ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











電脳戦機バーチャロン(SS)


◆1996年度作品 ◆発売元 セガ
◆ハード セガサターン ◆ジャンル 対戦アクション

 バーチャロイドと呼ばれる人型兵器を使って
一対一の対戦をするアクションゲーム。

virtual-on01.gif

アーケードで好評を博したバーチャロンの移植作で
専用コントローラーのツインスティックも同時発売。
アーケードで3作シリーズ化されていて
本作は記念すべき第1作目にあたります。

一世を風靡した対戦格闘ゲームと同じく
対戦相手のエネルギーゲージ(人で言うところの体力)を 0 にすれば勝ち。
3本勝負なので2本先取すると次のステージへ進めます。

大きく違うのは、対戦格闘ゲームがサイドビューなのに対し
自機を後方から見た視点(三人称視点)になっているのと
所々に障害物が配置されている3Dのステージになっていること。
そして、人型兵器(ロボット)を操るってのもポイントが高いかな。

ちなみに、ロボット物なら
2D対戦格闘ゲームでカプコンのサイバーボッツがあったけど
バーチャロンとはまったくの別物であります。

 8機のバーチャロイドの中から1機選んだらゲームスタート。

virtual-on02.gif

 バーチャロイドの操作は
8方向への移動、ダッシュ、左右へ旋回、ジャンプ。
攻撃は右手、左手、両手の3タイプ。
さらに遠距離攻撃と近接攻撃があり、近接攻撃はガード可能。

対戦相手を正面に捕らえると自動的にロックオン
近接攻撃可能な距離に入るとダブルロックオンとなります。
ロックオンしたら、とりあえず武器を撃つ、当たるも八卦当たらぬも八卦。

virtual-on03.gif

3Dのステージにある障害物を盾にしたり走り回ったり
考え付く全てのアクションを総動員してバーチャロイドを動かすのであります。

しかし、闇雲の動かしてるだけではこちらがボロボロにされるだけ。
勝つためにはひたすら修練あるのみ・・・なのですが
2Dに慣れ親しんだ身にとって3Dの立体空間での戦闘は勝手が違いすぎる〜。

virtual-on04.gif

普通に地上をウロウロしていると、対戦相手を見失うことが多い。
 ↓
見つけようと旋回するが動きがかったるい。
 ↓
かったるいのはイヤなのでジャンプさせて相手を即発見! これはイイ。
 ↓
でも下手をすると攻撃を喰らう。

こんな感じの流れで、何らかのアクションを行った後に生じる
「 隙 」が大きければ大きいほど危険性が高くなってしまいます。
従いまして、そんな時こそキャンセルをかけて
少しでもリスクを軽減するのが得策です。

ジャンプ、ダッシュはキャンセルをかけられるので適宜に・・・。

まぁ、こちらが相手の隙を狙えれば一番よいのですが
反射神経の鈍い管理人には、ちょっとキツイかな〜。

 当時、バーチャロンが面白いと聞いたので
ミーハー的にサターン版に食いついたんですよ。
しかも、ご丁寧にツインスティックまで揃えて。
アーケード版は未プレイなので操作感等の違いは分かりませんが
グラフィックは・・・・・いや、何も言うまい。

3Dの立体空間でのバトルは最初は戸惑ったけど
やってみるとけっこう面白かったなぁ。
でも、見た目のグラフィックがショボ・・・・・。

サターンで3Dのゲームが見劣りするパターンが多いのは宿命。
代わりに2D最強マシンだったからまだいいんですけどね。
ゲームはゲーム性で勝負してナンボですし。
見た目は・・・ともかく(くどいなぁ)
操作感覚が分かってくるにつれて面白さがググッとでてくる。
このゲームに限った話じゃないけど、慣れるのは重要なのでありますなぁ。

つまり、慣れるまではやれってことですね。




この記事へのコメント
当時、バーチャロンを買わずに、プレステのバーチャロンモドキで遊んでましたw
ゲーセンではよく遊んでいたんですけどね。

こうして見ると、確かにショボイですね。
私の記憶では凄いグラフィックが良かったと印象付けられていたんですが、これも思い出補正が入っちゃってるのかな〜、記憶は当てになりませんねw
Posted by 二条ジョウ at 2010年03月28日 14:25
ここまでレビューを読んでセガガガがないのが不思議(笑

これからもこっそり応援しますよ〜
Posted by つるぺた at 2010年03月28日 18:55
二条ジョウさん 思い出は心の奥底に美しく残しておくに限りますよ。
うかつに掘り返すと「なんじゃこりゃぁー」って落胆するかも。
しかし、バーチャロンはグラフィックに関しては当時からなんじゃこりゃだったので、今回引っ張り出したときも昔の姿そのままでした。

つるぺたさん セガガガですか、残念ながら手元にないんですよね。
機会があったら入手するかもしれないのでそのときはヨロシクお願いします。
Posted by 管理人 at 2010年03月28日 19:53
自分はアーケード版を吐くほどプレイしたクチです。

このゲームについては“吐くほど”で済みましたが、次作となるオラタンでは知人数人と筐体が買えるのではないかというほどプレイしてしまいました、、、、

あの頃は若かったです(笑)
Posted by そうてん at 2010年03月31日 12:11
FPSをプレイすると3D酔いで吐きそうになる管理人です。
それでも止めないんのは、ある種の病気だから?

それにしても、筐体買えるぐらい情熱(お金も)をつぎ込むとはオラタン恐るべし。
若さゆえの過ち・・・にも似た経験は誰にでもあるものです〜。
Posted by 管理人 at 2010年03月31日 19:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144841782
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。