ゲーム機別 記事 リンク
ファミコン、セガ マークIII    PCエンジン、メガドライブ
スーパーファミコン、ネオジオ    プレイステーション、セガ サターン
ドリームキャスト、ゲームキューブ    プレイステーション2、Wii、その他
ゲーム機、周辺機器、分解の記事はこちら











プロテニス ワールドコート(PCE)


◆1988年度作品 ◆発売元 ナムコ
◆ハード PCエンジン ◆ソフト HuCARD
◆ジャンル スポーツ

 能力の異なる総勢18人の選手の中から
自由に選んで遊べるテニスゲーム。
おそらく、異彩を放つオマケモードの方が有名?

pro-tennis01.gif

 ファミコンで発売されていたファミリーテニスを
パワーアップ&タイトルを変更して登場したのがPCエンジン版。
ルールは一般のテニスと同じで
先に4ポイント取れば1ゲーム獲得、6ゲーム先取で1セット獲得。
3セットマッチなら2セット取れば勝ちとなります。

シングルスとダブルスがあり
マルチタップと人数分のコントローラーさえあれば
人間同士の4人同時プレイも可能。
操作は Iボタンで速いボールを
IIボタンでゆるいボールを打ち返します。

 出場選手18人中、男性選手が12人で女性選手は6人。
選手の能力はそれぞれ異なり
・サービスIボタン(最高速度)
・サービスIIボタン(最高速度)
・フットワーク前後 A〜Dランク
・フットワーク左右 A〜Dランク
・ボレー A〜Dランク
これら5つのパラメータで決定されております。
なお、女性選手の能力は低めの設定です。

 コートは3つの種類があり
ボールのバウンド具合が異なってるんですよ。
左から、ハード、ローン(芝)、クレー(土)。

pro-tennis03.gif

この画像を見た限りではコート全体がテレビの画面内に収まってないけど
ボールの飛んだ方向にスクロールするようになってるので
ボールさえ飛んで行けば観客席とかも一応見られるようになっております。

 ゲームモードは先ほど書いたシングルスとダブルス
それともう一つクエストの3つがあります。
軽くパロディしちゃってるクエストモード
もしかしたら、こちらの方が断然面白い・・・?

pro-tennis02.gif

画像右端のクエストモードを選ぶと
なんと、史上初のテニスRPGを遊ぶことができるのでありますなぁ。
プレイヤーの名前と性別を入力したら冒険の旅に出発です。
ただ、続きをプレイするには
パスワードをメモしなければならないのがアレですけど。

 ストーリー
テニス好きの民が平和に暮らしているオハナハン王国。
ある日、テニス魔王が現れ王家に伝わる宝物を奪い
会員制テニスコートを作りテニス界を支配していったのである。

ということで、打倒テニス魔王!!

王様から旅立ちの餞別代りの武具を受け取り、いざ出陣。

pro-tennis04.gif

いかにもファミコンRPG風のマップを旅する選手(勇者)。
すると、さっそく魔王の手下がテニスの試合を申し込んできた。

pro-tennis05.gif

 コマンドは、たたかう、ことわる(逃げる)の2つ。
試合は1ゲームのみ、勝てばお金をゲット。
負けると強制的にお城に戻され
王様から小言を言われてしまう。(お金をほんの少しもらえる)

お金をためて運動具屋で、ラケット、シャツ、シューズの3つの装備を
良い物に買い替えて戦闘力のアップをはかる選手。
そして、どこかで待ち構えている魔王を倒すその日まで
彼(彼女)の戦いは続くのであった。


 前代未聞のテニスRPGモードを引っさげて登場した
PCエンジン初期のスポーツゲーム、プロテニス ワールドコート。
見た目に可愛らしい3頭身の選手たちとは裏腹に
ゲーム展開はスピーディーでシビアな操作性。
慣れないうちは まともにボールを打ち返せなかったりしますが
そこはそれ、一に練習、二に練習。
各選手に能力差が付けられているので
人間同士の対戦で実力差がある場合にハンデとして
強い人は弱い選手を選ぶって使い方もあります。
ただ、打つボールの速い選手はボールのコントロールが難しいですけどね。

 これこそレトロって感じのグラフィックは
今見るとショボイと思われるのは必至だけど
プレイしてみればゲームの出来は、まずまず良好。
特に人間同士の対戦プレイは熱くなれるので
当時は接待用としても重宝していたゲームでした。
端々に開発陣のノリと勢いが滲み出ている?クエストモードは
作りは粗いけど、その分長く楽しめるのもセールスポイント。

コートを駆けずり回りボールを追うのは
ちょっと集中力が途切れるとミスしてしまう管理人ですが
このゲーム、見かけによらず楽しめた一品なのでありました。




この記事へのコメント
普通のテニスゲームかと思いきや、RPGが入っているとは思いもよりませんでした。
一見の価値ありってやつですね。
Posted by 二条ジョウ at 2010年02月08日 22:03
一見の価値があるクエストモードは一応RPGだけど戦闘は普通のテニスゲーム。
なのでプレイヤー自身がレベルアップしないといつまで経っても試合に勝てないんですよ〜。
Posted by 管理人 at 2010年02月09日 18:34
あの頃のゲームには結構この手のRPGモードが無理矢理入ってた気がします。

麻雀RPGとかもあったような、、、アレは違いますかね(笑)
Posted by そうてん at 2010年02月13日 10:15
思えばRPGが流行のジャンルだった時代もあったんですよね。
その影響が大きいんでしょうけど・・・はて? 麻雀のもありましたっけ???
Posted by 管理人 at 2010年02月13日 19:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/140423979
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。