルコールの後
ゲームの遊び方の説明があります。
操作自体はシンプルですが、一部にクセのある操作感のミニゲームもあり
最初はそっちの方で戸惑うかもしれません。

が、しかし、所詮はミニゲームなので恐れる足らず
指定されたノルマをクリアすることに全力を尽くそう。


 ○ 噴射!ゴキブリシューレース

bishibashi-special03.gif

方向ボタンで殺虫剤を動かしてゴキブリを退治するミニゲーム。
本作ではテクニック系に分類されるタイプなので
高得点を得るためには、どうしても慣れ(修練)が必要。

 ○ ウサギさんがイナバでサメジャンプだ!

bishibashi-special04.gif

サメの色と同じボタンを押してサメの上を渡っていくミニゲーム。
赤=○、青=×、緑=△
タイミングとスピードが命、ノルマを達成するべく素早く正確に押そう。
ちなみに、画像を見れば判るように
一人でビシバシ!モードをプレイ中に
他のプレイヤーが途中参加できるゲームもありますぞ。

 ○ 危険!坂道障害物よけレース

bishibashi-special05.gif

坂の上から転がってくる障害物を避けるテクニック系ミニゲーム。
オッサンが横っ飛びする後姿に哀愁が漂う、管理人お気に入りの一本。

 ○ 絶叫!崖っぷちハラハラレース

bishibashi-special06.gif

狭い道から落ちないように車を運転するテクニック系ミニゲーム。
△ボタンで前進、方向ボタンかLRボタンで旋回。
崖から落ちると大幅にタイムロス、時間内に走破できるかな。
この手のゲームは操作にクセがあるので厄介ですよ。

 ○ 躍動!リズムにノリノリレース

bishibashi-special07.gif

猿のお手本と同じリズムでボタンを押すタイミング重視のミニゲーム。
まず手本となるリズムを一時的に覚える必要があるので
多少なりと記憶力も必要であります。
後は持ち前のリズム感でなんとかなります。

 さて、いくつか紹介しましたが、ここに挙げたモノも含めて
テクニック、スピード、タイミング、連打、記憶力、頭脳といった
系統のミニゲームが揃っており、当分の暇つぶしには利用できるでしょう。

bishibashi-special08.gif

かなりバカげたミニゲームが多く、ついニヤリとしてしまいますが
今になって見ると、どうしても全体的にショボイ感じが・・・・・。
でも、レトロなゲームだと思えば、何となく許せる範囲ではないかな。

それよりも肝心なのは本作が本領を発揮するのは多人数でのプレイってこと。
一人でやってもイマイチ盛り上がらないのであります。
一緒に対戦してくれる相手が見つからない場合は面白さ半減。

児童、生徒諸君でもあるまいに
社会人にはチョッと厳しい条件になってしまいます〜。

本来の面白さを体験したかったら
けっして一人では遊ばないでください。
・・・・・って事になりそう。




この記事へのコメント
46種類のミニゲームって結構ボリュームがある気がしますが、やはりそれが発揮するのは多人数プレイでしょうね。
今でも、ゲーセンでこのシリーズを見かけますが、一人だとやらないですもん。
オンライン対戦もあったみたいですが、オンラインの多人数プレイとはまた違うような気がしますし。
Posted by 二条ジョウ at 2010年06月02日 23:32
ゲームセンターの大型筐体だと叩きがいのある(笑)ボタンが付いていて楽しさ倍増なんですが、それでもやはり一人でプレイする代物じゃないですよね、、、、

ゲームセンターでコレを一人プレイ、、、、想像しただけで軽い腹痛が、、、
Posted by そうてん at 2010年06月03日 14:07
二条ジョウさん、やはりこの類のゲームは競い合ってこそ面白さが増すというものです。
オンラインだと実際に数人集まった時の臨場感や高揚感は味わえないと思いますが、無いよりはマシかな〜・・・ぐらいじゃないでしょうか。

そうてんさん、近頃は対戦相手に恵まれておりませんので、シブシブと一人でやるしかないのが現状なんですよ。
そんな管理人でも流石にゲーセンでは手を出しませんです、ハイ。
Posted by 管理人 at 2010年06月03日 18:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151509527
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。